霧雨の大原を散策して、稲ワラで遊ぶ息子たちを眺めながら畦道でビール呑む休日もよし。

カテゴリー別に一日二投稿。このポストは大原でのある日の休日のお話。

もうひとつはこちら、野菜のお話→【山間の里で農に携わっているからこそ、より強く意識するようになった外したくない視点】

———————————————————————

秋の行楽シーズン、京都・大原は毎年大勢の人で賑わいます。

残念ながら、先週に引き続きこの土日も雨…。せっかくの気持ちいい季節なのに、せめて平日に雨をまわしてくださいよとお天道様にお願いしたいところですが、まぁしかしお天道様にとってすれば、オメー達ついぞ先日までは雨くれ雨くれと願ってたじゃねーの!!と怒られてしまいそうですね。

とは言え、雨の大原も美しいもの。お昼から霧雨にかわった今日は、大きな虹が里を東西に横断してかかっておりました。そぼ濡れた農道を歩くと、滴が落ちるまい落ちるまいと草に必死でつかまっている様子が。

朝市後、そんな景色を楽しみに、息子たちと男三人、大原を少しブラブラしました。

 

2015111101

 

寂光院の古道具【ツキヒホシ】。フラッと立ち寄り、少しお話。このあたりも紅葉がキレイ、秋の香りが漂っていました。

 

2015111508

 

【ツキヒホシ】で、は今月の休日の多くに【縁側マルシェ】を開催されています(今日はおやすみでした)。出店者のスケジュールや開催日程は【ツキヒホシ】webサイトをご覧くださいね。出店者の皆さま、それぞれに魅力的な皆さまばかり。古民家の古道具屋さんで、ゆるやかにたゆたう時を過ごせそうです。こどもも楽しめそうですね。

ちなみに音吹は、22日(日)、29日(日)に出店します。ぜひいらしてください。

【ツキヒホシ】の近くにはいくつかの民宿・旅館や土産物屋さんがあります。今日は、ずっと寄りたかった【大原山荘】の足湯カフェに。。こどもたちも気持ちよさそう、足湯でピチャピチャ。

大原散策の強い味方ですねぇ足湯!ビール呑んで、たまらん居心地です。寂光院ご来訪の折はぜひどうぞ(^^)

 

2015111502

 

これは何でしょう?

我が家の小坊主二人と、園友の小坊主と稲ワラの家の中??

 

2015111503

 

じゃじゃーん。

おーーー!!

大原の草木染めの館、【大原工房】の裏手の田んぼに設営された、こどもたち大喜びのイナワランド!(勝手にそう呼んでる)

稲ワラでつくられた造形物が置かれています、大原の保育園児たちがワイワイ遊んでいる姿を見かけることも。

今日はこの場所で、稲ワラで遊ぼうワークショップが行われていたのでした。

 

2015111501

 

こちらは同時開催の、クルミで染めもの、のワークショップで使われていたオニグルミやギンナンなど。

あいにくの雨で、開催場所は変更になっておりましたが、雨上がりの気持ちのいい午後、こどもたちは田んぼの中で、どろだらけになりながら稲ワラ投げて走り回って楽しんでおりました。

我が家の長男はあと二年で小学校に入学します。

ところが、その年の入学生は、今のところなんと二人!?競争原理が現実の社会において、この小規模教育は如何ともしがたいハンディキャップととらえられることもあるかもしれません。それは確かにそうとも思う。きれいごとやお題目だけで生きていけるほど社会は弱者に優しくないもんね。

だけど、この美しい里山で培われるであろう豊かな感性は、きっと都会の学校では得難い魅力的なアイディアを彼らに与えてくれるのではないだろうか、と大いに期待をしています。

 

2015111504

どうせなら協調性に長けるばかりで同調圧力にすぐ屈してしまうようなそんな人間にならずに、自分をしっかり保った人生を歩んでおくれ。稲ワラで遊べるなんて、この現代じゃあなかなか体験できないことなんだぞ。

と、普段は畑ばかりで放置しっぱなしの息子たちがのびのび遊んでる姿を垣間見て、畦道でビール呑む父でございましたとさ!

またね!

育てた野菜の行きどころや、食べてくれる人を想像しながら野菜を育てるということ。

日曜日、月曜日と京都・大原ではしっかりと雨が降り続きました。一雨ごとに寒くなっていく秋から冬にかけてのこの時期。皆さまにおかれましては、コタツやストーブをはじめ冬の準備を着々と進めておられることでしょうね。

先日の日曜日は朝市後おやすみ。長男と二人、滋賀県は日吉大社で行われていたマルシェ【お菓子なお茶会】に出向きました。紅葉が見頃な神社境内の中にある日吉会館という建物にて、美味しそうな製菓、お茶がたくさん並んでいましたよ。

出店されていた【OpenSesame】さん。昔まだぼくと妻が就農地を探してた頃、滋賀県膳所にあったそのお店を訪ねまして、京滋におけるいろいろな農に関わる情報をいただいたのでした。それからお店を閉められ、店主さまはロシアへ。ネット上でのお付き合いはあったものの、最後に出会ったのはまだ長男が生まれる前のこと。このお茶会にも、音吹のビーツを使っていただき、ボルシチやサラダを作ってくださっていました(おいしかった!って伝えるの忘れてお別れしてしまった、ヴィーガンとは思えないボルシチでしたおいしかったです!)。就農以前からも、就農してからも、たくさんの応援をいただいていた方の一人。

ほんとお久しぶりにお会いできて、ありがとうございました、と直接伝えることができました。(これが目的!)

 

2015111002

 

こんな具合に、たくさんの方々に応援いただき、農家として野菜を育てているわたしたちですが、今回ビーツがOpenSesameさんの手に渡ったように、当たり前ですけれども、育てた野菜にはそれぞれに行きどころがあります。

たとえば八百屋さんや、例えば料理屋さんなどなど。直接ないしは間接的に各ご家庭の食卓へ上ることもありますでしょうか。

九州で修業中は、基本的に野菜の販路は都市圏。ヤマト便にのっけてお届けでしたので、届いた野菜のフィードバックがあまりありませんでした。現在ですと、配達をしたり、あるいは朝市をはじめとした各地のマルシェに出店していると、こないだの野菜よかったよーこんな具合に使ったよーといったリアクションを直接いただけます。

 

2015111001

 

音吹のいろいろ大根や赤リアスからし菜をつかってパエリアをつくってくださいましたのは、北山ウェディングストリート沿いのキッチンカフェ【walan】さん(^^)

キレイ、おいしそう!(画像送ってくださいました、食べたい!)

こちらのコック畑下さん、畑にもちょこちょこ通ってくださるなど、昔からお世話になっています。料理人と農家、立場は違うけれども、同じように何かしらを目指してがんばってる人と刺激を受け与え合いながら成長していけるのはありがたいことですねぇ。

walan、ぜひどうぞ(^^)/

Walan(ワラン)
〒606-0915 京都市左京区松ヶ崎六ノ坪町5(駐車場:16台有り)
Tel:075-707-8989 Fax:075-707-6555

営業時間:11:30~21:30(ラストオーダー21:00)
ランチタイム/11:30~15:00
カフェタイム/15:00~16:30
ディナータイム/16:30~21:30
定休日:火曜(祝日除く)

 

これからの季節は風雪にさらされながら泥だらけになって、鼻水タラタラ垂らす土くさい農家です。そんな土くさい農家が収穫した野菜、調理してくださる方々の手によって美しく飾られて嫁入りしていく姿にはいつも感動させられます。

これは何も料理屋さんに限ったことではなく、ご家庭でも(そしてまた上手下手、美しい美しくないといった話ではなく)、たまたま手にしてくださった我々の野菜をつかって気持ちを込めて調理なさっている、そんな絵をイメージして、よーし!もっといい野菜育ててやるぞ!ですとか、あの人ならこういう野菜が好きなんじゃないのー?!って想像して種蒔くですとか、次へ次へと意識が、野菜を育てるだけでなく、育てた野菜を食べてくれる人へとお届けする、という具合につながるものなのですね。

そんなこともあるよ、というお話。

またね!

11月上旬の里山大原。畑や野菜はこんな様子です。

これはとても美味しい秋刀魚だよ!とイワシを出されたらその違いに気がつかない音吹じゅんです。内陸育ちだから仕方がないということにしといてください!

2015110605

今年の秋はなんだか心地がいいですね。朝晩の冷え込みもしっかりしている割に、日中は暖かで過ごしやすいです。人間がそのように感じる時には、とかく野菜にも同じことが言えるのだとお師匠様から教わりました。

実際、この秋の野菜の出来は良いと、そのように思えます。一部よろしくないものもありますけれども、概して。

今日はそんな野菜や畑の様子を画像中心にご覧ください(^^)

 

2015110609

 

種蒔き第二弾目のホウレンソウ、現在の姿。

これから冬本番の寒さがやってくるにつれて、驚くほどの甘味をその身に蓄え始める冬葉物の王様。

この調子だと秋のピークにはイイものが収穫できそうです。思ったよりも早まったけれども、先日の雨前に長期採りを狙っての追肥もこなせました。今年のホウレンソウは…期待してください、きっと感動してもらえると思う(^^)v

 

2015110610

このホウレンソウ。

前作(現在生育中の作物の育っている畑で、その前に育っていた作物)がしゅんぎくでした。咲いたしゅんぎくがキレイなお花畑になっておりましたが、やっぱり地面に落ちた種が発芽してきたね。見事な混植!

ちなみにコンパニオンプランツとして、ホウレンソウとしゅんぎくの組み合わせは……特に効果がない、のかな?

しゅんぎくはアブラナ科との相性が良いですよ。ホウレンソウはカブなどの生育を促進させたり、ニンジンの近くに植えてキアゲハを遠ざけたり、葉ネギの害虫を遠ざけたりといった効果があります。試してみてね。

 

2015110602

勝手に生えてきたしゅんぎくを紹介しましたので、勝手に生えてきたシリーズいっちゃいましょうか!

これはレッドアマランサス。

あわよくば雑穀、最低でも種取りしてマイクロリーフ、と思って作付けたのですが、ビックリ仰天、この春に鹿の餌食となってしまいました。

ところが、生き残って種をこぼした彼ら、秋のこの気候に反応したのでしょう、たくさんたくさん発芽してしまってます。

やっぱり雑穀だからなのか、かたい畦の上でもお構いなしに発芽します。ものすごいよ。

いずれ雑穀も育ててみたいなぁ楽しいでしょうねぇ。

 

2015110608

 

ビーツの畑の中で勝手に生えてきているのはこちら、ボリジ。

今にも開花しそうな、産毛が美しいツボミを携え始めました。

ボリジは多少の耐寒性があり、大原くらいの寒さだと越冬できない場合もありますが、場合によってはロゼット状になって乗り越えることもあります。そうして冬の寒さに耐えきった強いボリジは、春になって大きな株に育ち、たくさんの花を咲かせます。

春に育てたボリジから種がこぼれ落ちて、秋にビーツの畑の合間合間で大きくなりつつある。なんかいいね、巡り巡って育つ作物。越冬してくれるかな、楽しみです。

 

2015110606

 

こちらは越冬できません、ナスタチウム。和名はキンレンカ、あるいはノウゼンハレン。

長いこと畑に居座っています、春から霜が降りる頃まで。大原ではそろそろ霜が降りますので、このナスタチウムの命はあとわずかということになります。それを知ってか、現在多量の花を咲かせています。

江戸時代末期に渡来したこの花、観賞用としても長期間楽しめていいですね。

ピリッとした花、葉はエディブルフラワーの代表格。しっかりと味にも主張があって、サラダ映えする植物です(^^)

 

2015110601

さて、ではこちらは何でしょう?!

竹っぽい!ですねぇ。

これね、ワイルドフェンネルなんです。葉を食べるフェンネル。

春、植えつけたこのフェンネルは、忙しい時期に草取りが追い付かず、ボーボーの草の陰に守られて暑い夏をそのまま乗り越えました。その後、草をとってやって、トップの部分を切り戻してやったところ、節々からまた新たな芽が出てきたのです。

草ボーボーの中で、少しでも太陽の恩恵に預かろうと、彼らも必死だったのだと思います。草があるがために横には生育できず、上に上に伸びた結果、現在は株の下部がほんとに竹みたいに伸びて育ってるんだよ。

この栽培、うまく再現できれば、お皿の上でミニチュアの竹とササの葉ができそうですね(笑)

こういう突発的な、謎の生育をするから植物観察はやめられないですね、とても楽しいです。

 

2015110607

こちら畑の遠景。

こちらの畑は冬の本番あたりから収穫できればいいなと考えている畑菜、小松菜、ルッコラ、赤リアス、カブ、黄金カブ。

畑菜は間引き採りして、株と株の間を徐々に広くしていきます。そしてそのまま越冬。春になったら大株になった畑菜からはたくさんの菜の花が採れます。

これは大原の農家さんの昔ながらの方法。勉強になります。田んぼやアカジソの後作(同じ畑で、育てた作物の、その次に育てる作物ってことね)としての畑菜栽培、ぼくも今年は初挑戦です!

畑菜の菜の花採りと同じ時期に摘み取れればいいなと、一緒にコウサイタイも育てています。

今日は、同じ畑にホウレンソウの種を蒔きました。春採りの予定、そして発芽はこの日月の雨頼みの予定(笑)

うまくいきますように。

そんなわけで畑もどんどん植えつけを進めていますが、まだビニールハウスの中で育苗中、植えつけを待ってるものも少しあります。

 

2015110604

 

矢車草。

そろそろ植えてやらないと苗箱の中で育ち過ぎになってしまいます!青々としたイイ色。こちらも冬前に植えつけて越冬、根っこを張り巡らせて春に大株にする計画。たくさん咲いてくれればいいですねぇ。

 

2015110603

育苗中の壬生菜。

これも春採り予定。これだけ小さい頃は、本葉はもう壬生菜してます。かわいい丸葉です。いつだったか、同じ大原の農家仲間、【つくだ農園】の渡辺夫妻からもらったのだったか、彼らの家で食べさせてもらったのだったか、壬生菜のパスタ、美味しかったなぁ。

来春には食べられるんだろうか、これまた楽しみ(^^)v

さて、以上、現在の畑の様子をご覧いただきました。いかがでしたでしょうか?

秋の畑、里。穏やかな気候が本当に気持ちいい大原です。ぜひぜひおいでくださいね。音吹もこの秋は里の駅大原への出荷、バンバンがんばります。お待ちしてまーすよー!

最後に…

 

2015110611

 

スタッフの植前さん!!音吹の屋台骨。

ビーツの収穫中。仏頂面だったから、満面の笑みをくださいとリクエスト!スタッフの皆さまのおかげで、野菜が今年は元気に育っておりますありがたやー。

それではみなさま、またね!

にんじんももうすぐ収穫開始?!

いつもお世話になっているお店の方からとても嬉しいご報告をいただきました。

じゃん!

 

2015110303

 

…なんだこれ。しなびてるけど、何?

答えは、黄にんじん。

この黄にんじん、何と一年前の音吹の黄にんじん、だそう。

一年前!!

パックにくるんで冷蔵庫に保存してくださっていたとのこと、多少のくたびれ感はあるものの、こんなにしっかりと形を保てるものなのか、これは驚きました。

昨年のにんじんは確かにとてもイイ出来でした。すくすくと、何の障壁もなく育っていたように思います。蓄えているエネルギーも、きっと大したものだったのでしょうね。

しかし、嬉しいなぁ。一年間おいていても大丈夫に違いない、と実験してくださったことも含めて、嬉しいことです(^^)

 

2015110304

 

そしてこちらは今年のにんじん。

試し掘りをしてみました。ふつうの、紅色の、白、紫、黄色。今年は五色、去年は育てていた黒にんじん、クリーム色のにんじんを栽培しておりません。そのかわりに、色の違いがよりはっきりと出る白にんじんを採用しました。

まだ小さくって、なかなか収穫開始に至りませんけれども、そのうちお目見えいたしますね。食べてみましたが、味は美味しいんだな。あとは、しっかり育ってくれるのを待つのみです。

 

2015110301

はい、こちらは、小カブというより、かぶら菜。柔らかくて、若いうちからしっかりとコクのある葉、かぶらの菜っ葉。美味しいですよねぇ。

結構たくさん栽培しております。11月中旬以降、小カブも小カブ、小さいサイズでお届けできるようになるかなぁ。葉は生で食べても美味しいから、もう少し若いうちに収穫を始めるかもしれんですね。

 

2015110302

ホウレンソウ。

この野菜も大原のように気温差激しいところだと甘味が出るのが早いですね。肉厚でやわらかく、しっかりとしたホウレンソウに仕上がってきました。

もっと寒くなって、根っこの色がより深い赤に変わってきたらホウレンソウのピークを迎えます。

楽しみですね!

ぜひぜひ大原、お越しくださいねー、お待ちしていまーすよー!

11月、大原の野菜は本領を発揮し始めます。

先日から我が家の味噌、昨年ミサさんが作った自家製のものにかわりまして、美味しく戴いております。今年もつくろう、味噌。

日曜日ばあちゃんの十三回忌の法事がありまして帰省、じいちゃんばあちゃん、おやじについて、いろいろと話を母親から聞いたりなんかしまして。ガキの頃には興味のなかったあれこれが、この年になると気になるものであります。味噌は作ってなかった、梅干しは漬けてた、11月には鯖寿司を押してた、などなどね。

祖父母の世代の方々が続けてきたこれまでの暮らし方は、戦後の経済の急成長の中でなおざりにされて次の世代に引き継がれることが、これまでに比べると、少なかった。ぼくは今農業をしていて、我が家のじいちゃんやばあちゃんも農に携わっていた、だけどじいちゃんばあちゃんがどんなやり方で田んぼこさえて、保存品作ってきたのか、知る術がないんだよな。これは良し悪しの話ではないですよ、父母の世代を責めてるわけでは決してないんですよ、ただ文化は断絶してるなぁ、と、実感しただけです。

文化というか、人の営み、大きく括って歴史でも良いけど、それらは勝手に受け継がるわけではないのですね。ほんと当たり前のことなのだろうけど、残そうと、継ぐための作業を意識してこなしてはじめて後世に残っていくんですね。

…やたらと漠たる話題です、実は記事にしたいこといろいろあったのだけど、あまりにも内面に深く入り込み過ぎていたので、やめだやめだーい!味噌がうまいよ、皆さん、味噌がうまいんだよ味噌つくろうよ味噌!

 

2015110201

さて。

赤リアスからし菜です。

第一弾目に蒔いた葉物類が状態の良い時期を過ぎておしまいに近づいて参りました。

11月に入りまして、広葉樹が少しずつ色づいてきました。京都の秋、たくさんの人が訪れてくださる気持ちのいいシーズンがやってきましたね。

この時期の大原の野菜、おそらく多くの大原の農家さんの野菜が、品種、質ともに絶好調を迎える頃です。本領を発揮して、人々を驚かせてくれるはずです。

音吹も例にもれず、日曜日の朝市からほんの少しだけビーツの出荷を開始しました、これがまたすでに甘い!

大根類も少しずつ甘味を増してきています、さきほどの晩御飯で食べたビタミン大根のおろし、イイ感じに甘辛味が出てきていました。

生育が遅れに遅れているニンジン、今シーズンの出来はおそらく昨年に比べて一段と劣ります、それでも少しずつ大きくなってはきておりますのでもうしばらくお待ちくださいね。

エンドウ豆の種をそろそろ蒔きたいな、タマネギを植える地をこしらえなきゃいけません。矢車草や晩生壬生菜など、まだまだ春に採りたい野菜もまだ育苗中。

楽しいですよ、ぼくは今(^^)