深まる秋に、近頃の畑。

少しずつ秋が深くなってきて、焚火を見つけるたびに焼き芋がしたくなる近頃です。凛とした空気が漂う早朝、急激に気温が下がりゆく日暮れに、言ってる間に冬がやってくるなぁと感じております。

日曜日の朝市後、作業していたらあまりにも天気が良くって、脱大原。

七条で不定期開催される【みのたけ商店ズ】さん、出店していないまでも顔を出したり、その近くの路地裏空き地や空き屋をコミュニティスペースとしてアーティストが何やらいろいろやってるおもしろげな【本町エスコーラ】さんのフリーマーケットに遊びに行ったりしました!少しでも外出すると気分も晴れ晴れ、心地いい季節、チャリンコやバイクのツーリング、トレイルランはじめあらゆるアウトドア、きっと楽しいことでしょうね(^^)

 

2015100102

 

本町エスコーラ。

いやぁ怪しい空間でした。こういうコミュニティ、増えていますね。近すぎず、遠すぎない距離感で人と関われる。シェアハウスは住コストの削減にもつながるし、農村でももっと受け入れられたら、きっと楽しげな人材確保にもなるでしょうけど、いかんせんそうした感性をよしとできる人、できない人の世代間格差は大きいと思います。

地域に入り込む住人の姿勢や、地域がコミュニティを許容する気持ち、双方の歩み寄り…。それって、プライベートが大切!!って言って面倒だからとスルーしてきた、本来当たり前にあるはずの人間関係の構築であるように思いますが、知らず知らずのうちに培われてきた「私」の感覚、その脱却は難しいんでしょうかねぇ。

ひとりごとです!

 

2015100103

お月見団子をつくる長男。

中秋の名月、大原ではうっすらかかる雲の中に出たり入ったりでしたが、明るいお月さまを眺めながら田んぼの畦道でビール呑んで団子食べました。

そんな秋を過ごしている最近、畑や里はどんどん様変わりしてきております。夏の力強い草が秋の柔らかい草にシフトしてきています。

 

2015100107

アキノノゲシ。

このノゲシやアメリカセンダンが枯れて冬を迎える頃の、何とも言えない野原が好きです。今はまだまだ青々としている畦道では、ニラの花が咲き終わり、ヨメナの花やチカラシバなどがそよそよしておりますよ。

 

2015100106

ここは大根の畑。

サラダ大根、おろし大根をはじめ、いろいろな種類の大根が植わっております。ラディッシュは先日の朝市で初お披露目、大根葉もそろそろ収穫できそうです。

 

2015100104

昨年はダイコンサルハムシという小さな虫に食べ尽くされて全滅した大根、今年は今のところ元気に育っているように見えます。

モグラが縦横無尽に突き進む畑で、ところどころ被害は見えますが、獣害対策に設置したワイヤーメッシュのおかげで今のところシカやイノシシなど大型獣の侵入は見られません、…ホッ(^_^;)

 

2015100105

こちらはニンジンや秋葉物の畑。ニンジンは二か所に分けて作付けしたうちの一か所。

音吹は間引きが嫌いなので、種まきは点蒔きで発芽を確実にするスタイルです。

なのに今年は発芽が不確実(笑)まばらにしか発芽しておらず、ガクーっといったところです。

実はニンジン、ビーツ、ホウレンソウが発芽まばらで、小さい頃から収穫する予定でしたがしっかりと大きく育ててからの収穫を余儀なくされました。残念!!

間引きだけでなく、水やりもあまり好きでなくて、秋はニンジンを除いて基本的にはポンプで水やりしないのです。よっぽどでない限り自然の降雨に頼るのみ。

ビーツやホウレンソウの発芽が不均一なのは何よりそれが原因、もちろん土壌の保湿性など畑ごとの特性も大きく結果に現れますけれども(*_*)

 

…おっと、そろそろ明るくなってきました!友人の作業に手を貸す予定の本日の早朝、そろそろ行きます。

またゆっくり更新しますね。

最後に…

 

2015100101

生落花生!

美味しかったです。そのうちお目見えできるでしょうか。もう少しお待ちを(^^)v

またね。

安楽寺地蔵縁日、出店します!

朝7時頃からたんたんと雨が降り注ぐ大原です。昨日までの天気予報では木曜、金曜と曇りの予報、土曜日に雨が降ると。この土曜日の雨を狙って作業段取りを組んでいたのですけど、おかげさまで見事段取りが崩れてしまいました、残念。なくなってきた名刺の注文をしたり、メールを返信したり、ゆっくりと事務仕事に勤しんでおります。こんな日もたまにはいいね(^^)

今日は出店のお知らせです。音吹は毎週日曜日6:00~9:00に開催している大原ふれあい朝市への出店をベースに、ごくたまに何となくタイミングが合ったら各地のマルシェなどなどに出店しています。

————————————–

安楽寺 地蔵縁日

場所■住蓮山安楽寺 京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町21

日時■10月2日(金)10:00~16:30

 

2015092401

 

毎月2日開催、安楽寺・地蔵縁日、musubi-yaさんからお誘いいただき10月出店させていただきます!

音吹は…実はもうあまり野菜がないのですけど、こんなのを持っていく予定です。

————————————–

冬瓜、小粒のじゃがいも、ニンニク、バターナッツ、タマネギなどの貯蔵野菜、

オクラ、万願寺とうがらし、ピーマン、ナス、白ナスなど名残の夏果菜類、

クウシンサイ、ツルムラサキ、二十日大根、間引の大根、各種ハーブ類など、

ドライハーブ類

————————————–

地蔵縁日、参加させていただくにあたって、野菜を物々交換でやらせてもらうつもりです!

あなたの何かしら(物でもいいよ!芸でもいいよ!感動するようなお話でもいいよ!何でもいいよ!できればその何かしらについてのあなたのエピソードを聞かせてもらえると嬉しいですよ!)と、音吹の野菜と、交換させてもらえませんか??(※もちろんお金での販売も承りますので、面倒くさいなという方はお気兼ねなく!)

お金はわたしたちの暮らしになくてはならないものではありますが、どうもここのところぼくはお金のことを考えるあまり、心がどんどん貧相になっていっているようです…。もんもんとしておる自分のような人間をよそに、世の中にはお金の価値観、お金がまずありきの思考から導き出される社会の動きへの追従姿勢、ここのところのキナ臭い一連の流れに対して確固たる信念をもって魅力的な暮らしを貫いているたくさんの人たちがいらっしゃいます。実は先日、パタゴニア京都店前のオーガニックマーケット京都に出店させていただきまして、そんな方々とたくさん出会いました。

2015092405

 

そこで出会えた方々の空気に触れることで得られる心地よさったら!農に魅力を覚えた頃のそこはかとないウキウキ具合が思い出されました。

30代も半ばになって、自分の身の丈や性分のようなものについては、あぁこりゃどうしようもねーと頑なになってくるものです。

音吹は、農薬や化成肥料を使用せずに育つ野菜を販売して、しかもできるだけたくさん栽培して多くの方に手にとってもらえたら、と専業農家として営農しています。それは自分たちの心地いい暮らしを多少ないがしろにしてでも、たくさん野菜をお届けできる農家であることが、今のところぼくのやりたいこと、だからです。

が!

時には、やっぱりやさぐれることがありまして(^_^;)そんなのってどうなのよ…と、ふと思うわけです。まぁ、それはそれで置いておいて、素敵な魅力的な人たちの、何というかパワーというか、貧しすぎるぼくの心に癒しを与えていただけないものかー!?と。お金に縛られない優しいつながりが得られないものかなぁと、今回の地蔵縁日に誘っていただいたmusubi-ya市さんに提案した次第です。

どんなふうになるのかな、よくわかんない動きになるかもしれません。野菜は旬の名残のものたちばかりです。正直申しますと、状態はどんどん落ちてきています。だけど、種から育てて大きくなっていく姿を見続けていた農家にとっては、まさに今最後の力を振り絞ってる命の最後の輝きを放つ彼らを楽しんでいただければ、何よりです。地蔵縁日ぜひぜひお越しくださいね!お待ちしていますね!

 

音吹畑 高田潤一朗

————————————–

※画像のチラシの横に映ってる絵本は、ウィリアム・パパズ著「タレッシュ」という絵本。毎夜毎夜、絵本なんか読めとせがまれます。いろいろ読みますけど、ウィリアム・パパズの絵がお気に入り、ただ話が長いからいつも読みながら寝てしまいます(^_^;)

ご無沙汰しておりました!!

たい……っへんに、大変にご無沙汰しておりました(^_^;)

皆さまお元気にお過ごしでしたでしょうか??なかなか更新できずにごめんなさーいと前回のブログでお話しておりましたが、よもやここまで放置することになるとは、いやはや、驚きでございます。SNSやブログ、ものすごく億劫になるようなとても落ち込む出来事を経て、はぁもう何もかんも面倒くさい!とヤル気をなくしていた上に(すいません(*_*))、9月のはじめにパソコンのハードディスクが壊れてしまいまして、中身全取り換えという事態に陥りまして…先日ようやく何とかデータを吸い上げてディスク交換できたパソコンが返ってきて、こうしてブログ再開だー通信も早くつくりたーい!と意気込んでいるわけでございます。

しかし、更新頻度が激落ちだったのは、畑仕事に勤しんでいたことがやっぱり一番の理由です!とにかく畑、畑、畑ー!と例年になく一意専心、しっかりと野菜と土と向き合う時間を良く悪くも確保できたと思います。

にしても、野菜と向き合った時間を過ごしてみて再確認できたのは、人の力はちっぽけなもの、というよくある話。今夏は暑いなぁと感じて仕事しておりました前半から打って変わって急に涼しく、いやどうかしたら秋が早々にやってきて、暑さやゲリラ豪雨でダメージを受けた夏野菜は回復することなくそのままパワーダウン、あっという間に終了してしまいました。いつものことですが自然の力にはとうてい敵いっこありません。そもそも抗ってコントロールしようとすると、除草剤や農薬、温度調節のビニールハウスなどを活用した農業に行きつきます。

わたしたちはそうではなくって、農薬や化成肥料を使用せずに、気候や土壌条件に寄り添いながら、いい時はいいけど悪い時は悪い、だって生き物相手の生業だもの、と出来ないことを肯定しているわけではないけど受け入れてイイ意味で諦める農業のスタイルでやっております。

飽食の時代だからこそ忘れてはいけない感覚、伝えていきたい現実、なのかなぁと考えております。

 

さて!

いま現在、わたしたちは秋冬野菜の種まき、植えつけの最終ステージへと突入しつつあります。例年であれば、大原では10月上中旬に年内採り~冬にかけて収穫する野菜の種まきリミットを迎えます。10月中旬までに種まきしないと、冬の寒さに野菜が生育することを諦めてしまって収穫できないということです。

今年の秋冬の作付けは、根菜中心の、葉物が少ない、あまりバタバタしない収穫を狙った作付けになりました。もともとこの冬に何が起こるか分かんないから、今年は少し品目減らそうと考えておりました。しかしいざ種まきしてみると…効率悪いけど多品目農家でありたい音吹としてはちょっと寂しい!?まぁ、そんなシーズンもあってもいいか。

少しずつまたブログ更新していきますね、そろそろ外が明るくなってきました、畑に出向きます。

このシルバーウィーク中に5歳を迎えた長男は頭ジラミを抱えた結果2mmにバリカンカット!まるっぱげの小坊主くんとなりました。次男も少しずつ何となく意思表示をするようになってかわいい盛りです。お彼岸に実家に帰省、お墓参りをして、両親によく連れていってもらった太陽が丘こと山城総合運動公園で家族ゆっくりしました。

2015092101

 

久しぶりの画像が畑の画像でないという(笑)次回の更新を、お楽しみにー(^_^;)