合歓の花咲く季節ももうおしまい。

合歓(ねむ)の木が好きです。毎年、合歓の木の花を写真に撮りたいなぁと思うのですけれども、ふむふむ、こやつの花が咲く頃、音吹は怒涛の忙しさに襲われます。夏野菜の収穫ピークを迎えるに加えて、秋冬野菜の下準備。頭の中がこんがらがって…こんがらがる、って何だ?ゴチャゴチャになってしまいます。台風11号の襲来以降、被害のあった作物の立て直し作業を含め、目の前に立ちはだかる案件がズラリ。

よーし、こんな時は、やらなくてもよいことをまず決めちまおう!これだけは外せないことだけを予定に組み込もう!

そんな取捨選択を7月初旬から続けている音吹です。なんとなくお久しぶりです、皆さま熱中症にかかりそうなムンムンする暑気、最大限の注意を払って、無理せずお過ごしくださいませね。ドタバタ続きのここのところ、思い出深いお話を少しだけ。

 

■さて、先日、シチクガモリの夏祭りに参加してきました。

朝市以外に久しぶりの出店。写真はFBページをご覧くださいな→【シチクガモリ】

ふじセンターという、時を経て廃れてしまったけど、昔は地域の皆さまが集うショッピングセンターだった鉄筋の建物。現在はアーティストが住みつき、その方々を慕う人が集まるコアな場所に。その場所を、再び地域の皆さまへも開放したいという主催者さん達の思いが花開いた、すっごく素敵で楽しいイベントでした。

2015072701

 

個人的には写真、全然撮れなかったくらい大盛況でした。

 

2015072802

野菜の他、いろいろと並べさせていただきました、バジルペーストたくさんお届けできました(^^)

FBページにはイベント中の写真だけでなく、このイベントを開催するにあたって中核メンバーの皆さまが会場設営をされてる様子などもアップされていました。ぼくはお手伝いに行けなかったけど、準備から何から作業を共有できたらまたイベントにかける思いも違ったものになってたことでしょう。コンセプトがはっきりしているイベントってやっぱりいいな、そこに意識を向けて動けるものね。

そして何より良かったのは他所から住み着いた人たちが、地の人を巻き込み、集まっていらしたこと。

おじいちゃんおばあちゃんは昔を懐かしむように建物の中でボーっと座ってらしたりおしゃべりしてらっしゃいまいしたねぇ。若い皆さまは若い皆さまの感覚で呑んで食って踊って歌ったり、と世代を超えてたくさんの人たちがふじセンターという場所を中心に・きっかけに集まって、それぞれがそれぞれに楽しんでいたという。

心地よかったです!ステキなイベントに参加させていただき感謝感謝~(^^)

 

■スモールファーマーズカレッジの総会?に参加というかお話させていただいたというか。

【スモールファーマーズカレッジ】

農が生活のどっかに関わっている、そんなスタイルで生きていきたいと考えていらっしゃる社会人の皆さまが週末に勉強できるスクール、SFC。縁あって代表さまと仲良くさせていただいており、それがきっかけでお話をする機会をいただきました。

うん、土下座して逃げ出したいほど、申し訳ないくらい話せなかった(笑)

以前、ある大学の講義でお話させてもらった時、その頃はまだ就農したてでだからこそしっかりパワポ資料つくって話す内容練って挑んだのですけど、今回はひどかったなぁ。しゃべることが得意な人ってやっぱりすごい、この年になると自分ができること、できないこと、明確になって、そういう意味でいい経験をさせていただきましたが、、SFC関係者の皆さま、もしこのブログご覧になっていらしたら、ほんとごめんなさい~(^_^;)

農業は、始めるだけならそう難しくないと思います、熱意と誠意があれば土地も借りられるし家もおそらく貸していただけるところまではすぐに行きつけるはず。大切なこと(のひとつ)は1,2,3年と続けて、さらにその先その先と継続していくことではないでしょうか。継続って難しいです。最初は新規就農だから許されるような、質の低い行為(仕事であり立ち居振る舞いであり)をしていても、それが大目に見てもらえなくなる時がくるかもしれません。その土地や地域にとって、自分という人間はほんとに必要なのかな、と自問自答し続けています。だって、野菜つくって売るだけなら、別に誰だっていいわけだもんね。農地という、基本的には他者が所有する場所を使って生産活動をする職業、あるいは生業なので、郷に入らばの気持ちって大切だと強く思います。不合理なこと、不条理なこと、あるかもしれないけど、それもまたこの生業に付随してくることなのでしょう。

そんなちょっと厳しいお話、SFCではなにひとつ出来ませんでした(^_^;)

厳しいこと、しんどいこと、あるかもしれないけど、だけど!やっぱり!楽しいから、農は。そんなの全部乗り越えて、やっぱり楽しいから!

農業はしんどいから息子には継がせたくない!って考えが一般的な中、いやそんなことない!めっちゃオシャレやんかっこいいやん最先端やん、そんな雰囲気になれば…いいですよねぇ。

あぁなんかうっとおしい記事になりました、合歓の花もそろそろおしまい、8月も見えてきました、またね!

イベント情報7月18日(土)オーガニックマーケット、19日(日)大原朝市&シチクガモリ。

毎週日曜日の大原朝市以外に、久しぶりの出店のお知らせです、しかも次の連休、二日連続三出店!台風になんか負けないぞー。

19日(土)京都オーガニックマーケット

20日(日)大原ふれあい朝市、シチクガモリの夏祭り です。

音吹はいつもの野菜の他、ようやくアイテムとしてお目見えできそう、ドライハーブたちをお届けいたします。オリジナルブレンドやドライスパイス、またペーストなどなど。台風一過の心地いい晴れが待っているはず?!皆さまぜひぜひ遊びにおいでくださいね。

2015071601

 

以下、イベント紹介です!大原朝市は毎度おなじみ朝6時~。もちろん出店します!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

京都オーガニックマーケット

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

□日時:7月18日(土)10:00~16:00

□場所:新風館パタゴニア京都店前

→ 【パタゴニアFBページ】 【新風館】

~私たちが食べているものは一体誰がどこでどのように作っているのか~ 知ることでより「食べる」ことの大切さを感じ、日々の生活に「考えて選択する」することを取り入れる。毎月第三土曜日は『京都オーガニックマーケット』の日。都会の真ん中で新鮮なお野菜との出会い。顔の見えるお買い物。是非生産者さんとお話しながら楽しいマーケットをお過ごしください。 パタゴニアさんより

こどもの風邪や野菜の端境期でおやすみ続き、一度参加したっきり、今回二度目出店予定の京都オーガニックマーケット(^^)まさかの台風で、まだギリギリまでどうなることやら分かりませんが、音吹はミサさんが一人で売り子する気満々です。園主も飛んでいきたいけど、翌日準備に走り回る予定です、残念!

※台風のため、イベント自体が取りやめになる場合もございます。ご容赦ください。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

シチクガモリの夏祭り

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

□日時:7月19日(日)10:00~16:00

□場所:北山大宮交差点を北上200mほど西側、ふじセンター、京都市北区紫竹下竹殿町1

→ 【シチクガモリFBページ】 【シチクガモリの夏祭りFBイベントページ】

 

シチクガモリって、何だろ。いつもは、それぞれの場所で頑張る「紫竹」(シチク)の若いお店が中心となった集まり。昔からある「久我神社」と周りに残された「大宮の森」、3つ合わせて「シチクガモリ」。久我神社に由来のある八咫烏(ヤタガラス)をシンボルに選び、初めて出店のお祭り。はじまりはじまり~

ご来場に際して。
駐輪場、駐車場はありません。なるべく公共の交通機関をご利用ください。

シチクガモリFBページより

紫竹とは特に縁がありませんでしたが、ひょんなことからお誘いいただきました。先日、フライヤーを受け取りがてら、紫竹界隈を練り歩きましたが、個性豊かなお店の数々に驚きました。中でもよりいっそうコアな人が、コアな人めがけて集まるのが会場となる、猛烈怪しい紫竹の吉田寮こと(笑)、ふじセンターだそうで、個人的にはここを見るだけでも来る価値ありなんじゃないの、と思えるイベントです!音吹は朝市終了後、準備でき次第向かいます、遅くとも11時までには会場入りできるのではないかと思っております。ぜひ来てね。

—————————————

この台風で夏野菜は大打撃を被るかもしれません、う~ん、わりと調子が良かっただけに残念…?!いやいやまだそうとは決まってないよ、野菜の生命力に期待しつつビュンビュン吹いてる風の音を華麗にスルーして平常心を保ちたいと思います、そんな時こそ鎮静効果の高いカモミールだ!

ではでは土日、いずれかでお会いできましたら幸いです(^^)

乾燥!乾燥!乾燥!

織姫と彦星は無事に逢瀬を遂げたのでしょうか。こどもたちが笹を持って帰ってきたのに、お世話になっている方が七夕飾りをくださっていたのに、昨日が七夕だということ、ポーンと頭から消え去っておりました。

大原の電気設備事業者さまがお仕事がおやすみの合間を使い、電圧を変換する工事をしてくださいました。ありがたいことです。あらためて、多くの方のお力をお借りして、わたしたちは農業にたずさわっているということ、実感します。

200Vに変換することで、二年前に購入した食品乾燥機がようやく生きてきます。天日である程度干した野菜やハーブを次々に乾燥!乾燥!乾燥!これはミサさんにとって楽しいお仕事でしょう(^^)春蒔きのカモミールが思いのほかにたくさん収穫できていて、レモンバームやペパーミント、ラベンダーなどティーに適したハーブをはじめ、オレガノやバジルといったシングルでドライキッチンハーブとして使えるものも少しずつ少しずつ増やしているところです。

2015070801

休憩時の飲み物のハーブティー率が高まっている気がします。

写真はラベンダー、レモンバーベナ、カモミール、そして瓶の中身はタイム。籠の外には赤ジソが見えています。赤ジソは枝ごと乾燥させて赤ジソ茶を検討しています。

いつか皆さまの元へお届けすることができるでしょうか。お楽しみにしていてくださいね!

 

夏野菜が本格的に始まり出しました。今年の夏野菜、今のところとてもイイ感じに見えます。梅雨明け後の好天でどうなるか。心配ですけど、その時はその時ですね。

ではではまたね!

ふつうの野菜もあるんだよ。

今、ものすごくやりたいことが割とたくさんあります。そのための時間を確保することがなかなかできなくて悶々としますが、畑でやるべき作業が目に入ると、そちらを優先したくなるものです。夏野菜の収穫がいよいよ本格的に始まりそうなので、とうぶんはそちらに集中!でしょうか。

にしても、収穫…出荷が重なる曜日の怒涛の忙しさが心地よくもありますが、まぁやっぱり大変は大変。特に日曜朝市前日の土曜日はもう戦場!どなたか土曜日の朝4時頃から8時頃まで、園主と一緒に夏野菜の収穫してくれる早朝バイト我こそはー!って方、おりませんものですかねぇ。ノンストップで採り続けるので、農のゆったり感を求めてる方には…ちょっと耐えられなかったりする?!かもなのでオススメできないんだけど(笑)

まぁそれが専業農家の現実ですね!

——————————————

さぁ、最近の畑で気になった情景を少し紹介してみます。

 

2015070201

 

大原の里中に点在する音吹の畑の中で、一番目にされやすいのが【里の駅大原】の道路を挟んで向かい側に所在する畑。

こちらは今、ヤグルマソウ、ボリジ、トウモロコシ、うまい菜、スイスチャード、ルビーリーフ、ズッキーニ第二弾目、九条ネギ、オカヒジキなどが植わっています。

画像は春菊の花!

【里の駅大原】に来られた際は京都市内の方角をご覧ください、まさに今この時期だけですが、春菊の花が可憐に咲いておりますよ(^^)

いつかお花畑をつくりたいとスタッフさん達と話している最近です。

 

2015070206ヤグルマソウ。別名コーンフラワー。エディブルフラワーです。もちろん観賞用としても。青、赤、白、ピンクの花が次から次へと咲きます。

来年はもう少したくさん種蒔きしたいと考えています。

過去に、青いヤグルマソウが雨に濡れた姿がとにかく美しく、花に興味がなかったですが強く心打たれたことを思い出します。

2015070204

 

花と言えば、こちらも現在咲き乱れております、ディルの花。マリネ、ピクルス、ポテサラや生でサラダにちらして、ちょっとあると本当に便利なハーブですが、花もまた同じように使えますし何より線香花火のような姿がたまりません。

エディブルフラワーとして出荷中です。

 

2015070203

今年の春はアブラナ科の葉物を大失敗したものの、春菊に始まった初夏葉物がなかなかイイ感じに動いております。

先日より収穫を始めたオカヒジキ。ニンニクを収穫した畑にそのまま植えつけておりますが、先日追肥したところ抜群の葉をニョキニョキと伸ばしています。

イタリアではアグレッティという名前の高級食材だそうですが、日本では浜辺に生える草!この扱いの違い、食文化の違い、面白いものです。

和え物やおひたしなどの他、水でさらしてサラダにしたり。独特の食感がとても楽しい野菜?草?です(笑)

2015070202

食用ホオズキこと、トマティーヨ(トマティロ)。

どれだけ実をつけるねんという勢いで袋だらけになっています。聞くところによるとテントウムシダマシがやたらめったらつくそうで、昨日からナス科に目につくようになってきたこの虫がどう悪さしてくるか、非常に心配してはおります。

そもそもいったいいつ頃収穫できるんや…。

さて、音吹はハーブとかマイナーな野菜とかそんなんばっかりやな、とツッコミが入るような写真が中心、一般的な野菜はないのー?と思われてる?!かもしれません。

一般的な野菜…栽培しているんですよ一応!

2015070208

ピーマン!

古くから有機農家さん御用達の品種あきの。姿形はいまひとつ、でも豊産多収の元気なやつです。

研修先の【佐藤農園】で採用されていた品種です。就農してから違う品種を試した年もありましたが、やっぱりこれがぼくには合ってると、ここ4年間ほどはずっとこれ。

何となく、生育ステージの見極めやガサッと収穫できる時期の推測もできはじめてきたかな。

夏野菜はすべて自家育苗。種を蒔くところからじっくりと手塩にかけて育てています。購入接ぎ木苗が専業農家にとって主流の現在、手間ばかりかかってコストもどうかしたら高い自家育苗はいいとこなし?!

いやいや、そんなことはない!育苗の楽しさは何にも代え難いものがあります!

わたしたちが扱う商品は生きている野菜です。いのちを扱っている、と無意識に感じる瞬間が多々あって、それはとても大切なことだと考えています。種が発芽し、そして育ちゆく過程を見続けること。感情が多分に混じってしまうので気をつけなければなりませんけど。

今年はあるご縁から、苗を購入してくれる方がおりました。無農薬・無化学肥料の苗って探してる方いらっしゃるのかもしれませんね。

2015070207

万願寺とうがらし。

京都在来の甘とう。他に伏見とうがらしも育てています。

株元にはソバガラをたっぷり敷いています、保湿・防草・泥はね防止・遮熱を期待して。もちろん次の作付け時には良質の堆肥として有機物のエサになってくれることでしょう(^^)

2015070205

これ、何だろ?

トマトはトマトですが、TIGERELLA?よくわかりません、赤いゼブラトマトであることは確かなんだけど(笑)

そんなことが実はよくあります、整理してるつもりでも忘れてしまってたり、ね(^_^;)気をつけます!

ミニトマトもボチボチ色づいてきました!赤、黄色、紫、他にグリーンゼブラなども。

2015070209

ゼブラと言えば、ゼブラナス。

今年の音吹くナスは、一般的な長卵型の千両ナスの他、緑・白・ゼブラそしてイタリア丸ナスがあります。

去年のナスは多品目でしたが、今年はしぼりました。

洋ナス系は皮厚く、アクが強いけど、その分火を通した時のトロみというか肉質の具合がぼくは大好きです。

これから先少しずつ出荷始まっていきます(^^)

 

今年は昨年に比べて畑につかえる時間が多いので、しっかりと細かなところまで目が行き届いているといったところです。

ハーブの管理作業も並行して進められておりますしね!昨日は花芽のついたバジルの花芽を飛ばし、またペーストをつくろうと検討中です。カモミールも思った以上に花がついて、ドライに向けてすこしずつ作業を進めているところ。

これから夏野菜の管理・収穫に加えて、秋冬野菜の準備も始まります。

ゆっくりするヒマはなかなかないかもしれないけど、それもまた季節を感じる農家仕事の醍醐味なのかもしれませんねぇ。

まーたね!