山里・京北を訪ねる。

12日、日曜日の朝市出店後、若干の体調不良を押して長男くんとおとこ二人旅、と言ってもすぐご近所と言えばご近所の京北へ足を伸ばしてまいりました。

京北には新規参入された農家さんが点々とおられまして、間接的に名前だけ知ってるー、だとか、一度お会いしたけど畑は見たことない!だとか、そんな具合でして、でもここのところ(ぼくの)山志向がやたらと高まっている今、ひとまず行っちゃえ、と。

今回頼ったのは【耕し歌ふぁーむ】の松平さん。

ここ最近の日本農業で言いますと例えばTPPなど時事問題にとても精通しておられ、深い知識と洞察力でわたしたちのような小農家がこれから先の日本でどうして農に関わって生きていくのか、ただ種をまき育て野菜を売る、だけでない研究者としての視点から農に携わっておられるような、それでいて奥様とともに里山の暮らしを楽しんでおられるのだろうなぁという、そんな印象を受けました。

【耕し歌ふぁーむ】さんのwebは、自身の活動や農産物の紹介などの他に、右京区京北の歴史・風土・地理、桂川の流域に広がる農地の現況・問題など読み応えたっぷりです、ぜひご一読ください(^^)

見聞きした上で思うところ、鹿・シシの害とどまるところを知らぬということが容易に見て取れる獣害柵の数・数・数…獣とどうお付き合いしていくのか、ここが問題かと。これは大原の比ではおそらくないです。集落が桂川流域沿いに点在していて、これでは獣たちの防波堤にならないのでしょうね。とにもかくにも山で暮らすとは、当たり前と言えば当たり前ですが簡単なものではないなぁというのが何よりの印象でした。都への材木供給地としてもともと林業で栄えたのが京都近郊の山里の歴史、杉の価格が暴落してからその暮らし方の転換を余儀なくされて大変だったんだろうなぁ。

杉を見るたび、子孫のことをとにかく考えて何本何本も苗木を植えてこられたご先祖様たち、その熱心な行為が子孫の繁栄に結びつかない現代社会に、長期的なスパンで物事を見据えてアクションを起こすことの難解さをいつも思います。

大原は大原でもちろん山の恵みを受けて暮らしを紡いでこられた里ではあるのですが、山深さで言うと京北のあたりのほうが深い場所にあります。恵みも、反面その怖さも、より密な距離で山との関わりが昔から在ったのでしょう。

さて、京北の旅ですが、他にもちょこちょこ畑を見せてもらいながら、訪問当日開催されていた京北最大のお祭り【山国さきがけフェスタ】を訪れました。

 

2015101301

 

鼓笛が里の田畑に鳴り響いて勇壮でしたね。大政奉還後の鳥羽伏見の戦いで、京北のこのあたりから山国勤皇志士隊として出向いた当時の人たちを偲び讃えるお祭りのようです。

志士隊の行列に続いて神輿がゆらゆらと、かっこよかったですよ(^^)

この行列に加えて地元の方々が農産物や加工品、食のいろいろを並べて出店、山国護国神社の参道と言いますか農道にテントが並んでゆっくりほっこりさせていただきました。

実はこのお祭りの後、予定では京北でもうひとつお祭りを観覧し、それから亀岡で毎月開催のとうかげん平井くんちの交流会が久しぶりの日曜開催とのことで参加させてもらう予定でしたが、自宅待機中の妻がまさかの発熱…もうほんっとに残念ながら…帰らざるを得なくなったという…(T_T)

そんなわけで松平さんのお話も中途半端にしか聞かせていただくこと叶わず、実を言うとかなり消化不良のまま今回の農家さん弾丸訪問ツアーを終えることになったのであります。

 

2015101302

 

焼き芋ほおばって食い気は満足したものの、この後帰るよと父から告げられ、行きたかった温泉のことを思って泣きじゃくり暴れまわった長男坊主。泣き過ぎて疲れて車の中で爆睡しながら帰路につくという。

この埋め合わせは必ずどこかでするぜ!と口約束。そんな朝市後、少し肌寒い10月ある日の午後でした。またね!

夏野菜を粉砕してはまた畑にする。

台風の影響なのでしょうか、日中かなり激しい風が吹いているここ二、三日。秋晴れ続きで乾燥した畑の砂が舞い上ります。

大原の里に日々通ってくださる料理人の方々たくさんおられますが、草分け的存在で大原の里の恵みの豊かさを各地に広げてくださったお一人と言えば、銀閣寺の摘み草料理なかひがしさん。畑で作業してると、何かないかー?大原の農家にとってはまぁよくあるいつものシーンです。今日は逆にこちらがいただきました、へしこ!残念ながら画像はないけど、少し肌寒さを感じる最近の夜、ビールから熱燗へ晩酌の主役が変わりつつある我が家に極上の肴(^^)

食欲の秋、いよいよ到来!今年も美味しいものいっぱい食べたいものですなぁ。

 

そんな秋の、種まきラッシュ、ここのところ何度も言いますように最後の追い込み真っ只中。この時期の我々の強い味方をご紹介しましょう(^^)

 

2015100802

ハンマーナイフモア!

自走式の草刈り機でございます。草刈り機、と言うよりも草木粉砕機、とでも名付けたほうがしっくりくる、有機物を積極的に投入して土を肥やすことを第一に考える農家にとっては頼りになる奴です!

刈幅65cm、価格40万円弱のスペック、メーカーはOREC。

高いわ(笑)

まぁしかし高いだけあります、こやつは。いったいどういう時に使われるかと言いますと…

 

2015100803

 

じゃーん。

ここは唐辛子類の畑。およそ60m長の畝4本。ピーマン、万願寺とうがらし、伏見とうがらし。全部で400株くらいでしょうか?今年もがんばってくれました、ありがとうね!

これはビフォー画像ですよ。

感謝しつつも、いよいよ収穫を終了させて片づけましょうね。そんな時に登場します、ハンマーナイフちゃん。

およそ1時間後…

 

2015100801

ズギャーン。

…な、何もねぇ。あれだけ緑みどりミドリしていた唐辛子たちはモアによって細かく粉砕されゆきました。

正確には支柱を引っこ抜いたり、フラワーネットを外したり、モアで粉砕する前段階の作業があるのでもう少し時間はかかっていますが、モアによる除草・粉砕作業時間自体はほんの1時間程度でしょう。

※音吹は唐辛子類の棚にフラワーネットを使用します。まだ小さいうちにフラワーネットを設置、唐辛子類の生長に伴い枝の先端が随時ネットを突き抜け、誘引の代わりとします。ネットに支えられて倒伏が防がれます。ピーマンの産地では株の横に番線などを胴張したり、あるいはV字に立てた鉄支柱を元に胴張そしてジュート(麻紐)を使っての誘引をしたり、様々な方法があります。

これはちなみに10月7日、昨日の画像。今日は、スッキリ何もなくなった畑に肥料を撒いて耕し畝立て。少し畑を寝かせて来週にでもまた何かしらの種を蒔きましょう、というところ。

つまるところ、このハンマーナイフちゃんのおかげで、唐辛子を収穫してから片づけて次作の種蒔きまで(その気になりさえすれば)2日あれば行き着いちゃいますよ、という。

いやぁ、良くも悪くも費用対効果を感じます。このハンマーナイフモアを購入する以前は草刈り機で刈った唐辛子類などの株を畑の外まで運搬、水分が抜けて乾燥するまでの少しの期間置いておいて野焼き処理するという。手間も時間もかかるし、実は法律上野焼きはよろしくない行為だったりするので、モアはそのあたりの問題点をまるっとクリアしてくれました。その上、細かく粉砕された植物残渣は土中の微生物にとって断面が多くてエサとなりやすく、良質の土づくりに緑肥として有効でもあるという。

…高い機械は高いだけあるわ(しつこい)。そんなやつなのでした。昨年購入したのかな。今年はその実力を如何なく発揮しては我々を驚かせてくれました。

本当にありがたいこんな農機。使い方ひとつで非常に有用です。

その恩恵を受けつつも考えておかなければならないのは、いくら環境に配慮した農であろうともこのモアの命は言うまでもなくガソリン、有限の燃料により生かされているという事実。

持続可能な農業、生き方を模索する中で、結局のところ石油燃料に頼って、種の大半を自家採種せずに購入して、肥料もそのほとんどを他所から手に入れたもので賄っている。

自給とは何か、循環とは何か。そんなことをテーマにすると、音吹の農は、化成肥料が有機物や有機肥料に代わっただけ、そして除草剤や農薬を使用しないだけ、ただそれだけと言われればそれだけ、なのですよねぇ。

自虐的に考えているわけではありませんが、まったく無視するわけにもいかないところです。

眠たくなってきた。あぁそうだ、今ニンニク植えつけ中ですが、種ニンニクわりとたくさん余分が出そうです。最近はまっている黒ニンニクに化けていただこうか、販売しましょうか、それとも種ニンニクお探しの方、何かと交換しませんか?

さ、寝よう、おやすみなさいm(__)m

冬に向けてブログの更新頻度を上げていくぜという誓いっぽい何やら。

獣たちの時間が終わって夜が白み始めるのが、近頃では5時半くらいでしょうか。農家の外でのお仕事はお日様の活動時間帯に限定(ヘッドライト付けて収穫される方などもいらっしゃいます。コーンやレタスの産地は朝採りというか夜採り?!大変!)されるので、基本的にこれから冬に向かって労働時間が減ることに

…なればいいんですけども!

ならない!ならないんすよ、皆さん!

そんな時期はこれから前日の夕方以降に収穫した野菜を明け方からキレイに掃除してパッキングする、という出荷調整作業がこの時間に挟み込まれてきます。そして事務仕事。少しずつでも確定申告の提出書類づくりの前段階、売上集計や経費の振分などなど、そんなことをしていく時間となる、のか、なればいいな(^_^;)

存外面倒くさがり屋なので、ダラダラ過ごしていることも多いのですけども、少なくともブログはこれから頻繁に更新していこう、備忘録にもなりますし!もともと内容の薄いブログではありますが、頻度が上ったことにより内容がより薄くペラッペラになりながらも飛ばされないようにポストし続けることをこっそりと誓います。

2015100601

ラディッシュ、フレンチブレックファスト。二十日大根。9月5日に大根の種まきをしましたが、その時の余り畝にほんの少し。

10月上旬、例年であれば葉物野菜がぼちぼち収穫スタートしている頃ではありますが、今年は意図的に種蒔きのタイミングをいつもより気持ちだけ遅らせました。

葉物はまだ採れていないけど、先走って収穫が始まってしまったラディッシュ。

個人宅配を販売のベースになさっている農家さんは、ある程度の品目数を確保して収穫の時期を揃えるというハードルの高い作付を心がけなければいけません。常時数種類の野菜をお届けできる状況を保ち続けるのは難しいです。端境期をつくってしまい野菜セットをお届けできない期間がある、その期間をできるだけ短くすることも大切(これは個人宅配に限ったことではないでしょうけども、個人宅配の場合は端境期が長くなるとセット継続購入の意欲に直結していきます)

音吹はそのあたりが苦手で個人宅配をしていません(^_^;)

農家の販売のスタイルは様々です。皆さん、自分に合ったスタイルを見つけてやっていらっしゃるのでしょう。面白いですね!

さささ、もう夜明けてます。

今朝は珍しく早起きできた妻・ミサさんが夜明け前の町内・農道を散歩しに行きました。Nouson walking!気持ち良さそうです、何なら猪や鹿を見つけたら全力で追っぱらっていただきましょう(先日からある畑に昼日中から堂々と迷い込みまくってるバンビ野郎、見かけるたびに全力で追いかけていますが、野生の速度は当たり前ですが尋常じゃない)

それでは皆様、今日も一日、がんばりましょう(^^)

 

 

秋冬種まき最終局面というお話。理屈ではない、というお話。

4日日曜日は大原の運動会がありました。残念ながらぼくは秋冬種まき最後の追い込み作業で、朝市出店後からそのまま畑仕事。秋晴れの天高く、運動会の元気の良いアナウンスや歓声を遠くに聴きながら土にまみれておりました。

——そしたらX Japanの紅が流れてきて、なんだこれ!と吹きだしました。ちょいちょい流れてくるBGMに気をかけてるとプッと絶妙に笑えるものばかりでして。参加していた妻に聞くと、紅は三回も流れて爆笑した、とのこと、センいいなぁ(笑)—–という余談。

 

2015100503

 

トラクターにのりたくる種まきシーズンも最終局面に突入しています。

さて、この写真、長男撮影。

畑仕事に連れていくと走り回ります。最近はカエルや虫も怖がらず(以前は怖くて触ったり出来なかったのです)、捕まえては水がたまってる桶なんかの中に投入したり、を飽きずに繰り返したりすることも。

とは言え一人遊びだと、そのうち飽いてきます。一緒に遊んでくれーとせがむのですけど、ゆっくり遊んでもやれないからカメラを渡して放置!

気がつくと、彼の視点でとらえた面白いモノがたくさんデータに残っています。

ほんの小さな場所でも、こどもにとっては無現に広がるとてつもなく大きな世界。彼の感性では畑がどのように見えているのだろう。

願わくば、四季の移ろいや生き物の息遣い、草花の生育の様子に、里山に流れる音。そんなのの機微を敏感にキャッチできる感性豊かな人間になってほしいと思うけど…忙しいからとカメラ渡して放置してるようじゃダメですね(^_^;)

————————–

先日は、物々交換をテーマに安楽寺・地蔵縁日出店させていただきました。会場となった安楽寺は鹿ケ谷、奥まった山際に所在する決して大きくはないお寺ですが、美しく整備された庭、オシャレなカフェのような雰囲気の良い建屋。各々ファンを持つ魅力的な出店者の皆さまのお力でしょうか、平日だというのにたくさんのお客さま、いらしてました。

物々交換は大々的に告知していたわけではなかったけど、ちょいちょいお声掛けいただきましたよ(^^)v

草木染めの靴下、手袋、自作のポストカード、ヘチマタワシ、こども用のパーカー、パン、手作り食材、珈琲、お酒などなど、嬉しいものいっぱい!関わってくれた皆さま、ほんとにありがとうございました!お手伝いしてくれたり、気にかけて寄ってくれた友人、ほんとにお久しぶりの再会も、いい機会でした。またいつかどこかでやりますね。

こうした完成されたコミュニティのマーケットに参加するたびに思うのですが、思考・志向・雰囲気が近しい人が集まるものです。そりゃそうですよね。とても居心地がいい。

反面、待てよ…オレが野菜を食べてほしいのはドンキでたむろってるような暴論吐けばDQNみたいな人たちじゃねぇのか?、と思うこともあります。有機野菜に関心がある人に食べてもらうのはもちろん嬉しいありがたいことなのですよ。だけどそうじゃない人に訴えかけたいがために、今農業してるんじゃなかったか?と。

有機野菜?そんな宗教じみた野菜いらねーよ高いしよ!!みたいな人に、まぁこのキレイなミテクレでこの値段なら買うよ!って手にしてもらって、そして食べてみてもらって、うめーじゃねーか、これが有機野菜ってやつか、やるじゃねーか!って理屈抜きで感動してもらえるような。それが理想なのですけど。そして、その有機農、自然農が内包している様々な理念であったり大切にしてることに、何となく目を向けるキッカケとなれば、という。

あかん。

言葉で書くと理屈っぽくなるねんな、上手に伝えるのって難しいな(^_^;)いろいろと、他に書きたいことたくさんありましたが、頭の中で整理して推敲してるうちにそろそろ夜明けが近く、時間がなくなってきました(苦笑)

もうやめよ、畑行こ!また書きます。最後に…

2015100501

 

地蔵縁日、出店されていた、おんらく市場キヨシさんのブース。ひょうたんスピーカーがとてもいい雰囲気でした。

最近では錦林盆踊りの復活の取組に関わっておられたり。

何かやろうよ!って声掛けた時に盆踊りだと皆の食い付きがいいのよ!って仰ってました。

やっぱり理屈じゃないんだよなぁ(^^)/またね!