野菜の茎の部分。

18日日曜日の朝市から秋冬野菜の出荷を本格的に開始、年末に向けて待ったなしの収穫・出荷準備ラッシュが続く予定の音吹です。昨日の明け方は道路脇のデジタル気温表示が5度!いよいよ霜が降りるのも近くなってきましたね。一日の気温の寒暖差が激しくなればなるほど野菜の甘味が増していきます。大原の野菜が美味しいのは、この急激な寒暖の差が一因ではないでしょうか。

2015103001

オレンジ色のミカン箱コンテナに野菜を積めて収穫、持ち帰っては外葉を落とし水洗いして、ようやく袋づめ。

この外葉落とし、わたしたちは調整(調製?)と呼んでいますが、収穫したままでは店頭に並べられない状態の野菜をキレイに整えることを言います。

例えば、葉物であれば、外側の葉すなわち出てくるのが早い葉から肥料を切らして黄色くなっていきます。その黄色い葉を取り去っていくわけです。この作業、ことのほか時間がかかります、めんどい!我が家は半外でこの出荷準備作業をしますので、寒い冬場には冷気が床から伝わってきて芯から冷えます(*_*)

慣れてくると身体も寒冷地仕様になってきますし、また防寒具をうまく使って長時間の出荷準備にも耐えられるようになりますが、冷え症の嫁さんにとってはヒ―ヒー言いながらの日々(^_^;)

まぁそんなこんなのしんどい部分って確かにあるから、離農する人が多いし耕作放棄地増えてる現実があります…。何でもそうだと思いますが、理想の部分・花形の部分を支えてるのは、土くさい汚い現実なんですねぇ。

とーはー言ーえー!

そんな、しんどいなーと思うことも全部ひっくるめた上で、やっぱり楽しいことだらけ、それが農!朝一番からくっそ冷たい中で野菜の準備してガチガチになりながら仕事上った後の~、コタツで熱燗!うまいご飯!きたこれ、たまらんじゃないっすか、しんどい部分があるからこそ余計にうまい、って最高じゃないですか(^^)

いろんな角度から農の楽しさは見えてきますが、今日はぼくの好きな野菜の茎の部分の写真をチラッとだけupしますね、見てください!

 

2015103005

 

紅芯大根。ようやく収穫が始まりました。今年は無施肥。

2015103006

こちらも始まりつつあるビーツキオッジャ。少し大きく育ち過ぎた??

2015103002

紫茎の水菜。サラダに映えます。

2015103004

あやめ雪こかぶ、肉質きめ細やか、甘味の強い小カブ。陽があたる部分が紫色に染まります。

 

美しいですよねぇ!

根菜であれば根菜そのものの魅力はさることながら、根上部から茎が伸びている、その茎~葉に至るまでのグラデーションと言いますか、色の変遷、キュンとくるものがあります。

これはまぁ野菜に限ったことではないのですけど。

茎葉もこの時期以降ですと食べられるもの食べられないものあります、厳密には食べられるけど、美味しくは食べられないといったほうがいいですね。それにしてもこの力強さは…何とも言えないものあります。

 

そして茎ではないけど…

 

2015103003

黒大根の、この何とも言えない肌!スタッフさん曰くストッキングをはいた大根、言い得て妙!

この黒大根、はじめて種まきしましたが美味しいですね、アクやクセがなく肉がつまっていて皮の黒さがアクセントにもなるし。

見た目だけでない、魅力的な大根ですねぇ。

 

ぼくは今とにかく欲しい本がありまして、奥田實さんの『生命美』、『野菜美』というものなのですが。

『生命美』についてのアマゾンの紹介には、日本の落葉広葉樹林と常緑針葉樹林に生育する樹木150種を徹底的に解剖。新芽、花、葉、種子、果実など、木々の素材を網羅。樹木のことだけでなく、日本のすばらしい森が生き生きと感じられる写真集。とあります。野菜美も同じく、野菜の生き物としての姿をクローズアップした写真集だそうで。

現代の野菜は、食糧として成り立つべく品種改良のなされてきた(これは固定種とかF1の種とか、そういう分類よりも蔬菜として考えたとしても)もの。人間にとって都合よくつくられた命と言われればそうなのでしょう。

だけどそれでも、たとえ固定種のものであろうとF1種であろうと、こいつらは艱難辛苦に耐えては逞しく美しく育っていく姿をこれでもか!これでもか!と見せてくれます。

きっと奥田さんには、思いもよらない視点で植物を見てるんだろうなぁ。

さて今日も畑に行ってきます。今日は野菜のどんな姿が心打つのか、アンテナ張り巡らせて楽しんで参りまーす。

またね!

赤ジソの種を取る。

先日は恵みの雨が降りました。このありがたみ、ポンプや灌水チューブなんかなかった時代の昔の人は、今よりもっと強く感じていたのだろうなぁ。欲を言えばもう少し降っても良かったけれども、土にじんわり染み込んだ水分を求めて、地中に伸ばしに伸ばした野菜の根っこがグググっと水を吸収して大きく育っていってくれることでしょう、がんばれー野菜たち、雨よありがとよー今度はもう少し頻繁に降ってくれよー。

2015102901

さて、この画像シルエット何でしょうか??

こちら、さっそく答えてしまいますと、大原が誇る農作物、赤ジソでございます。プチプチとしている、穂ジソ、そしてシソの実として出荷した後、いよいよ種取り。

が!

…ちょっと遅すぎましたー(^_^;)枯れ過ぎ!

穂の下部のほんの一部だけ枯れ始めてポポポッっと種が落ちたのですが、そのタイミングではまだまだ全体的に穂は青いまま、もう少しだけ待とう!としたのが、ついぞ先日のこと、たしか5日ほど前だったでしょうか。

それが昨日の夕方。一気に枯れ上がってるものだから、いかんいかん!と焦って刈取り。

いやいや、難しいものですね!

暗くなるまでに何とか刈取り切って、ひとまずハウスに避難させた次第です。ガサガサ強引に刈り取ったものだから、だいぶと種が落ちてしまったなぁ、来年はこぼれ種のアカジソがわんさか生えてくるね。

赤ジソに限らずですが、生育して花が咲いて種ができて枯れた植物からこぼれ落ちた種が勝手に生えてくることはよくあることです。

10月末現在ですと、トマトやホオズキ、とうもろこしが植わっていた畑からわんさか芽が出ています。このトマトやホオズキ、とうもろこしは霜に弱いから育つことはありません、そのうち死んでしまいます。

逆に霜に強いアブラナ科の野菜などは、そのまま育って、あれー?こいつ確か何年か前にここに植えたやつだ、ま~だ種が土ン中で生きてたんやなぁ、と驚かせてくれることがあります。

命が土を介して連綿と受け継がれていく様子。生き物を相手にしているんだなぁとしみじみ感じ入るシーンです。

またね!

どこまでが仕事でどこからがお休みなのか曖昧な生業だからこそ。

日曜日の朝市、たくさんの皆さまご来場いただきましてありがとうございました!また来週もお待ちしておりますね。

さて、このテンション(^^)v

 

2015102601

汚らしい笑顔をpm2.5並みに振りまいて申し訳ございませんが、続く秋の陽気に心躍る日々であることに加えましては、わたくしこの日曜日に妻とこどもをほっぽりだして、久しぶりに日中からたった一人の時間を頂戴し堪能させていただきまして。

川端七条にて【みのたけ商店ズ】に出店して、みのたけな店主の皆さまとダラダラと昼日中からおしゃべり、店番を店主の皆さまに放り投げて途中退席、国立博物館の琳派展観賞、全国津々浦々の民陶を扱われる【もったいないクラフトあまた】さんで器見て、そして九州ローカルのめちゃくちゃ面白そうな本買って、行きたかったイタリアンでご飯食べて、作業着を古着屋さんで物色するという。

贅沢~!な一日を過ごさせていただきました。

あまたさんで手に入れた本、季刊誌なのですが、【手の間】と言います。九州を中心とした手仕事に関わる人や事柄がテーマのものだそう。買った号にはぼくが大好きな焙煎珈琲屋さん九州は大分耶馬渓の【豆岳珈琲】や福岡の都市近郊農業のパイオニア【むすび庵】の八尋さんが載ってたり。どこかで見つけたらぜひ手にとってみてください。

しっかり充電、やっぱり暮らしにメリハリは必要だなぁと、改めて実感、どこまでが仕事、どこからがお休み、なのか非常に曖昧な生業ですのでなおのこと大切にしていたい部分、なのかもしれませんねぇ。

おかげさまで月曜日より気持ち新たに畑や野菜と向き合う一週間を始めておる、といった笑顔でございます。だから許して。

手に持っている野菜、右手はニンジン、左手は紅芯大根!ニンジンはもうしばらく大きくさせますが、紅芯大根はいよいよ収穫開始かなぁと考えています。甘酢漬けで食べたらおいしかったですよー大根としては早い時期から甘味ものりだしているように思いました。そしてビーツももうすぐですね!

ふー、今日は特に語ることもありません!たくあんを肴に熱燗でほろ酔い、ウクレレ弾きながら鼻くそほじって悦にひたっておったところ、そろそろお風呂からこどもが上ってきそう、妻からキャッチして布団で相撲でもとって寝ます。

…相撲と言えば、先日実家に帰った折、大相撲中継久しぶりに見ましたが、妙義龍?漢字あってます?強かったです、横綱に負けたけど、いい相撲とってた。

…いやホントよくわかりませんね、とりとめなさすぎる(笑)では皆さまごきげんよう!

霜が降りる前にレモングラスを刈り取って乾燥させる。

近頃、里の田畑で出会った人との挨拶について回る会話、「雨降らへんなー雨欲しいなー畑カラッカラやなー」、10月11日の明け方に降って以来晴れが続いています。

雨が降らないと、畑の乾燥が激しくなります。朝方の朝露がそれなりにありますので、特別心配していないとは言え、土質の良くない畑にはクラック(ひび割れ)が見えてきています。過酷な環境の中、野菜の根っこも土中の水分を探してどんどん伸ばしていることなのでしょうけど…。

にんじんなどは、実は播種後40~50日が一番水分を必要とします(音吹は8月下旬播種なので10月初旬以降には雨が欲しいところ)。葉物類も同じ姿で生育が止まったまま。大原ですぐきをつくる賀茂の専業農家さん達はポンプアップして水やりを始めておられます。うーむ、そろそろうちも水やりすべきか?!

昨日、ほんの一瞬だけ、ほーんの一瞬だけ!ポツッときたのですけど…。週間天気では火曜日に雨マークが予報されていますが、さてさて、どうでしょうか。一雨あればぐぐぐっと生長するのでしょうけどねぇ。

———————–

音吹は多品目農家です。季節ごとに、何とな~く柱に据える野菜がいくつかありまして、その脇を固めるようにわらわらと様々な野菜・ハーブ・花が植えております。今年は花に魅せられました。秋の里にはコスモスがよく似合いますね。管理しているけど手が行き届かない畑などなど、来年はコスモスの種蒔いてみようかな。

今回は、こんなハーブの紹介。

 

2015102303

 

カヤ?!

のように見える単子葉のハーブ、そうそうレモングラスです!

イネ科オガルカヤ科のハーブでインド原産の多年草。と、いうことは本来ならば越冬して毎年株を大きくするわけです。オーストラリア南部の雪山でも温かい場所なら育つという紹介も見つけました。ですが、大原ですとそのまま畑に放置したままでの越冬は無理です。

そしてさらに、冬前に株を掘り上げて鉢に上げて、たとえば軒先など霜が降りない、寒くない場所に保管したとしても…越冬は無理でした。まぁやり方の問題もあるかもしれませんが、大原在住のハーバリスト、ベニシアさんに確認したから、きっと里の冬の寒さはレモングラスにとって厳しすぎる環境なのでしょう。

毎年、新しい株を植えつけて、霜が降りるまでガサガサと収穫を繰り返します。一年草として植えても株間50cmくらいにまでは育ちますよ。

東南アジアでは根を切り刻んだものを香味づけに使うことも。日本では主にハーブティー。シトラールの香りがふわっと漂い、飲みやすいティーとなります。

 

2015102302

 

この切り口、断面、とても美しいですねぇ。ザクッと地際近くから最後の刈取りです。そのうち根っこも掘り上げて、何かに使ってみますか。

 

2015102301

 

刈ったレモングラスは丁寧にチリを取り、水洗いしてから刻んで乾燥。そうしてようやく保存できる格好になります。

※大原の住宅はホントに湿気が多いので、こうした乾燥物の保存には気を使います。我が家ではボルミオリ・ロッコのフィドジャーを使用。しっかり密閉できる、そこそこの容量のものが安く手に入れられるので(笑)画像のものは3Lの容量です。これに、しっかり乾燥させたハーブをぼんぼん入れて、さらにシリカゲルを入れておくと、少々のことなら大丈夫ですよ!

※レモングラスのドライはシングルでも販売中。他にもドライハーブ類、パックで販売しております。ペパーミント、レモンバーベナ、ネトル、などに加えて、ブレンドも数種類。ご興味ある方、ご連絡くださいね(^^)

さて、画像には、紅くるり大根の、できそこないのカットとバターナッツも。まず、できそこないという表現。紅くるり大根は皮も中身も赤いサラダ用・生食用大根。ところが、先祖がえりする割合が結構高めで、1割弱白い皮のものやバイカラーのものなどがまじります。そういうわけでできそこない。食べる分には全然できそこないなんかじゃないのですよ。だけど、販売するにはどうしても避けなければいけません。キレイな色しているでしょ!

——————————————–

余談ですが、消費者の立場にたてば、野菜の規格が揃っている必要はない場合が多いですね。農家も食べる分にはだいたい出荷できなかったできそこないの野菜が食卓に上がります。出荷できない規格外の野菜は廃棄されます。音吹では規格外野菜として一部出荷したり加工したりしますが、それでも廃棄野菜の量は相当あって悩みどころのひとつです。ただし、簡単に廃棄野菜をぼんぼんと人に配るのも、農家は農家で自分で首を絞めることにもつながります。なぜなら正規品を買ってもらえなくなるからです。そうすると、一生懸命栽培してそれで生活する農家は生活が厳しくなります。正しい選択なんて無い、難しい問題ですよねぇ(^_^;)ただ、救いとしては、廃棄される野菜は堆積させて堆肥として、また次なる野菜たちの養分として、土に還元されることです。決して無駄に廃棄されるだけ、ではありません。…そう思わないとやってられない、という部分もあるかもしれませんけど。

——————————————–

バターナッツは、ディスプレイ用に欲しいというお申し出をいただき、少しピックアップしてみた次第です。小さいものはカワイイですもんね。

バターナッツや冬瓜など、貯蔵夏野菜もそろそろおしまいが近づいてきました。保存して食べているタマネギ、ジャガイモも少なくなってきたなぁ。いよいよ冬が近づいてきました。霜が降り、雪が降るまでにやっておかねばならない作業をこなしていく日々が始まります。

またね!

秋冬野菜の出荷スタート、大根の紹介。

以前働いていたスタッフさんが新たに産まれた赤ちゃん連れて畑に来てくれました。新生児かわいかったです!八百屋さんで働いていた頃、音吹で研修してた頃、結婚されて新生活を始められた頃、妊娠された頃、引越しされて出産を心待ちにされてた頃、そして出産後の今日と、めくるめくジェットコースターのような一年間だったのだろうなぁ。いろんな出来事、これから待ち受けているだろうけど、たまには畑のこと・野菜のこと・土の香り・里の音、いろいろ思い出してフラッと遊びに来てくれたら嬉しい。不甲斐なさ過ぎる我々でしたけど、いろいろ助けてくださってありがとう多謝!

さて。

今週の日曜朝市から本格的に秋冬野菜の収穫・出荷をスタートさせました。そして今日から町中への配達の再開も。

ルッコラ、赤リアスからし菜、ワサビ菜、ミニチンゲンサイ、紫水菜、浅黄九条細ネギ、あやめ雪カブ、大根類、などなど。これから秋から冬へ移行するにつれて、にんじん類やビーツなどなど冬が旬の身体温まる根菜が本気を出してくることでしょう。楽しみ!

 

2015102002

 

昨年はダイコンサルハムシにやられて、収穫がほとんどできなかった大根類。今年はそれなりにイイ出来!ふつうの大根や紅芯大根。そして画像は黒大根、紅くるり大根、ビタミン大根、紅しぐれ大根。

・ふつうの大根は、おでん向きの品種。トロッととろけるように、火の通りの早い旨味抜群の大根です。

・紅芯大根は球型、外皮は白、中身は赤、甘味の強い生食向き大根。

・黒大根はストッキングをはいたような姿。肉質しまってポトフなど煮込みが美味しい。

・紅くるりは皮も中身も赤い、サラダ向き大根。

・ビタミン大根は水分の少ない、おろし向き大根。煮込みには向かないけど、おろしや素揚げは抜群。

・紅しぐれ大根は輪切りにすると中心から放射状に紫の筋が入るサラダ向き品種、根の紫のグラデーションがキレイ。

それぞれ特徴があって面白いです。まだ間引きの状態で小さいですけども、これはこれで使い勝手も良くて楽しくなるサイズではあります。

どこかで手に入れて食べてみてくださいね!さぁそろそろ寝ましょう!

 

ニンニクを植えた、余ったニンニクを黒くしてみた。

先日、ニンニクを植え切りました!

今年は植える直前には50~60kgほどのニンニクがありました(乾燥保存後の重量。いくらかあげたり売ったりしたので正確には総収量ではないのだけど)。ですが、このうち、どのくらいの量を種として来年の収穫用に残すか、どのくらいの量を販売用にするのか、そのあたりがはっきりせぬままだったので、ひとまずほぼ全量をキープして植え切る時期を今か今かと待ち望んでおりました。

2015年作付けとしては、全長およそ330mの畝(3~5条)、植えたニンニクの総量は約35kg。

1mあたり約100g使用というデータ(より正確には1kgの種ニンニクで株間25cm4条の畝を9.2mほど植えたことになります)が出ました。来年以降、このデータを元に種として植える分、そしてお届けする分!を早い段階で選別しながら対応していきます!

にしても、何年か前に10kgだけ購入した種ニンニク。わずかな面積で始めたものが、こんなにも収穫できるようになってくれて、嬉しいものですなぁ。時期的にはちょっとギリギリだけど、少しずつニンニク販売していきますね。ご入り用の方は直接ご連絡くださいな。

otofukubatakeアットマークgmail.com

 

そして、こんなものも…

 

2015102001

 

黒ニンニク。

炊飯器の周囲をアルミホイルで囲い、その中にニンニクつっこんで保温すること約20日。途中、何度か撹拌して熱が平均に行きわたるように。

我が家は五合炊きのものから一升炊きのものにバージョンアップさせたので、使用してない五合の炊飯器を使って。芳ばしい香りをあたりに漂わせながら。

毎日一片ずつ食べています。

そもそも黒ニンニクとは生ニンニクを発酵・熟成させることにより、

・栄養価を高め、

・香りや風味を良くして、

・保存性を高め、

・抗酸化作用を強くする、

などの効果を付与させたものです。ようするに老化やガン予防、血液サラサラ効果がありますよという。

そんなわけで何がキッカケなのかよくわからないけど、流行っておるようですね。ちなみに味はドライフルーツのように、甘味が凝縮された感じ。美味しいですよー。

※完全受注販売、承ります!価格などは決めかねておりますので応相談(^^)v欲しいという方は直接ご連絡くださいな。運がよければ気まぐれでどこかの出店にて並べているかもしれませんので要チェック!

 

ではでは、植えたニンニクが来年もたくさん収穫できますように…。またね。

バランスをとりながら着地する。

昨年、お友達から、無期限レンタルという名のKARIPAKU!頂戴しました!な、有り難き温情を得てデジタル一眼レフを使っております(ご了承いただいておりますので、通報はなしに願います)!ところが、どうしても野良仕事には、土けむり・砂ぼこり・突然の雨などなど精密機械にとってよろしくない環境がついてまわります。加えてぼくは、いちいち告白するまでもありませんけれども、とにかくもってものすごく面倒くさがり屋です。そんな事情がいろいろ重なり、最近は畑の日常を記録におさめるのに、カメラの割合が減りスマホを使用することが多くなってきました。

しかしながら撮影した画像を後ほど投稿するのにチェックすると、やっぱりデジタル一眼レフの画像の美しさには感動します。スマホの画像も決して汚いわけではないものの、比較すると荒かったり淡かったり、マクロがマクロになり切れてなかったり、あと一歩ー!!って残念に思う点が目に尽きます。

このあと一歩!って部分を、追求できる人と、できないぼくみたいな奴との違いって、ことのほか大きいように思いますねぇ。なんというか、この人やっぱすげー!って思える人って、程度や種類が違っても、このようなニュアンスの、ぼくなら踏み出せない“あと一歩”を踏み込んでいる人たちのように見えます。すげー人とたくさんお付き合いして、負けてらんねーって思いながら日々過ごしていきたいものですねぇ(^^)

2015101901

 

そして突然の話題切り替え。

こちらの畑に植わっているのはビーツです。ここのところ、生育の具合や収穫の時期を質問されることが最も多い野菜かもしれません。

およそ5aほどの畑で作付け中。

——————————————-

※農的あれこれ。農地の単位について。

1a(アール) =  100㎡ = 約1畝(せ)  = 約30坪(つぼ)

10a = 1000㎡ = 約1反(たん) = 約300坪

100a = 1ha(ヘクタール) = 10000㎡ = 約1町(ちょう) = 約3000坪

——————————————-

ビーツ、今年は8月下旬直播。

土の状態が非常に悪い畑であったことが影響して、発芽間際のビーツがバタバタと死んでゆくという事態、どうしよーどうしよーやっべー!って焦りに焦っておりました。

農薬や化成肥料を使用しない農法、土が勝手に野菜を育ててくれるに、ある程度おまかせする農法ですと、病気が出たり虫の害がひどくなったりした時に、何も有効な手立てを施すことできずガックリうなだれる他ない!といった事態に陥ることが多々あります。

それでもなお、農薬や化成肥料に頼らずに野菜を育てようとするならば、そこに、自分なりの明確な答えというか、信念のようなものをしっかり持ってないと、焦りに焦った時に、どういうアクションに走るか、わかんなくなってしまいます!

今回は、というか、対処法として考えられることをしてしまった後は、野菜の生命力頼み!そう、このビーツたちは非常に頑張ってくれまして、育っている量は少なくなってしまったものの、何とか収穫までこぎつけそうといった結果に落ち着きました。

その、自分なりの明確な答えというか、信念のようなもの、があると、ようするに、野菜を信じて我慢できる!ようになる、とぼくは思うのです。案外とこいつらは自分なりにがんばって何とか育ってくれたりするものです。もちろんどうしようもないほど大きな被害の病虫害だって中にはあるから、ここらへんまでは野菜を信じて大丈夫!ここから先は放置してたらダメ!って線引きを経験から得ることは大切なことですけれども。

にしても、信じて待つ・我慢する・何もしない、って…勇気がいることでしてねぇ(^_^;)

で、ね。

こんな具合に、育てた野菜を売る農家としてやっております中、この一、二年とくに考えていることとしては、専業農家として重要なことは再現性(質、量、姿形、味などなど)なんだなぁと。

音吹では去年ビーツとニンジンがとても良く育ってくれまして、たくさんの方にお届けすることができました。こうすればちゃんと育つ!という、ある程度の、自分なりの経験則を得ても、例えば驚異的な病虫害によって、去年は良かったけど今年はダメでした!…よくあるんす。

毎年、音吹はこの時期にこの野菜を準備できる!という、安定した供給力、すなわち毎年同じことが再現できる力、これはもう当たり前な言い方をすれば技術でしょうけど、やっぱりそこらへんが何より重要だよなぁと思うわけです。

とは言え、技術の追求と確実な安定供給は、ともすれば野菜をコントロールするという視点に寄りがちなので、そこはバランス。自然にはどうがんばっても抗えません、ここはレットイットビーやろ!?と自然を尊重する部分とのバランス。

そこらへん、自分なりに納得いくよう着地できるようにしていきたいものです。

 

2015101902

 

ホウレンソウ。本葉が見えてきました。

あまりにも晴れが続き、土がカラカラのド乾燥状況。秋冬は自然の降雨に頼るのみ!なんて叫んでおりましたが、さすがに無理!待てない!

ということで、10月以降の種まき分についてはポンプによる水やりを連日行うことに。

結果、ホウレンソウ、何とか出揃ってくれたというところです。

さきほどのバランス感覚で言うと、水をやる農家もいれば、自然降雨を待つ農家もいて、音吹は必要に応じて機械に頼って水やりする農家、というポジションにいるのでしょうねぇ。

約一反ぶん。12月中旬以降から2月にかけてダラダラと収穫していく予定です。積雪が少ないことを、今から祈っております!ではまたね!

2015年秋、イベント出店info。

朝晩と日中の寒暖差が大きな近頃の大原です。夏の間、畑でいらぬ主張を訴え続けていた、主に単子葉の強靭な雑草たちも、この晴れ続きでカラカラに乾いて抜き去りやすくなっています。次から次へと畑を片づける日々、何となく快感すら覚えるようになってきました。

今年は朝市をのぞく各地での出店やイベントを控えて畑仕事に集中!と位置付けておりましたが、なんのかんのどこかしらでの出店がありました。有意義な出店ばかりでした。息抜きやメリハリとして今後も続けていければいいのかなぁと、初志貫徹超苦手フワフワダラダラな意思薄弱ぶりを躊躇なく露呈する園主でございます失礼!

10月後半、そして11月もいくつかの出店を控えております。紹介しますね。

川端七条にて、みのたけな店主たちが昼間からワイワイ呑み語る【みのたけ商店ズ】、いつものように新風館にて月一開催の【パタゴニアオーガニックマーケット京都】、大原寂光院参道沿いの古民家古道具屋さん【ツキヒホシ】さんでの【縁側マルシェ】

もちろんいつものように、毎週日曜日早朝から開催の朝市にも出店しています。どこかしらでお会いできること、楽しみにしておりますね!

以下出店の詳細です。

——————————————————————————

みのたけ商店ズ18thweb

日時  10月25日(日) 11:00 – 17:00

場所  京都市東山区一橋宮ノ内町7-24

川端七条の元喫茶店スペースにて、不定期開催の昼から呑み語れる場所。顔見知りの方々のご来店が主ではあるようだが、一見さんお断りというわけではありませんよ!社会や政治、地域や仕事、みのまわりを取り巻く様々なことを呑みながら語り合いましょう!音吹は日曜朝市出店後、11時過ぎ頃?~二時間から三時間程度滞在売り子しています!お昼時、その界隈いらっしゃる方ぜひぜひいらしてくださいね(^^)

——————————————————————————

パタゴニア京都店前オーガニックマーケット京都 → web

日時  11月21日(土) 10:00 – 16:00

場所  新風館パタゴニア京都店前

毎月第三週土曜開催、新風館パタゴニア京都主催のオーガニックマーケット京都。9月に新風館一階フロア全域を使った大きなマーケットが開催されて以降も毎月開催されています。京都・滋賀のオーガニックライフを良しとする素敵な出店者さんが集まります。今回のチラシ、どこかで手に入れて見てみてね、音吹ブース、チラッと載せていただいております(^^)v

——————————————————————————

縁側マルシェ → web

日時 11月7日(土)、14日(土)、19日(木)、21日(土)、22日(日)、23日(祝月)、27日(金)、28日(土)、29日(日) 11:00 – 16:00

※音吹の出店日程は未定です。決まり次第、告知します!

場所 古道具ツキヒホシ 左京区大原草生町70(寂光院参道沿い)

大原が紅葉につつまれる頃、古道具ツキヒホシもうっとりするような紅葉にそまります。常連さんも、遠くから観光に来られた方も、ご近所さんも、この一年で一番美しいひとときをツキヒホシの縁側で一緒に過ごしませんか? ツキヒホシさんの文転載

——————————————————————————

以上に加えて、毎週日曜日は里の駅大原駐車場構内にて6:00 – 9:00朝市あります。こちらも毎週欠かさず出店いたしますので、ぜひぜひおいでください。お待ちしておりますね!

燃やしてイモ食ってワラ集めてショウガ掘る。

若い頃と違って肉体疲労の回復がおっついてこない三十代半ばになると、秋冬の冷える夜にシャワーだけではちょっと辛くなってきます(我が家には湯船がない(*_*))。昨日は早めの晩御飯の後、家族で銭湯に出向きました!開放的な温泉は大好きだけど、閉塞的な銭湯はいまひとつ好かんかったのですが…いやぁ気持ちいい!ゆっくり温かいお湯につかると疲れた身体がほぐされますなぁ、この国にお風呂という文化があって良かった(^^)

雨降りに合わせて作業スケジュールを組んでいた先月とは打って変わって秋晴れ続きの十月、気持ちも晴れやかに作業の手も進みます。この乾燥激しい晴れの中でしかできない作業もたくさんあります。

先日はハンマーナイフモアで夏野菜の残渣(ざんさ)を細かく刻むというお話をしました(【夏野菜を粉砕してはまた畑をつくる】参照)。そうして緑肥とすることもあれば燃やしてしまうこともあります。昨日はそんな燃やす必要のある夏野菜残渣など諸々をボボボーッとやりました。

乾燥してるから燃える燃える!もう一瞬で灰。汗をかくくらいの高温ですが、少し肌寒くなってくる秋には心地いい作業です。

そして焚火と言えば…

 

2015101501

 

焼き芋!

今年初焼き芋!濡れた新聞紙で包んで、さらにアルミホイルで包んで、置き火程度の頃に灰の中に突っ込んでおいて、頃合いを見て取り出して。

残念ながら音吹産のサツマイモではないのですが、うん、美味しかったです(^^)

昨日はそんな晴れが続いていい乾き具合の日にこそやりたい作業をこなしました。

 

2015101503

 

稲ワラをゲット!

友人知人に声を掛けて、稲ワラをいただきます。今年は田んぼをしていないので自家製ではないのが残念っちゃ残念ですけど!稲ワラはホントに優れた有機物です。特に夏場にその力を余すところなく発揮!地温抑制効果は、化学資材のビニールマルチの中でも、最も効果的な白黒ダブルマルチ(表が白、裏が黒。主に夏場に使用されるマルチ)よりも実はすごかったりします。水分保持にもうってつけ。夏野菜終了後は良質の堆肥としてまた土を肥やしてくれます。

使いたい夏場の、前年のこの時期に、回収してしっかりと保管。毎年活用しています。

 

2015101504

 

濡れないように軒先にこづんでこづんで…。

今年はたくさん回収できそうですので、夏野菜の株元敷き以外にも用途を検討できそう。稲ワラカッター購入を検討しようかな…。細かく刻むカッターがあれば、夏野菜育苗に何よりの味方、有機物踏込温床ができます。カッターなくても押切があればできるけど、これは相当量使う温床の場合は大変過ぎるしなぁ。踏込温床についてはまたいずれどこかで紹介しますね!温床は、昔ながらの農家の知恵として、極みのひとつだと思います。

集めるだけ集めておきましょう!!

 

さてさて、こんな日にやりたかった仕事のひとつ、この野菜の掘り上げ!

 

2015101505

 

…怪しい!

すいません、あまりにも嬉しくて!

ショウガです!

実はこっそりと植えていたショウガ。三州ショウガと言って、一般的な大ショウガと比較すると辛味が強く繊維が少ない、小ぶりのタイプです。すりおろしても色落ちしにくい黄金色で、黄ショウガとも呼ばれるそうです。

ショウガくん。20kgほど植えつけていたのですが、その隣の畝に冬瓜を育ててしまいまして、この冬瓜くん、傍若無人に育ち放題しなさるものですからショウガの畝の上にボワーと広がる広がる!どこにショウガがあるんやーこれはもうあかんわー…と嘆いていたのですが、半日陰状態が好適生育条件のショウガにしてみれば冬瓜のツルの下に隠れて真夏の日差しをこっそりと避けて、抜群ではないもののそれなりに育ってくれていたのでした!やったー!

※冬瓜はホントにボカスカ伸びて、ショウガの畝の逆隣にはアマランサスや柿の木がありましたが、そいつらにも絡みつきまくって、しまいには柿の木の大きな枝にぶら下がり何個も何個も実をつけて加重かけた結果、ボキッと折ってしまうという。恐ろしい生命力です。以後気をつけて作付けせねば。という余談。

ショウガはとにかく保存に気を使う作物だそうです。大型の温度・湿度調節機能のある保管庫でもない限りは難しいらしい。

温度15度に保つことが最低条件だそうで。そして湿度に関しては、わりといろんな意見がある様子。90%の高湿度保管を薦める人もいれば、湿度は高すぎてはいけないという人もあり。よくわからぬ。

そんなわけで十月いっぱいかけて少しずつ掘り上げて、朝市でのにぎやかし程度にいたしましょう!

 

2015101502

 

茎葉を切り落としている様子。

すぐに茎葉を切り落とすことが鮮度保持・保存の第一条件だそうですよ。茎葉の付け根の部分はうっすら桃色でとてもキレイです。この桃色は自然に落ちていきます。

しばらくは新ショウガとして、時期を少し過ぎたら、ひねショウガとして出回るものらしいです。面白いなぁ、ショウガ!

喉が痛いなぁという時、自家製ジンジャーシロップをお湯で溶かして飲みます。ここのところやたらと飲むものだから、もうシロップがなくなりつつあって、あぁ良かったこれでまた今年一年大丈夫、と安堵しました。

いろんな野菜を育ててみると、やっぱりそれぞれに特徴があります。どれも、収穫は嬉しいものですが、このショウガについては妙にテンション上ったなぁ。

さぁさ、脅威のブログ更新率に誰よりも自分が驚いておりますが、例によってそろそろ夜が明けます。今日も一日、がんばりましょう!またね。

10月中旬の畑や野菜の様子を少し見てください。

近頃ラグビー話で盛り上がる音吹スタッフさん、ぼくはラグビーのルールがまったく分からぬゆえ、話の輪には入れないが日本代表の快挙はちょっと簡単に快挙!と言っていいレベルの話ではなさそうなとんでもない出来事だったようですねぇ。おめでとうございます(^^)

しかし何故日本代表に外国の方がたくさんいらっしゃるのか、ルールはひとつも調べてもいないのにそれだけ調べてみたところ、

①出生地が日本

②両親、祖父母のうち一人が日本出身

③日本で3年以上、継続して居住している

このいずれかをクリアしていると代表になれるんですって。これは日本に限らずどこの国でも同じような権利が認められているのだとか。ふーむなるほどなるほど。この外国人枠はそもそもラグビーの強い国弱い国の格差是正のために用いられた制度なのだとか。あまりにも強弱の差が激しいこのスポーツに等しく多くの国に戦える権利を、そして振興を、というところか。

違和感をお持ちの方も多い様子のこの外国人枠、批判も多くあるそうで次回W杯までに撤廃を、という声も。早ければ今大会終了後には撤廃議論本格化という噂もあるらしい。

日本代表、というか日本のリーグ代表、みたいな名前にしちゃったらいいのか?それならあれか、クラブW杯的な位置づけになっちゃうか。うん、よくわからん。だけど撤廃論の声が上がって、しょうもない話題に進んでいくのは嫌だな。転び様は個人的にはどっちだっていいのだけど、今大会の素晴らしい選手の素晴らしいプレーに水を指すような話にはならないでほしいと思う。

—————————————————————————-

さぁ、なんでラグビーの話を始めてしまったのか、全くわからんです!本題は最近の畑や野菜についてだよ!

2015101306

大根の畑!

ダイコンサルハムシ、カブラハバチ、ヨトウムシ、モンシロチョウ幼虫などなどの襲来もそこそこ見受けられるものの、今のところ壊滅的な被害は被ってないように思われます。

この晴天とそれに伴う乾燥がもうしばらく続くようならオムシサマ達の攻撃もちょっと心配になってくるところですが、まぁおそらくここまで大きくなってしまったら根部は問題なく育つでしょう。

青首長大根(ふつうの)、紫大根(紅しぐれ)、黒大根、ビタミン大根、桃大根(紅くるり)、紅芯大根、と6種類育てています。

ちょっと品目多すぎたか、もう少し絞っても良かったか。

気になってるのは鹿!

先日スタッフ植前と一緒に追いかけたところ、見事に電柵の隙間をぴょーんと飛んで逃げてったバンビーナが一頭、この畑近くのどこかしらを根城にフラフラしていなさります。昼日中から徘徊するもんだから…。

ファンクなウイルスみたいなオマエ、とっとと山に帰っておくんなせいよと祈りながら柵強化を図りましょう!

 

2015101307

こちらはカブの畑。カブと言っても根上部の太陽にあたった部分が桃色に染まるアヤメ雪カブです。

9月中旬に蒔いたものがイイ感じに育ってきています。段々畑のひとつに育て、そのまた下の段の畑に第二弾のアヤメ雪カブを時期ずらして蒔いて育てて。

段蒔き(だんまき)と言って、同じ時期に一度に蒔くと収穫時期が重なっててんやわんやになることを防ぐために生育・収穫時期を少しずつずらしながら種蒔きする方法です。

ちなみにここの畑もさきほどのバンビーナの徘徊エリアのひとつ。

 

2015101309

こちら、右側の畑はいよいよ18日日曜日の朝市から収穫を開始しようと検討している葉物の畑。左側は少しずつ生育中のニンジンの畑。

今年は葉物の作付け量が例年に比べてホントに少なくて、おそらく一時で出荷終了を迎えそうです…ごめんなさい。

これには理由がありまして、音吹の畑の現況としてカビなどを主とした白斑病を保菌している畑が現在増えていることがそのひとつ。考えられる理由としては、使用している畑の前借主の主要作物がスグキであったことが何よりの原因だろうなと。白斑病の病原菌は越冬するそうで、被害落葉から土壌にたまっていく様子。単一アブラナ科作物の連作により病原菌の密度がどんどん濃くなっていった結果でしょう。

単一作物の連作はホントに考えものですね。土壌のバランスが崩れる一方だし、いくら効率が良くて経営的に成り立ちやすくても、長い目で土のことを考えた農を心がけていかねば、とこういう病害に悩まされて強く考えるようになりました。

ここ数年はアブラナ科葉物のかわりにホウレンソウや菊菜、ビーツやレタス類など、キク科・アカザ科の作物で乗り切る予定です。コメができる畑では水田も検討しなきゃいけないな。

とか言いつつ、今年も保菌している畑で諦めきれずにアブラナ科蒔いたんですけどね先日。

ちなみに作物の種類が少しずつ違うのが、畑にはっきりと葉色の違いとして現れていますね。まっすぐに畝を立てないで、おかしなカーブを描いた畝立ての様子が見えますね。

当初はまっすぐ畝が立つように畑づくりしていたのですけど、次第に面倒くさくなっちゃって、気がつけば畑の形に抗わないで自然な畝を立ててたらこうなりました、最近はずっとこんなふざけた畝。排水のこと考えたらこんな畝よろしくないのかもしれないけど、見た目…おもろいっすよねぇ(^^)v

 

2015101308

試し採りの野菜たち。

かわいいですねぇ(^^)/名残の野菜も最後の力を振り絞ってギュギュッと旨味を凝縮させていますし、走りの野菜はみずみずしい若さ溢れるフレッシュ感が口に広がります。

ネギなんかは、実は黒斑病もしくは最近ネギ産地でものすごく流行っているらしい葉枯れ病にしっかりかかってしまって、現在激しく病気もち。姿は正直まったくよろしくないです。白い斑紋がちょこちょこちょこちょこっと葉に見えます。だけど食べると何の問題もなく美味しいんだよねぇ。

ネギの黒斑病・葉枯れ病はみとりでの区別がつきにくく、重複してもよく発生するそうな。やっぱりカビの一種が原因で、8,9月の高温期に草勢が衰えると発生しやすいらしい。元肥を抑え過ぎたのが原因?もしくは少し早く植え過ぎたのか?ネギアザミウマという害虫の食害から感染しやすいそうで、早めの防除を、ということだそうですが、当然音吹は農薬使用しませんので放置です、あとはネギの生命力に頼るのみ。

姿は悪くても味は良いから、そんなネギでもいいよーくれよーって人、お声掛けくださいね!!

さて、他にもたくさん作付けしてるところお見せしたいところですが、明るくなってきましたのでそろそろおしまいです。

最後に…

 

2015101305

金魚草。スナップドラゴン。

 

2015101304

ナデシコ。

 

2015101303

ビオラ。

音吹の野郎、脳内だけじゃなくて畑までお花畑にするつもりか、と突っ込まれそうですが、畑のはしっこに花をササッと植えています。

専業農家なので今のところエディブル主体ですけど、いずれはチューリップやコスモスなんかも植えたお花畑をつくりたい!

わっさー!と花が、こう、わっさー!と揺れてるような。

夢だよ!では皆さま、ごきげんよう。