旬報No.13

にわかに春めいてきた今週。天候の様子を見てやるべき作業をこなしつつ、3月1日の音吹食堂(【音吹く処】と銘打ったチーム音吹の出張企画です、良かったら来てね)についてできることを。そんなわけで毎日ドタバタです!

いやー、今思うと、独身の頃は腐敗するほどに時間がありました!それが結婚して夫婦2人になると、独身の頃の自由な時間はどこへやらです。そこに加えて現在我が家にはバカボン1号2号が「ワーギャーワーギャー」わめきちらしております。みなさん通る道なのですな、ここまで育ててくれた両親にはあらためて感謝感謝です。

育児は、面倒くさいなー早く自立してくれよー仕事させてくれよーうっさいわーと思うこともあるのですが、それと同時に愛らしいバカボンたちを見てると、今このご時世に農業という仕事に携わっている意義を、改めて考えることが多くのなるのです。誰のため何のために仕事してるのかな…あぁそうだこいつらやこいつらの様な次世代の人たちに食べてもらえたら何よりだよな…ってさー。

いつだったか、お友達の料理人さん(オーナーさん)が、「実際に料理に時間をかけることができる割合は総労働時間のうち6割もないです、4割は庶務。」的な話をされていらっしゃいました。ここ1年はまさに同じような感覚で仕事をしております。

ぼくたち家族だけが暮らしていくのなら、もっと規模を縮小して、やれることを無理なくやっていく、かんじでいけばじゅうぶん食っていけるだけのノウハウは得たように思います。でも、こうありたい!と思う農の形があって、それはたくさんの人たちに野菜をお届けしたいということなのですが、それを為すためにはぼくたち家族だけでは無理があるから今チームとして動こうとしておるという。

チームとして動くなら、個人での家族での動き方とはまた違う形を模索していかないといけません。今年1年はそんなわけで抱える悩みの質が今までとはまるで違ったものになっており、うむうむ、家族が増えて思う悩み、それすなわち背負うべき責任が増えるがゆえの悩みってのは、けっこうなもんだわなー、と思い知るものなのですな。

いや、楽しいです。大変だけどさ、今のチーム音吹面々にはホントたくさん支えられておりますよ。成長させてくれてありがとう。何言ってるかわかんなくなってきました、雨降りの朝。隣で父ちゃんのウクレレをいじくってるバカボン2号を尻目に今から事務仕事!

あ、旬報13号、できましたー!!

 

no13

3月1日(日)音吹く処。

そろそろ花粉症が目と鼻の先に見えてきたというかやってくるというか、ふーむ、気が滅入りそうです。雨と雪の多すぎる2月。何とかならないものか、やきもきしていますが、したところで天候だけはどうしようもないですもんね。

そんなこの2月下旬にお知らせを。こんなイベントをやります!

otofukutokoro少し画面が小さいですね。

————————————————

《ありのままの音吹く処》

京都・大原の農園、音吹畑や農業のこともっと知ってもらおうという企画です。農家なのに畑放置して堀川五条の街中にあるArtspace寄す処に出張~!

【Art space寄す処】厳選のお酒や【三茶のおやつやさん】のおやつと、農園の野菜を使ったかんたんワンプレートを食べながら農についていろいろお話を。街中では触れる機会の少ない農園の土や小道具に触れて、農を身近に感じてみましょう!またご希望の方は、音吹の土をつかって、キッチンで重宝するハーブを自分で植えてみたりも。

■日時→2015.03.01(日)11:00~16:00
11:00 開場、ランチ随時
12:00 農トークや土いじり随時
13:00 キッチンハーブの植付体験(10組程度)

■場所→ Art space 寄す処
■参加費として→ワンプレートランチ汁付1500円小学生500円(幼児以下無料)、Bar寄す処でワンドリンクオーダーお願いします。
※三茶のおやつやさんのおやつは別途料金必要ですが、おやつのみ購入の方はその旨入口にてお申し出ください!)
※食材なくなり次第ランチは終了します!
※ハーブの植付はいちおう要予約で!音吹宛にご連絡ください(^^)土やハーブが余っていればその場での参加もOK!

→ otofukubatake@gmail.com

□Art Space 寄す処

京都・堀川五条のアーティスト・イン・レジデンス、レンタルギャラリー&スペース、そしてカフェ&酒バー。「」とは、縁の語源となった言葉で、「身や心を寄せて頼りとするところ」「頼みとする人」「身寄り」「手がかり」「寄る辺」を意味しています。京都の伝統建築である京町家は、1棟1棟が寄り添い支え合うように建っており、そこでの先人たちの暮らしも、町家のように寄り添い支え合ってきたに違いありません。当施設は、町屋のように互いに支えあい、アーティスト・研究者を含む全ての表現者の「寄す処」となり、一人でも多くの方々に笑顔をもたらすことを目指しています。(webサイトより転載)

□三茶のおやつやさん

できるならばどなたかに食べてもらえたらうれしいおやつを、作りたいときに楽しんで作れる分だけ作っています。2014年秋から「卵・乳製品・白砂糖不使用」になりました。(webサイトより転載)ありのままってええんやねぇフェスと銘打つイベントを、仕事のかたわら不定期開催!

————————————————

もともとは、いつか、音吹の野菜をつかった食堂を不定期でもなんでもいいからやりたいと皆で話しておりまして、今回はその夢の第一歩といったイベントです。農業って、やり方やアプローチの仕方は人それぞれ。音吹畑は専業農家です。ところが、専業農家であるがゆえに、日々の農作業はけっこうハードです。晴耕雨読、自給自足、ゆるりと生きる、イメージとはまた違います。そんな生業であるので、ぼくたち男スタッフでやってる同じことを妻たち女性陣でやるには、まぁしんどい部分があります。大根満載のコンテナを畑の隅から隅まで運び続ける作業を連日こなすのって大変だもんね。なので、女性でも農に関わって生活を成り立たせることができる仕組みづくりについては常に意識していて、そのうちの答えのひとつとして野菜をつかった食堂・加工なのかなと。

今回のイベント、ほんとに急遽決まったお話なので、どこまで準備できるか、今現在ああでもないこうでもない、と妻と二人いろいろとつめてきているところ。妻にはかなり無理をさせております。まだこどもが小さくて手がかかりっきりの状況で、メニューを考え、当日の動きを考え。ここのところ晩御飯はそのメニューの試作を繰り返したり、またそれだけじゃなくって春夏ハーブの作付けについて動き始めたりも同時にしていますので、そうとう大変なことになっています。同じくぼくも、畑仕事の合間に、または真夜中に起きて、春夏の準備に頭悩ませながら、畑の段取り・イベントの段取りと、あーしまったか…なぜこのタイミングでこのイベント組み込んじゃったのか…とヒーヒー言って、やってます。夫婦二人ヒ―ヒー。そして付き合わされるスタッフさんたちもヒ―ヒー!

でも楽しんでいますよー!

町中でこうしたことやり続けることで、畑や農業をもっと身近に感じてもらえれば嬉しいですし、そうして玄関開けてくれた方が、じゃあ次は大原行ってみるか!って動いてくれればよりありがたいですものね。

そんなわけで、3月1日、まったくもってどうなるのか予測がつきませんが、がんばりますのでぜひぜひ遊びに来てくださいね!会場の寄す処さんもホントに素敵な活動をされております、三茶さんはぼくの愚痴友達で、心からみなさんに紹介したい人たちなのです(^^)

お待ちしてます!

畑仕事らしい畑仕事を久しぶりにしました

ここのところ…

2015021601

いったいどこに野菜があるんだーい、と予測して掘り上げるところからスタートするという、気が萎えるような冬の厳しさにあてられておりました。

(先日ブータンの大学教授の方がいらしてくださいましたが、吹雪で何も見えない畑をバックに記念撮影するという、なんというか…申し訳なかったぞ(*_*)

忙しい曜日でなければ、もっとゆっくりお話をうかがいたいものでした。まさに今のブータンの農業事情のことなど少しお聞きしましたが、うーむ、なんともかんとも。国それぞれ、抱える問題はやっぱりいろいろあるのですね。国民幸福度がとにかく高くて、王族の方が美男美女で、親日の農的暮らし素敵国家、くらいのイメージでしたが。

それはそれとして…

 

2015021602雪に埋もれた野菜たち。これくらいならまだマシなほうです!

キレイなんですけどね雪景色は。

…もりもりの雪国の厳しさはこんなもんじゃなかろうと思うと、いやもうホントに住まわれてる方々のこと、それだけで敬服します!怖々です、雪道の運転。これはもう慣れることはないな、常に怖々しながら安全運転を心がけます。

そんな横殴りの乱れ雪に嫌気すらさしつつありましたが、今日は…

2015021605ドーン!晴天久しぶり!

日中は太陽の恵みを全身に受けることができて、心身ともにスカーッとしました。

実エンドウの支柱立て。

この実エンドウ。昨年オクラを育てた後、トラクターでの全面耕起をせず上っ面だけを農具で少し削っただけの、半不耕起、無施肥の畑。

畝の上にチップされたようになっているのはハンマーモアでチリチリにしたオクラの残さであります。繊維がすごーい、さすが紙の素材になるだけのことはある。

実エンドウの後、不耕起のまま秋キュウリを植えつけて、その後そのまま芽キャベツまで持っていけたら面白いなぁと思っているところです。

さぁどうなるかな?!

栽培期間中の無施肥・不耕起の、微生物がウジャウジャいるであろう畑で育った実エンドウ、お楽しみにね(^^)v

いやー、この天気!

続いてくれたら最高なのですけど…やっぱりまた雨だか雪だか降るんやねぇ、がっくし。

天から学ぶ。

今年の2月は天候が不安定ですね。昨年の同時期のことを作業日誌―研修生時代から書いています備忘録・作業日誌。多忙な時期に記録できなかったりすることもありつつ、なんだかんだで大学ノートで28冊目!飽き性ですが、継続することの大切さを思い知らされます、役に立ちます―で調べてみますと、トラクターで耕したりしてるのですね。うーむ、今年はとても無理だなぁ。

3月初旬には4月中下旬に収穫するためのアブラナ科軟弱葉物類の種まきを始めます。また音吹では9割以上の野菜を育苗しますが、ナス科のナスやトウガラシ類の種まきも、同じ頃に開始します。ナス科、本当はもっと早くに種まきしたいけど、大原は5月初旬まで霜の恐れがあるので、あまり急いで種まきしても仕方がないので3月あたまにようやく始めます。

するとね、3月に種まきするというポイントから逆算して、2月のこのころにはこれをしたいあれをしたーい!って段取りがもう頭の中では組み立てられてはいるのですけど…。ひとつもこなせていない状況です、あちゃー。

あぁ、そうか、今年はまだ寒過ぎて土の香りがしてこないから、種まきに向けて身体はムズムズとうずいてくることがないんだよ、焦りがないんだ。来週以降作業の遅れにいよいよ焦り始めることでしょう。…面白いですよね、肌感覚でそろそろ、あれしようこれしよう!って思えてくるのって。野菜を換金する専業農家だから曜日は気にしますけど、もしも自給農だったら人間が定めた“時間”って必要ないね。全部身体が反応してくれると思う。

横道それ続けるけど、ぼくは別に野菜オンリーでないとダメな食生活というわけではないのです、むしろ小さい頃の○の素食文化のおかげで悪食です残念ながら。食材が腐ってても気が付きません(*_*)だけど、野菜を食べる割合が少なくなってくると、身体が欲します。あー足りてないって。

身体が自然と反応する、そういう感覚ってないがしろにする、無視する。それでも生きていけるのかもしれないけど、ないがしろにしないことで味わえること・見えること・嗅げること・聴こえること・感じられることって…豊かなことですよねぇ。

2015021

 

芽キャベツ。

今年はわりとたくさん植えつけたつもりだったのですが、もう収穫がほぼほぼおしまいです。

アブラナ科の葉序は2/5葉序、144度ごとに葉がつきます。隣り合う葉は72度となります。

芽キャベツを茎から取り外すのに、この葉序に沿って螺旋状に株をねじりながら取り外していくと、作業としてはやり易くなります。

理にかなってます、そのやり方を考案したのは芽キャベツの取り外しに躍起になってるスタッフ様達なのですけどww

それにしても植物ってすごいですよねぇ。ランダムに育ってるんじゃない、ある程度定まった生育の決まりがあるんですよね。

ただ栽培して野菜を売る。それだけにとどまらない魅力が、農にはあります!先述の、“気づき”の奥深さと似通ってません??

…うまくまとまったな(^_^;)

リンゴ箱。

今日は久しぶりに肌を突き刺すような寒さで野菜も凍ってました。

先日、奈良県中央卸売市場に廃棄されるリンゴ箱をもらってきました。リンゴ箱、昔ながらの木箱を使っての流通量は減ってるようです。現在の主流はプラスチックや段ボール。にしても冬の市場には結構な量の木箱が保管されております。棄てるのもったいない、リサイクルしたい人いませんか?と声掛けされているのを友人づてに知ったのが去年。冬場に少し時間があれば奈良に走って、すでに150個近くゲットしています(^^)

【奈良中央卸売市場】

ふむ、大工さんが片手間につくるには物量多すぎやろー?と個人的に気になりまくってたので調べてみました。【青森資材】 さん。こちらで作っておられるようですね。その青森資材さんを取材されてたブログものぞいちゃった。すみません勝手にリンクをさせていただきました。とても素敵です、かっこいい! → 【web】

そのリンゴ箱、こんな使い方もできます。オシャレ!便利!→【木のはこ屋】

2015020901

 

我が家では、下駄箱にしたり、農作業用のこまごましたものを収納したり、おもちゃ箱に使ったり、そして野菜の保存箱にしたりと大活躍しております。

マルシェなどで野菜を入れて陳列するには、そのままだと割と深い。30cmほどの深さがあります。(ちなみに30cm×60cmほどの縦横、リンゴが50-100個入る。そのリンゴは20kgほどの重量になるらしい)

今日はスタッフ植前先生に野菜の陳列に程良い深さになるようにカットしてもらいました。いずれ朝市などでもお目にかかれるでしょうか?

ほのかにリンゴの香り漂う素朴な木箱。青森のリンゴ農家さんを支える職人さん手作りの箱。

いいよねーなんかいいよね!物語が付随するとほんと愛着がわきますよ!

作付計画、うんうん唸る日々

農作業をほどほどに抑えて、事務仕事にパソコンとにらめっこしています、眠たい。

物憂げな春がもうすぐそこ。必要な農業資材の購入、作付計画の練り込みに伴う種の購入、練り込んだ作付けに従って必要肥料の割り出しと購入…購入購入購入ばっかり。愕然とする出費の連続に貯金がみるみるうちに底をめざしてまっしぐら!毎年のことながら、ここまできたら逆に腹も据わるわ…という季節です。

加えて花粉も舞い散りますものね。生活のベースが農村にうつって10年ほど、少しずつ花粉症の程度は軽くなってきたように思いますが…それでも体質改善にいたるまでは長い年月が必要なのですね。

そんな具合に、はーるがきーたー、ってお喜びなさる世間様を尻目に、来るな!もう頼むから来てくれるな!と全力遁走したい私ではありますが、作付の練り込みはやっぱり楽しい。

おおよその作付けイメージが出来上がってまいりました。今年はハーブをまた一からしっかりとたくさん作付けしていく予定です。楽しみ!皆さまからも栽培野菜のリクエストがあればぜひぜひメッセージくださいね。…採用するかどうかは、わかりませんけど!!

2015020501

写真は黄金カブ。今春、栽培品目に新しく追加の予定。スタッフ植前のリクエスト(^^)

なんでこれまで栽培品種に加えてこなかったのだろう…とむしろ不思議なくらいです。ひとまず春作に少し作付けしてみて、バシッとはまれば秋冬作としてもしっかりと種まきしてみますね。

それよりも画像、ピンクのマーカーに注目。

この品種の名前…!どストレートすぎるやろッ!

旬報No.12

積雪が多すぎて、野菜を収穫するのにかかる手間が何倍もかかります。出荷量も一日に準備できるキャパをオーバーする日々。そろそろ抜本的な対策を考えていかないといけません。

そんなここ最近。2015年2月上旬号。

no12

 

滋賀高島、みのり農園さんを訪問してきた!

常に少し先を見てスケジュールを考える農家。

もうしばらくするとぼくの脳内は育苗のことでいっぱいになります。今週は作付けを考えて種を選ぶ予定です。すでに第一弾の種は購入しました。あー、もう春やで!春くるでー!いつから種まく!?堆肥も入れて畑の準備はどうする?!くはーッ!よしハウスやービニールはろう!いよいよ土の香りがしてくるでー!

って、そんなのは…あくまで、脳内の話。

脳内はすでに3月あたりをさ迷っておりますが、現実はまだ2月はいったところ。やめてくださいもういりませんと土下座したくなる週末の積雪続き、せっかくの大原朝市も散々な結果に終わり、冷え冷えの心身と財布をひきずり、予約いただいたものの朝市に来られなかったお客様への配達にまわります。さて、それから後はお楽しみ!

農閑期の、農家さん訪問ー!

今回は滋賀県高島は泰山寺という地域の農家さん、【みのり農園】さまへ。

栽培規模は5反ほど、トウモロコシ・レタス・自然薯を栽培の柱に、時期ごとに旬の野菜を多品目栽培、料理屋さんへの卸をメインに、各地のマルシェなどにも積極的にご参加なさっていらっしゃるご夫婦の農園。

標高200メートルほどだそうですが、山際であるがゆえか冬季は雪に覆われていることが多い様子。今日もしっかり積もっておりました。土が京滋では珍しい黒ボク土。畑土。この土があるからこの土地を選んだと話されておりました。土地チョイスの基準に土!すごい!かっこよすぎる!そういう方にお会いしたのははじめてでした。あいにく雪深かったので雪どかしてまで土触る気分にはなりませんでした(すいません、すでに朝市でぼくの心は折れておりました)が、この地域はもともとは開拓地だそうで、現在も高島市の野菜の大半をこの地域で栽培しておられるのだそうです。ほほー。

line

 

先に紹介を。

みのり農園さんはまだ少しレストラン向けの野菜おまかせセットの発送に余力があるそうです。夏の暑い盛りに様々な種類のレタスができるそうで、これは料理屋さんにとってもかなり大きいんじゃないですかー??ご興味のあるレストランさん、ぜひー!→【みのり農園】さん(ちなみに5月頃まで出荷はおやすみされてます)

line

 

さて、話を戻します。

ご主人が元料理人さま、奥様が元○○bankの農業法人出ということ(は今日はじめて知ったのですけど)で、お話をうかがうだけでガンガンに刺激を受けました。どのような視点で農に取り組まれていらっしゃるのか。

例えば、土について、栽培品目について、肥料について、種の入手先について、販売のことについて、夫婦での農における役割のお話について他いろいろ。仰ることのいちいちが、わかるわーそれ、僕もそうですー!って納得できます。

お二人のお話は、農を業として見る視点に立脚されているとでもいうのでしょうか、それはぼくの感覚にとても近しくって腑に落ちるお話ばかりでした。そして何より真似したいのは、これはよし!これはダメ!って境界がはっきりしていること。目的がはっきりしているから、なのでしょう。ブレブレの音吹とは違うぜーかっけーな。

面白かったのは、先日訪れた南丹八木【林農園】さんでもそうでしたが、トラクターなど機械は奥様に、力仕事は旦那様に、というスタイルのお話。これは昔の農家と逆のスタイル。新規就農する農家さんって、そういう考えの人多いのかもね!ぼくも同じように考えておりました。どう考えても女性が機械のるほうが体力的に楽ちん。おっさんが悠々と機械のって、おばさんはゼーハーゼーハー鍬ふるってるって前時代的やもんねぇ。とは言え…音吹の場合は、トラクターに妻の足が届かない!!という盲点から断念しましたけどなww

新規就農した農家あるある、楽しいものです。

いやー、農家さんを訪問し、そのお話をうかがうと、その方々のポリシーやスタイルを通して、自分自信の立ち位置・やりたいこと・到達したい場所がどんどん明確になっていきます。それは今の音吹、というよりぼくにとって希求の作業です。

今回も得るものがたくさんありました。どう活かしていこうか、楽しみです。

line

 

得るもの…と言えば、音吹スタッフ植前、ボスの指示で、実は先週一週間、ぼくのお師匠さまの農園、九州は大分県の【佐藤農園】に短期研修に派遣されておりました。ボス=ぼく。

(音吹はいずれ研修生を募集する予定です。というか現在もはっきりと定めてはおりませんが、研修生募集中です、ご興味ある方はぜひ。そして【佐藤農園】でも募集中です。ぜひ!)

植前先生、いずれは農園主と同じレベルで農園のいろいろを統括していってもらう予定でおります。様々な面でレベルアップしてほしくて、より厳しい環境での短期研修に行ってもらいました。

どうなる?!どんな具合で帰京してくる?!いろんなものを得てきたはずです、超楽しみにしております。…農業、嫌いになってたらどうしよう?そんな不安も若干ありつつww

line

 

さて、今回の写真、みのり農園さんにはカメラを持っていくのを忘れてしまったので、全く関係はないけど、こちら。

2015020102あやめ雪かぶ。

2015020101赤かぶ。

これ違いがわかります?

赤かぶ、土の中に埋まり過ぎでしょ?赤かぶにとってはこの埋まり具合がスタンダード。逆にカブやあやめ雪かぶはそこまで埋まってしまいません。

同じカブとは言え、在来の色付きのカブはたいていが漬物用途。一般的な小カブは東京金町を在来とする種をもとに品種改良を重ねた結果。カブは野菜の中でも最も品種改良の進んだ“芸術品”という呼ばれ方をすることもあります。

そのあたりに違いを見いだせるのかな、面白いものです。

ではまたね!