植物園に魅せられて。

初夏の雰囲気漂う日曜日、皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか?

音吹はと言いますと、日曜朝市を終えた後、とうちゃんと息子二人でしばし戦線離脱の息抜きお出かけでございました。行きたいところはたくさんありますが、先日妻が息子と行って楽しくて仕方がなかったという【京都府立植物園】へ。

大人一人200円!?広大な敷地に、盛りだくさんの木陰。お弁当を広げてダラダラしてる人の何と幸せそうなことか。ぼくらも例にもれず、お出かけのお昼ご飯ではぼくらの定番、北山の【みずいろぱん】さんのパンを持って、木陰でダラダラしました、っていうか昼寝までしちゃった。気持ちよかったです!

2015053107

 

京都府立植物園は第9代園長の松谷茂さんによる魅力発信の取り組みをなされます、そのコンセプトは「生きた植物を生かしたまま後世に伝え残し続ける」、というもので、結果公立総合植物園における年間入園者数日本一を4年連続で達成したという経緯があります。ちなみに松谷さん、現在はぼくたち夫婦の母校、京都府立大学の客員教授もなさっておられるそう。

そうなんだーすごいすね!

そんなにたくさんの植物園を訪れたことがないので比較はできないですが、大人もこどもも、広い世代に渡って高い満足感の得られる園のように思いました。

ひとまず写真をupしますね(^^)/

2015053102

 

2015053113 2015053111 2015053110 2015053109 2015053104 2015053105 2015053103 2015053101 2015053108

 

面白い植物がいっぱいでした!

最後の画像は…クロノトリガーのラヴォスにしか見えませんけどねぇ(^_^;)淋派400年記念展覧会「PANTHEON -神々の饗宴-」とやらの開催に先立って展示されているアート作品だそうです。まぁ結構な存在感でしたよ!

それはさておき。

自然の織り成す予測不可能な美、これは生命力の充ち満ちた力強い美しさ、とでも言いますか、人の手の介在しない、極力よそからの影響のない、あるがままの、例えば自然農の方の畑や荒れ地の魅力。こちらもぼくは大好きです。

ところがその一方で、植物園や庭園をはじめ、造られた美しさ、計算された魅せ方、人の技術や知識が惜しみなく発揮された芸術的な美、これまた素晴らしいものがありますよねぇ。

いつも、この植物、ここまで育てるの…大変やろうなぁと思いながら見学します。

 

いやいや楽しい時間を過ごしました。

 

2015053112

こどもが保育園に通い始めて、非常に助かっているのですが、日曜日は当然のことながらおやすみです。自営業としてはこの時期、特に農家にとっては休みたくもないのだけど、家でゴロゴロしてるこどもの姿を見ると、どっか連れてってやりたいなぁ一緒に過ごしてやりたいなぁって思うものですね(^_^;)

仕事もガンガンしたいけれども、彼らの幼年期は今だけ。

何を優先して、何を大切にしようか。仕事と育児、誰しもが抱える悩みというか、どちらかに偏ることなくバランスよくいきたいものですねぇ。

2015053106

 

芝生でゴロゴロ、歩くことが少しずつ上手になってきました次男坊に、体力ついたね長男坊。

楽しく過ごせました!

 

最後に一枚…

 

2015053114

はい、やっぱり宝が池のガチョウ。今日も相変わらず孤高の横顔を見せつけてくれていましたよ!

さぁ、明日からまたがんばりましょう!

 

 

 

レタスのこと、収穫用採果バサミのこと。

■先日の記事にてクイズを出題しました。→【ニンニク掘ったよ!クイズに答えてニンニクゲット!】

投稿してからわずか30分?!ほどの瞬殺メール、バシッと正解者が!すごかったですねー。もう一度同じ画像を貼りますね。

2015052204

 

この花なんだ??というお題。

正解は、《食用ホオズキ》でした!

食用ホオズキは毎年ほんの少しだけ育てておりますが、今年はやや多めに植えてみました。地面を這うように育つタイプ、立性のタイプなどの生育型がありますが、画像のものはいわゆるトマティーヨ、トマティロなどと言われる立性のもの。

トウガラシのような育ち方をしていて、第一番果がすでに袋をつけて生っています。いつ頃食べられるのでしょうね。ミニトマトのような姿で、甘酸っぱい、何とも言えない主張の実。お楽しみにしていてくださいね。

—————–

■今週はじめ、久しぶりに風邪で二日間も寝込んでしまいました。こどものロタウイルスを頂戴した模様、おなかがピーピー、しんどかったです(T_T)身体の休めサインだったのでしょうかね、ゆっくりとさせていただきました。何をしてたって、北斗の拳を読んでいたのですが、北斗の拳ってツッコミ要素がむちゃくちゃ多いのですね。いやもうホントに、ギャグ漫画を読む視点で終始笑いながら読みました。

…そんなことはどうだっていいのですけども!

ゆっくり休んで英気を養い完全復活!急いで着手しなきゃいけない仕事が山ほどあるよー!と収穫・出荷・配達もフル稼働しつつ、植えるもの植えて草刈りして、と作業をガンガン進めていきます。暑い中、スタッフさんもめげずに毎日ありがとう(^^)v

 

■現在はレタスがすこぶる快調、みずみずしくとてもイイ感じです。

2015052901

 

こちらは、フリルレタスのハンサムグリーン&レッドをダブルでパッキングしたもの。かわいいね。音吹ではフレイザード(「ダイの大冒険」に出てくる炎と氷の半身を合わせ持つ敵キャラ)パックと呼んでいますよ。

他にレタスはフリルレタスのロロロッサ。イタリアのレタスで、葉際がチリチリふわふわのやわらかいレタスがあります。

グリーンリーフやロメインは鹿に食べられて全滅しちゃいました、あっちゃー。

そんなわけで実は今この3種類しかないのだけど、量はたくさんあるからたくさん食べてくださいね。

どれもコンパクトにまとまっており、結果こぶりで使い勝手の良い葉が特徴です。葉際の形が特徴的なのも面白いですしね。

 

■ところで、フレイザードパックの隣に置いております、赤白のハサミ。これは採果バサミ、採収バサミと言って、主に収穫に使用する園芸用品です。全長20センチくらいでしょうか。刃の先っちょがとんがってるタイプです。

採果バサミにも様々なメーカーが出す様々な種類のものがって、音吹はもっぱら【岡恒鋏工場】のものを使用しています。ホームセンターなどで手に入る気楽さに加えて、バネの具合や手になじみやすい形が良いです。他のものも浮気心で試してみましたが、研修生の頃からずっとこれを使ってきた慣れもあってか、今ではこればっかり。

2015052902

 

研修先の【佐藤農園】では、野菜の収穫用には岡恒採果バサミの先が湾曲していてヘタを抉り切りやすい短めのタイプのものを使ったり、収穫した葉物を調整する際には画像の先っちょトンガリタイプのものにしたり、シーンに合わせて使い分けていました。切れなくなったら砥石で研いで、また切れ味鋭くしてから収穫に向かいます。

専業の農家さんだと、栽培作物に合わせた特性の形のハサミだとか、包丁だとかを使うところが多いようですね。キャベツなどは押して切るタイプの包丁がメインのようですが、ひたすら切り続けるので腕への負担を減らすための工夫が随所に見られる刃物を選んだり、ですとか。産地の農家さんでは市販のハサミや包丁の他に、こだわりの逸品を鋳造される刃物屋さんのものが選ばれたりしているようですよ。

料理人の方から、道具を手に入れた経緯や思い入れ、またなぜその道具を使用しているのか、調理用品だけでなくカトラリーもここのに決めてるんだーなどなど、そんなお話をうかがって、おー!って興奮してたりするのですが、同じように農家でもこだわりの品を使用されている方がたくさんいらっしゃるのですね。

ぼくは、ホームセンターの廉価版で別にいいやとする道具に気を使わない性質ではあります。多品目であるので、汎用性のある岡恒の採果バサミのようなもののほうが都合がいいという理由もありますけれども、それとは別にイイ道具を使って仕事してみたい欲はもちろんあります!…ただ、なくしてしまいますね多分。いや、それなりに高価な道具だと、そう簡単になくしちゃいけない!って気持ちになって大切にするようになるのかな…どうなのでしょうね。

ではでは今日も一日がんばりましょう。まーたね。

旬報No.15と考え事。

旬報15号、24日の朝市より配布しています。

 

no15

 

研修生時代にはA3用紙に手書で隔週発行、しっかりと内容も練り込んでたけど、今ではA5用紙の小さなチラシとなってしまいました。

それでも発行し続けることが大切と信じて、できる範囲でやっていく所存です。

————————–

朝市前日の晩頃から調子が悪いなぁと思ってはおったので、スタッフさん達に仕事を任せて一足早くに休ませてもらいました。

朝市後、いくつかの用件を済ませて、先月から気になっていることがあるので出来るだけ実家に帰る機会を持ちたいと、雨予報転じて快晴だったにも関わらず帰省しました。

がー。

詮無きことに、帰省してひたすら眠るという、見事なダウンでございました。翌日の、本日月曜日も、朝一番に収穫しておけば残りの仕事をスタッフやミサさんに任せられるわと、いざ畑に5時から出張ったものの、途中で気持ち悪くなって泣く泣く帰宅。一日中寝ころびっぱなし。予定もあったのにこちらも残念ながら参加できず、ベッドの上で起きて寝て起きて寝て悶々とした時間を過ごしておりました。

こんな時や夜中、考えることのたいていは、建設的でなく、やさぐれて、自暴自棄で、なんかもう退廃的ですらあるような内容のことばかりになりますね。

この思考回路で出てきた答えをそのままアウトプットして良かった試しがないので、最近はそのまま一日脳内の片隅で寝かせておいて、翌日もう一度反芻してから再び自らに問いかけるようにしています。ものの見事に、どうでもよかったなこの悩み…、となります。

いろんな物事を内にため込み吐き出す術を知らないままにイライラを募らせる性質ではありますが、少しずつそういう自分と正面から向き合って、そうならない処方箋のようなものをゲットしてこれたように思います。太陽の下で汗流すことも大きな要因なのでしょう。

ぼくがシンパシーを感じるのは、そういうぼくのような悩みを抱いている人です。きっとそんな悩みを抱いて悶々としている人のはけ口的な場所として、農園を経営し開放していたいのだと、農業を続ける理由のひとつに掲げていたいのだと、最近は強く思います。

農に関心のある、けれどどう踏み込めばいいのか分からない、そんな人の受入口としての農作業のシェアを、もう少し考えを練って再開したいと考えています。

寝過ぎて目が覚めた夜中のひとりごと。また形にしてから報告しますね!

ニンニク掘ったよ!クイズに答えてニンニクゲット!

今日は(も?!)天気のいい一日でした。こんな日は作業がバシバシ進みます。一年で一番心地いい季節かもしれないですね!

2015052206

お、ミサさんです。

何をしているのかな???

この野菜はナス。まだ小さいですね。

ナスとナスの間に肥料をあげて、あげた肥料をナスが吸い取り易いように手削り鎌で土と混ぜ合わせているところです。

日曜日に雨が降るようですので、その雨前に。水分が肥料をとかして土になじみやすくなるのです。

肥料を混ぜ込んだ後のナスの株間には、落花生の種を蒔きました!落花生など豆科の植物は空気中の窒素を固定させる効果があります。窒素は肥料三要素のひとつとして、農家としては当たり前に身近にある元素ですが、ナス科野菜の近くに植えることでナスにもその固定化された窒素を供給していただこう、恩恵にあずかろうという魂胆です。

ある植物が別の植物に良い効果を与えることがあります。コンパニオンプランツという栽培技術です。本当にそのような効果があるのかどうかは何とも言えないけどさ。でも、仲良しの植物同士がいる、って言われると、そやねぇ!って納得しません??(笑)

2015052205

さて、今日はホントにたくさんの仕事をこなしましたよ!

これはバターナッツ。カボチャの一種。バターナッツの株もとには稲ワラが敷いてあります。これもまた今日施した作業のひとつ。

敷きワラ。バターナッツの他、カボチャや冬瓜にも。

小さな頃の野菜は非常にデリケートです。むき出しの地面は太陽や雨の影響を受けやすいです。

たとえば太陽がカンカンに照ると、当然地面の水分は蒸発してカラカラになります。野菜もしお~って萎えてしまいます。そんな時、稲ワラは敷いてあると、土壌水分の蒸発を防いでくれます。

また土砂降りの雨。土砂降りの雨で泥ハネが起こります。ハネた泥は野菜の葉っぱや茎に付着して土壌病原菌を直接媒介させてしまいます。そんな泥ハネを防止する効果も!

他にもたくさんメリットはありますが、例えばバターナッツの収穫が終了した後、この稲ワラは良質の有機物として土壌に混ぜ込まれます。するとその稲ワラをエサにしてたくさんの微生物が集まってくれます。集まった微生物は土壌をまた豊かに肥やしてくれることでしょう。

この稲ワラは昨年育てたお米の稲ワラ。農薬や化成肥料を使用せず、力強く育った稲ワラです。畑に悪いわけないよね~。元気に育ってくださいバターナッツくんよ。

2015052202

 

またミサさん登場です!

手に持っているのは~玉ねぎ!!!

音吹には超絶珍しい玉ねぎです(^^)/自給用に少しだけ植えました玉ねぎ、こういうのができるとめちゃくちゃ嬉しいです。実を言うと音吹がまともに玉ねぎを収穫できたのはこれがはじめて(笑)

でっかい玉ねぎがポポポポーって掘り上げられるや、もう歓喜!

この葉っぱも美味しいんだー!

玉ねぎって営利栽培作物としては、産地がバシッと決まり過ぎてるから今まで避けてたけど、こうしていざ掘り上げた時の感動を体験してしまうと、営利的かどうかなんてどうでもよくなりますよね!

いや~、たまんないっす、玉ねぎ!自給用でホントごめんなさいね!もちろん美味しすぎでしたよ!

2015052203

 

はーい、玉ねぎに続きまして、チーム音吹が手に持っているのは………ニンニクです(^^)v

このニンニクは昨年5~6月に収穫したニンニクなのですが、その採れた分を全て種として保存し、昨年9月末に植えつけておいたものです。

4月頃から少しずつニンニクの芽を抜き去ることで、その栄養をすべてニンニク株へと集中させたことで、予想以上にプリプリしたいい感じのニンニクを掘り上げることができました!

こんなに収穫していて楽しい時間は久しぶりだったかも。

2015052201

 

 

ほらほら、どう?!

このニンニク、しっかりと乾燥させて、大半をまた来年の種として保存し、よりたくさんの量を収穫できるようにしてから皆さまの元へとお届けしようと考えています。

ニンニクはガンになる危険性を少なくする効果がある最も重要な食物として知られています。

311を考えるまでもなく、ガンは日本人の死因のトップにある病。医療は日進月歩で、お医者さんはガン患者さんのために日々頑張っておられることでしょう(と信じたい)。

それはそれなのですが、日々の食生活でそのリスクを減らせるのなら食べない手はないでしょう。何より美味しいし。

今年はニンニクをどのくらい栽培できるのか検討してみる予定です。具体的にはどのくらいの量のニンニクを育てられるのか。作業量として、どの程度の量ならば納得できるレベルの手のかけようで栽培することができるのか。

そこらあたりを念頭において来年に備えてみますね!

2015052204

 

今日はホントにたくさんの作業をこなしましたよ。

他にはイタリアンパセリ、セージを植えたりね。あー、気持ちがいい一日でした。

そんな気持ちのいい一日の最後に音吹からクイズをひとつ。

■この花は何の花でしょう??

正解した方のうち、先着で一名様に、音吹く秘蔵っ子のニンニクを5株分プレゼント!!

大原朝市開催時間中に引取が可能な方限定になりますが、ぜひぜひ挑戦してね。音吹じゅんの連絡先は

→otofukubatake%gmail.com

(%を@に変換して連絡してみてね)

お待ちしてますよ~、またね!!

 

オルガノポニコで脱デッドスペース。

5月半ばも過ぎて、春夏野菜の作付けも大半を終えました。

あとは、うまい菜、スイスチャード、クウシンサイ、ツルムラサキ、オカヒジキなどの夏採り用葉物類、育苗を終えたビニールハウスに植える予定の大玉トマト、そしてちょこまかとハーブ類といったところでしょうか。これからは春野菜の収穫と夏野菜の管理作業を並行して進めていく時期に入ります。

梅雨入りするまでにニンニクは収穫できるかな。昨年どおりに行けば5月末~6月初旬にかけて掘り上げます。種採り用に、全量保存する予定ではおりますが、少しくらいは出荷も検討しましょうか、うーむ迷いどころです。

雨予報の月曜日。雨降り前は、雨降り前に組んでこそ値打ちのある段取りを。今日は(も?)ハーブの植えつけです。

植える予定をしていた圃場がある事情で今春夏の作付けを諦めねばならなくなりました。そんな時こそ臨機応変に!急遽、予定していた苗の延命措置を図り、少しばかりビニールハウス内で養生しているうちに、新たに植えつける畑を選定・準備して、その畑に関わる作物の予定場所も全て検討し直しをしました。そうしてようやく先週からハーブの本格定植をスタートさせたというところです。

2015051802

 

何が起こるか分かりませんね、驚きましたがおかげで新たな試みにもチャレンジできました!

画像は今日植えたタイム。

こちら輸送用リンゴの木箱の底を抜いて、畑に設置。底を抜いてただの枠組となった木箱に土を入れて、そこに植えつけたと。

そんなわけで今日はガーデニング、家庭菜園的な動き。音吹くハーブガーデン計画、ちょっとずつ進行中です。

 

2015051804

 

こんな感じ!後ろでピースサインをしているスタッフUさんのことはとりあえず無視することにして。

リンゴ箱木枠の耐久性、露地雨ざらしなので、早々に朽ちていくのかな。そのあたりにきっと改善の余地は出てくるのでしょうが、まずはやってみることが大事ですよね!

この木箱の型枠システム。

【はるきちオーガニックファーム】のはるちゃんや吉田太郎さんに言わせるとキューバ都市農業、テクニックのひとつ、“オルガノポニコ”ってやつですね。

土質が悪かったり、耕作できないほどの痩せ地であったりする場所にコンクリートなどの型枠で高くして、その枠の中で作物を栽培するものを言います。

音吹の場合は、粘土質の土壌を好まないハーブ類用に培地(真砂土主体の土)を高畝で設置したく、このテクニックというわけです。

変形田の多い大原では、畑にデッドスペースができやすいです。デッドスペースを何とかする畝を立てるために通常の何倍もの労力や時間をかける必要があります。時にそれは…無駄というか無意味というか、費用対効果のない動きだったりするので、どうせ活用するなら有用なことに充てたいものですものね。

さて、どうなるでしょう??タイムの他、ラベンダーやローズマリーなどもオルガノポニコ栽培の予定です。楽しみですねー!このオルガノポニコの他にも、一般的とは言い難い栽培の方法をしようと思っている作物もあります。いつかの機会に紹介できるかな?!

農業の楽しいところは色々ありますけれども、そのうちのひとつは栽培マニュアルを無視しても作物はある程度勝手に育ってくれるという点から、自由にできること!ではないでしょうか。このタイミングでこうせねばならない、そのタイミングでそうせねばならない、それは作物にとってベストな選択かもしれないけど、気候や環境、人的要因でそのタイミングを外すことは多々あります。こういう土に植えねば育たない、これもまた同じ。こうでなければならない理由は、あるけど、ない。

だからこそ想像力を働かせていろんな方法ができるのですよね。これは楽しいんです、すごく。

そして、だからこそ、楽しげな人の自由過ぎる畑を見学するの、楽しいんですよー!!

2015051803