新緑に呼応し畑は動く。

新緑が美しい季節です。

わたくし音吹じゅんは伏見区の醍醐出身、桜の名所醍醐寺徒歩1分のところに暮らし、小学校は醍醐寺の敷地内に、中学校は敷地内を横断しての登校です。花見の時期の通学路は桜並木。キレイなものでしたが、見飽きたというか何と言うか、現在あまり桜に興味がありません。でもね、新緑は見飽きることがなかった。桜が散った後の醍醐寺の新緑は、それはそれは見事なもので、毎日の通学もその時期はとにかく清々しいものでした。

2015043001
2015043002

畑仕事の最中に見上げるとこの緑。気持ちがいい季節です。

ご無沙汰してしまいました。忙しくも楽しい日々を過ごしておりました音吹です。

今日は明け方から畑の写真を撮って回りました。今は4時半頃から薄々と夜が明け始めます。里を牛耳る獣の時間はおしまい、獣から人へと世界の中心が移り変わるこの時間帯の不思議な感覚たら、ないですね。

怒涛のアップいきます!

…こういうの、flickrとかでアルバム作ったらもっと見やすいのかな。よりスピーディな情報をお伝えするのにもtwitterやろうかな、そんなことをヘラヘラ考えているうちに、実はそろそろ春野菜の本格収穫始まりそうです。

まだまとまった量がないこと、作付けでてんやわんやなことから配達などの本格的な出荷再開はもう少し先になりそうです。ごめんなさい!そろそろ春夏の出荷野菜情報をまとめないとね!

ではでは連休前の音吹の畑の様子をどうぞご覧ください!

2015043025

花山椒。

ここ数日音吹でもタケノコいただいたり山野草食べたりする時には山椒ちぎってパパッと。

美味しいですよねぇ。大好きです。のっけから野菜じゃないですね(笑)

山椒の時期は里の皆さまはこぞって山椒ちぎりをなされます。トゲトゲ痛いでしょうに。それでもやっぱり季節感溢れる暮らしはぜいたくなのでしょう。

2015043024

さて何でしょう?

これはキウイ!

キウイは驚くほど生育旺盛で、どんどん繁っていくようです。たった一株のキウイは一年放置するとびっくりするほどに。

水分を吸い上げる力もものすごく、枝を切るとポタポタと導管から水が滴り落ちてくるほどです。

日本の気候風土にはわりと適してるのかな?果樹は詳しくないので分かりません。

2015043028

ボリジの花。

昨年のこぼれ種から発芽して、この時期に花を咲かせます。この淡いブルー、たまらないですね。マドンナブルーと称されます。

ですけどこの蕾もまたたまらん姿だと思いませんか?若葉はキュウリのようだと言いますが、うーん、何とも。

和名はルリヂシャ、ムラサキ科のハーブです。

ちなみに肥えっけがなくなってきたり、咲いてから時間の経ったもの、そして株の元気がなくなってきたものはこの淡いブルーの淵が紫色になってきます。

それはそれでキレイですけどね。

2015043022

では花つながりで、こちらも。

なーんだ??

これは蕾ですよー。

…咲くと、

2015043021

こんなのになります。

答えは…

 

 

 

セージ!

やっぱり越冬した大型苗のものです。花咲く寸前のハーブの香りはほんとに格別です。

あ、これ見てもらいたいな。朝市に持っていこうかな。面白いかもね!

2015043040

これは簡単ですかね。

はい、スナップエンドウです。

実は、大原では時期的には走りのスナップ、さきほど食べました!!

うん!春の味でしたよ!

わずかしかないので朝市に少し持っていく程度でしょうか。もう一週間ほど待ってそれから収穫しましょう!

2015043042

ね、ほらまだ細いもんね。

少ししかないからどこかで手に入れられた方はラッキー?!楽しみにしていてね(^^)v

2015043032

こちらは実えんどうです。

昨年のオクラ後作後、不耕起のまま植えつけた実えんどう。イイ感じに育っているように見えますが…

2015043033

お?!

やっぱりありましたね!

今年もたくさん採れるかな、豆ごはん早く食べたいものです。

スナップエンドウと実エンドウ、大原での育てやすさで言うと俄然実エンドウですね。スナップは冬越しするには大原の寒さは厳しいのかな。あまりうまくいった試しがないし、うまくいく自信もないんですよねぇ(^_^;)

2015043029

そうなんです、春野菜が始まりそうな時期に、冬からずっと収穫し続けてきた野菜たちはそのバトンを渡す時期がきました。

こちらはワサビ菜。冬の寒い時期には葉を縮れさせていたワサビ菜、暖かくなるとのびのびと葉を広げ、姿をまるで異なものへと変貌させます。

2015043031

黒キャベツの花。アブラナ科非結球のキャベツ。

今年は葉よりもわき芽そして菜の花に助けられました。他のアブラナ科野菜に比べて気持ち淡めの黄色い十字架花です。

驚異的な側枝の成長、これはすごかった。野生に近いからなのかな?コクがあってほろ苦みのほとんどない菜の花も美味しかったです。

来年はもう少し植え時期を遅らせて、越冬後の菜の花採りを狙うのも面白いかもしれませんね。ふむふむ。

長い間ありがとうワサビ菜、黒キャベツ!

日曜日の朝市が最終になるでしょうか、最後の彼らの雄姿、ぜひ見にきてやってくださいね!

2015043039

一般的なグリーンリーフ。なんだかんだと食べやすいですね。

2015043041

こちらはロロロッサ。

音吹のフリルレタスと言えばこれ。ふわふわ柔らかいこのレタス。今年もたくさん作りますよ!

2015043037

2015043038

もうひとつのフリルレタスとしてはこちら。食感としてはパリパリとして玉レタスに近く、その葉際の形の魅力がたまらないレタス、商品名はハンサムグリーン・ハンサムレッド!

…この名前、説明するのがいつも恥ずかしいんですけどー!美味しいよ!

だけど生育が遅い!

雨続きの後の晴れ続き。まるで乾季と雨季。まんべんなく降って晴れてを繰り返してくれればいいんですけど、自然は人の都合のいいようには出来ていませんね。

2015043036

3月中旬播きのアブラナ科軟弱葉物類。第一弾の露地直播き分です。第二弾、第三弾と生育中です!

2015043035

はい、あやめ雪!これで直径2cmというところでしょうか。今度の朝市からお目見えさせますね。

こちらも雨がないから生育に遅れが。

 

2015043034

赤リアスからし菜。

ルッコラも同じ。生育が進んでいません。さぁどうしよー。

まぁ仕方がない。

天候をコントロールしようと、してるつもりでいると、むーん!ってなりますが、そんなことはできるわけもない。

自然の摂理に従って生きたいものです。難しいけどな!

 

さぁここからは怒涛の苗紹介…と思ったけど、それはそれでまた明日にでも投稿しましょう。

 

ではでは皆さまごきげんよう。

明日の音吹はひょっとして夏野菜の定植第一弾、ズッキちゃんに着手するかもしれません。

気持ちが逸るぜ!

 

ズッキ種蒔き、ミサさん現場復帰!

雨音も聞き飽きるを通り越して呆れるようになってきました。難儀な春です、まったくもう。

一日中ザーザー降りしきる中、ひたすら苗仕事に終始しました。

2015041306

育苗用の三寸ポリポット(直径9cm)に土を充填して蒔きましょう。

蒔いているのは…

2015041304

 

ズッキーニ!

緑、黄色、ストライプ、薄緑…。棒状ズッキは昨年と同じラインナップ。あとはお遊び、花ズッキに特化した種を。

ちゃんと種の向きをそろえて蒔きます。そうすることで発芽した後の本葉の向きもそろいます。生育するに従って大きくなる茎葉が絡まりにくくするためです。

実はポットに直接種を蒔くのは今年はじめて。例年はまずセルトレイに種蒔きした後、鉢上げ(小さなスペースから大きな育苗ポットなどに移植してやること)しますが、その手間を省きます。

種蒔き→鉢上げまでの期間がわずか10日ほどのズッキやカボチャ、確実な発芽さえ決めてしまえば時間が大きく浮き上がりますのでね!

だからこそミスはできないね。いろいろと対策を。

2015041303

 

これは防虫ネット。種蒔きした後のポットを覆います。

理由は…

ネズミ!!!

カボチャやズッキの種が大好物のネズミくん。毎年発芽する直前、もしくはした直後のカボチャ類の種をほじくりまわして食い漁ってくれます。

防虫ネットもこの時ばかりは防チューネットになっちゃうぜ、かかってこーい。

こうして準備万端に種蒔きされたカボチャ類たちはその後、約2~3週間の育苗期間を経て畑へと植えつけられます。

ズッキの種蒔きが始まると毎年のことですが、収穫が目前に迫ったかのような感覚に陥ります。

頭の中で計画していたフワッとした畑の図面が、リアルな重量感・質感・色どりを伴った映像に変化するというような感覚でしょうか。

楽しみと焦り、期待と不安。プレッシャーがかかる時期です。がんばらねばー!

2015041305

 

おや?!

こちらはミサさん!音吹の奥様、いよいよ現場復帰です(^^)

今日から次男坊も終日保育。妊娠・出産・育児をこなして、チーム音吹のバックアップに徹してくれたこの5年間。

やりたいこと、たくさんあったと思う。でも農園を稼働させるために、本来自分がやりたいはずの土いじりを他人に任せ、他人の世話をして、たくさんの我慢してきてくれました。

本当にありがとう!

やっぱり現場が好き。二人で始めた農業だからなー、今日はなんというか、ひそかに感慨深かったですよ旦那としては。久しぶりの畑仕事。今年はハーブを中心とした細やかな仕事がより丁寧にこなしていけることでしょう!楽しみです!

ミサさんはこの日、ハーブの種蒔きや鉢上げを。ベルガモット、エキナセア、ネトル、ジャーマンカモミール、そしてゼブラナスなどの鉢上げ。写真はその鉢上げ光景。

ちゃんと根付いてねー。

2015041301

 

苗立枯れが発病した後、蒔き直したナス類。ようやく本葉が見えてきましたね。こちらは一般的なナス。

かわいいですねー(^^)/

2015041302

 

これはトウガラシ。伏見甘長と万願寺とうがらし。

4月中下旬から5月初旬にかけて一気に大きく生育します。

この期間の植物の生育速度は目を見張るものがあります。

え?!もうこんなに大きくなったの?!っていつも驚かされる。露地に蒔いたアブラナ科の葉物類も、大丈夫か大丈夫かー?とヤキモキしながら見てると、毎年5月の連休にはしっかりと育って収穫時期を迎えてくれます。(今年は蒔き時が遅れたからちょっと心配していますが、たぶん大丈夫でしょう)

そうなのです。

種蒔きや苗の管理を計算してできるようになってきました。例えば、早く種蒔き過ぎてハウスの中で徒長する、というミスが少なくなってきたように思います。

この時期にこれを蒔くと、この時期に植えられるから、すると作業的にあの苗とこの苗の植え時期が重複しないし…云々。

毎年少しずつ、その土地の気候や土壌の性質を身に染み込ませて、翌年の糧とする。マニュアルは大事だと思うけど、やっぱり経験がものを言う農業は、だからまぁじいさんばあさんには敵いっこねえんやな(*_*)

明日はコリンキーの種を蒔こう。雨はどうかな?上ってくれたら草刈りもしたいけど、苗仕事ももう少しやりたいしねぇ。

やっぱり農業、楽しいです(^^)

 

隙あらば耕し、種を蒔き、苗を植える。

にわかに忙しくなってきました。相変わらずの雨続き、乾く間もない畑を目の前に何ができるか。

適切な時期に適切な作業を行うことが何より望むこと、しっかりと乾いた畑を耕して土の状態をベストに保った上で種まきや苗植えしていきたいところですが、そうも言っていられません。野菜の蒔き時・植え時は待ってくれません(だって奴らは生きてるし生長する)し、ひとつの作業の遅れが次に響き、その次の作業の遅れがそのまた次の…とどんどん遅れてどうしようもないことにもなりかねません。多少強引にでも耕して種蒔き、耕して苗植え、隙あらば育苗、どうしようもない時は畑の片づけ!みたいな日々が続いています。各地の農家さん、きっと皆おなじような状況にあると思いますが、早く夏野菜を植えきってホッとひと段落…したいものですね。

今日は、春菊の定植を!

まだまだ霜の降りる大原での露地定植。どうなることやら、何とか暗くなるまでに不織布のトンネルを被せて最低限の保温は確保?あとは大霜の降りないことを祈りつつ、4月上旬程度の霜なら耐えられるのかどうかの確認をもしてみたく、無被覆の苗も50株ほど。

定植しよう!と決めたタイミングではまだ翌日金曜日の天気は午後から雨予報でしたが、先ほど再びチェックしたところ翌日の天気は朝から雨に変わっておりました。結果論だけど、強引に耕してゴロゴロの畝になってしまったものの、強引に植え切ったことについて、よっしゃー!といったところです。こんなことがかなり頻繁に今シーズンは起こっているので、段取は組みにくいですね、まぁ仕方ないか。

2015040901

ニンニク。

昨年1畝(=セイ。農地面積の単位で10㎡)ほどの畑で植えて収穫していたニンニクを全て種にして植えつけました。

 

2015040902

 

今年も全部種にして来年に備えようか迷っているところです。

実は、収穫後、乾燥に適さない場所で乾燥処理を行った結果、かなりよろしくない湿気ニンニクが出来上がってしまいまして、昨年の秋に植えつける段階では心配しどおしだったのですが、冬を越えて今、写真を見る限りは悪くないかんじ。

収穫の時期を外さず、しっかりと乾燥できるように、今年は経験を活かしますぞー(^^)

ニンニクの芽も今年はたくさん食べられるでしょうか。トウ立ちしたニンニクの茎、これがまたうまいんですよねぇ!

ただ、この茎摘み、手がニンニク臭くなるし、すっぽ抜くのって結構難しいし、割と時間がかかる。手間な奴め、あ、だから美味しく感じるのか?!

いずれにしても楽しみです!

農業本や種を買ったり。

ある料理人の方から【岩崎正則】さん(勝手にリンクさせていただきましたのはフレンチのある料理人の。とても興味深い記事だったのでつい…)の本を拝借しました。長崎の農家さんで、自家採種の代名詞的存在。触発されて、今年はいくつか種採り用に栽培を試みようとしている野菜があります。お借りした本、魅力的過ぎたので、どうしても欲しくなってamazonを回遊しておりました。

そしてついでに、ここ数年ずっと探していたけど、タイトルも表紙の図柄も何もかも覚えていなかった農業写真の本をさきほど見つけてポチっとゲット、今たまらんウキウキが脳内を迸っております!やんややんや(^^)v

同時にまた欲しい本が増えました。【南国(タイ)の野菜たち】、どうですかこれ?10,000円!く~、くっそ、手が出ない(笑)誰だ、こんなにそそられる本、発刊しようと頑張った方は、すっごいじゃないか。眺めてるだけでインスピレーションの泉にさざ波立ちまくるんやろうなー…どなたさまか持ってませんか?(^_^;)

2015040501

 

本なんてなかなか読む暇もないくせして、手に入れたくなるもんですね。

写真は現代農業という月刊農業雑誌。新聞はとってないのですが、この雑誌、年間購読しているという。案外そういう農家さん多いかもしれないです。3年間くらい購読すると、だいたい同じようなネタが巡り巡ってることに気がついて飽きが生じてくるらしいですけど、webの普及は農業の情報伝達において大きな変化をもたらしており、結果として現代農業の内容も昔のものに比べて多岐にわたり面白いものが増えてきている、とは先輩農家の言。3年以上、読み続けそうです。

幅広く日本の農業事情に触れるはじめの一歩として楽しいです。とは言え、生産者向けの情報主体なので、野菜好き!な方はもう少しスタイリッシュなもののほうがオススメ(笑)

 

本は本でおいといて。

パソコンを開けての今日の事務仕事は、いくつかの種苗屋さんの種情報チェックのため。

まだ4月に入ったところです。夏野菜の種、まだ蒔いてすらいない時期・状況ではありますが、すでに秋冬の作付け情景を思い浮かべておりまして、さきほどいくつか秋冬野菜の種を購入しました。

たとえば夏野菜を10月まで収穫しようと畑に置いていたら、9月に種を蒔く秋冬野菜はその夏野菜を採り続けている畑では栽培できないことになります。当然のことと言えば当然のことだけど、春には畑の年間スケジュールをまずは頭の中でおおまかに考えておかないと後々、あわわ…あわわわわ…、ということになります。

でね、それはそれとして、常日頃から種屋さんの情報はチェックしておく、その一番大きな理由なんですけど、作付けハイシーズンには目当ての種を手に入れることが非常に難しかったりすることがあげられます。あー、あの種作付け予定やったけど、すでに売り切れてる!とかとかそんな具合に、ここ数年何度か失敗しております。

何度か同じミスをするのはいただけないですものね。定期的な種屋さんチェックは続けるようにしています。楽しいですよ、web種屋さん徘徊!

 

お、もうこんな時間だ。寝ましょう寝ましょう、まったねー(^^)

 

育苗中の作物を少しばかり紹介!

新年度、始まりました。今日は新しいステージに向かう皆さまを祝福する青空が広がっておりましたね。農家にはあまり関係がないですけど、4月2日はぼくたち夫婦の入籍記念日、7年前の今日(実はその前日に届け出るつもりだったけど、何となくやっぱりエイプリルフールは避けよっか、というどうでもよいお話が)、希望と不安をないまぜにしながら新生活を始めたことをふと今思い出しました。

2015040202

 

明日からまた雨続きの予報です。やれる時にやれることを。貴重な晴れですから。

2015040201

3月13日に種まきしたアブラナ科軟弱葉物類の中耕・除草。

例年ならば3月初旬に種まきするのですけど、今年の3月上旬は雨が多過ぎました。なかなか畑を耕すことができずにいたことで作業がどんどん遅れてしまったわけですが、さていつ頃収穫できるかなぁ。

畑のなかほどで除草しているのはスタッフ植前さん。作業着姿に頭にタオル。冬場の寒い格好からどんどん薄着へ。もう春やもんね。

不織布を被覆して防虫・保温。いちいち捲って、土けずり。手間だけど、この手間を怠ると虫食いだらけでエライことになってしまいます。

晴れの日にはできるだけ外の仕事を、雨の日には雨が降っててもできる仕事をするようにしています。

そんな雨の日作業のひとつ、ちょこちょことおこなっている育苗仕事。最近の苗の状況を少し紹介しますね。

2015040208

 

春菊。

今年は耐暑性のあるものを育てています。和え物はもちろんのことなのですが、生でサラダにするのがもう何とも言えずにぼくは好きなのです。

大葉の春菊やおたふく春菊と呼ばれる丸葉タイプのもののほうが肉厚で、春菊特有の香味が少ないです。サラダにするにはこちらのほうが好みなのですけど、これからの季節に丸葉タイプは虫がつきやすいのですね。

なので春はギザ葉の中葉春菊を育てます。3月12日に種まきして約3週間の苗ということになります。

まだまだ霜が降りる大原。そろそろ植えたい大きさではありますが、保温にトンネル使うのも手間かかるし、さて、どうしたものかな。もう少し育苗して様子を見ましょう。

 

2015040203

 

発芽したばかりのある作物。さて何でしょう??

答えは

バジルでしたー(^^)

今年は一般的なイタリアンクラシコ、いわゆるスウィートバジル、音吹の定番ダークオパールに加えて、マイクロブッシュバジルとトゥルシー(ホーリーバジル)を予定しています。

いつだったかタイバジルをたくさん育てていた年もありましたが、ここのところはイタリアンクラシコとダークオパールが主軸。

これからバジルの刺激的な夏の香りが育苗ハウスの中を充満していくのが楽しみでなりません。はよ夏こいー。

2015040204

 

ディル。

今年は株採りを考えています。摘み取りは時間と手間がかかるし、手の熱が伝わりやすいからという理由。

たっくさん育てて、たくさんお届けしていきたいものですが、さてどうなるやら。

2015040205

 

パクチー!

コリアンダーやシャンツァイなどとも言います。

好きな人、苦手な人、はっきりしますね!ぼくは大好きです。

パクチーもディルと同じ理由で株採りを考え中。加えて、パクチーはやはり幅広の葉が魅力的なのですけど、摘みとりを続けて育てば育つほどに葉の切れ込みが鋭くなり、しまいにはディルやワイルドフェンネルのような羽のようなギザギザ葉になってしまいます。それでも香りは生きているのですが、そうなる前には株採りを狙います。

花もキレイだしシードも利用価値の高いハーブ。3月9日に蒔きましたが、そろそろ植えようかな。根張りがまだまだだろうけど、明日雨が降る前に一気にいっちゃおう!

2015040206

 

フレンチタラごン。エストラゴンとも。キク科ヨモギ属のハーブ。

音吹では梅雨にいつも体力を消耗して高温続きの7月8月に絶えてしまいます。シベリア原産だから仕方ないと言えば仕方ないのか。育てるのが難しいハーブです。

冬越しの苗を鉢に植えて育苗中。自家用なので出回る予定はないですが、やっぱりかわいいよなー、この姿(^^)

2015040207

セージ。シソ科アキギリ属。

薬効に富むハーブとして古くから育てられています。この写真は冬越しのもの。自家用。

そろそろ種まきしようと考えていますが、セージの発芽率は何かわからんのですが異様に低い。ちゃんと芽出るかな今年は…。

 

ハーブを主体に紹介しました。

先日はレタスの苗を植えるなど、過保護な世界から過酷な世界へと旅立っていく苗もチラホラ出てきます。

あるいは小さなセルトレイから大きなポリポットへと移植されていくものも。

いつもいつも思うことですが、種を蒔き芽が出てくる、それまでの、芽が出るまでの不安たるやまぁ相当なもの。

その分発芽した時の喜びたるや、まぁたまらんものがあります。

この感覚は、慣れないねぇ。…慣れてしまったらつまんないしね!

先日はニラ、チャイブ、ソレルを蒔きました。次はセルリアック(根セロリ)、レッドアマランサス、九条ネギあたりの種まきをしよう。そしてカボチャ類も、4月上中旬からはいよいよズッキーニの育苗も始めます。

楽しみです(^^)