2016年春夏の準備をすすめるにあたっての目標のような遠吠えのような。

冬の野菜をひと段落させて春夏野菜の準備に取り掛かる、いよいよそんな時期が近づいてきました。

音吹はまだまだ収穫できる野菜があり、毎日ガンガンの出荷準備、バシッと気持ちの転換ができていないのですが、そんなこと言っても冬は待ってくれない、春もうすぐ来てしまう、なので必要な種をリストアップしたり、資材を購入したり、ボチボチと動き始めているといった具合です。

2015~2016年は、当たり前のことをようやく当たり前にこなせた一年でした。

農薬や化成肥料を使わないというと、生産量少ないながらも、他とは一線を画したこだわりの農法で美味しい野菜をつくっている、そんなイメージがあります。

よく、こだわりの野菜で美味しいです!とご感想をいただきます。ありがとうー!

そう、とてもありがたいのです、ありがたいのですが、どうもただひねくれているだけなのかもしれませんが、心のどこかで、「こだわりと言われるほど何もしていないし、美味しい野菜を育ててる農家さんは山ほどいて、その方々と比べると全然大したことしてない」と思う自分がおります。

実際の栽培面、昨シーズンはとても良かったのです、全体的に。

でもそれは、前述した、当たり前のことをようやく当たり前にこなせた(ほんとにスタッフの皆のおかげ!!)、からだけであって、こだわりと言われるとそれに加えて自分たちなりの色を付加させないとなぁ、とここのところ強く思うところです。

美味しいかどうかは、人それぞれですし、大して美味しくなくても作り手の魅力次第でどうとでも感じ方は変わるもの。

もちろん美味しくなってほしいし、そうあるべく努力するのですが、それよりも、この部分これだけがんばったからこういう結果が付いてきた!と、当たり前にやるべきことに加えて、もうひとつふたつ、より高いレベルで追求できるもの、ようするにこだわりの部分を自分自身の絶対的な評価として、よし!がんばったー!って心から思える仕事をしたいものです、今シーズン以降の目標にしたいと思います。

具体的にはまたそのうち。

 

2016021601

 

いつの夏だろう、長男がまだ1歳くらいの頃??

これきっと白いオクラですね、データ整理していたら出てきました、昔の写真。

今年は何の種まこうか。

ではまたね!

 

 

 

 

作付計画を練っています。

収穫待ちの野菜がまだある中で、なかなか気合が入らないのですが、2016年春夏の作付計画をボチボチと練り始めています。早い畑では3月上旬に種蒔きをする予定で、そうなると遅くとも2月の中下旬には畑を片づけて準備をしなくちゃ。実はその畑にはまだ大根が植わっておりまして、そろそろ非情な決断を下す必要もあるなと考えているところです。

今年は通常の作付けに加えて緑肥をしっかりやろうと勉強しているところです。秋冬の根菜類。特にカブや大根類は肌の美しさが決め手ではありますが、緑肥の種類次第で、その緑肥の後作は間違いなくキレイな肌の根菜ができるよ!って記事を見つけて、これはやっぱり避けて通れないなと。

そうでなくとも、うちの畑は、畑によってですが腐植が不足しているなぁと素人目にも分かるところあります。もともと肥持ちのいい粘土質の大原の土壌に頼り切って、新たに堆肥を入れることをサボりがちだった結果がこれから出てくることでしょう。いや、まぁ毎年堆肥は入れてはいるのですが、より炭素が多い植物性のものを寝かせて積極的に入れていこうと。

新しいことに挑戦するのは楽しいですね、気合が入ります。がんばるぞー!

野菜がまだまだあります、やりたいこともたくさんあります。

節分。

我が家は恵方巻き、イワシを食べて開運、邪気払い(^^)

もともと節分とは、立春・立夏・立秋・立冬の前日、季節の移り変わりの前日の日の事を指し、中でも立春は旧暦の新年の始まり、その前日の節分は他の節分よりも重要視されたために最も身近なところで残っている、とのこと。

そろそろ春がやってきますね。今年は雪も少なく、暖かな冬だったため、冬を感じる間もなく何となくダラダラと終わる…そんな感覚ではありますが、実はボチボチと春夏野菜の作付けプランを練っており、すでに第一弾の種は購入していたりします。

3月に入ると種蒔きを始めます。いよいよ新シーズンの到来まであと少し!気持ち新たに…

と言いたいところではあるのですが…。

まだまだまだまだ野菜、残ってるーーーー!!!!

 

一月上旬の研修長期休みがバッチリ効いてる音吹です、ここのところ必死の収穫をひたすら続けておりますが、畑に残る野菜の、終わる気配がまるで感じられず、園主はかなり焦っております(^_^;)

一日がかりで出荷準備可能なキャパの限界までほぼ連日働き続けておりますが…あかん!野菜、減らぬー!そんな様子の最近、ブログも滞っておりました。

これはもうスタッフレベルの向上がゆえに秋冬野菜の作付けが予想以上に見事に進んだことに加えて、11月の暖かな気候の後押しがあっての結果。需要よりも、とにかくたくさんの作付けを、と狙った結果でもあるので致し方なしな部分はありますが、ふむふむ、野菜があり過ぎても準備できる量には限りがあるよね当たり前だよね、と今さらながら気がついた次第でございます。

今週の月曜日の出荷は、大物だけで、にんじん150kg、ビーツ30kg、かぶ60kg、ホウレンソウ30kg、他他等等、小物もたくさんと…。効率化、作業段取りのレベルアップ、図れる余地はまだ多少はあるものの、大幅なステップアップは望めないなぁ、これ以上はハード面を充実させないと次へ進めない、そんな状況です。

そんな状況を打破するために、いよいよこの冬~春から、出荷作業の拠点を新しく構える予定をしております。

もう少し広い場所で、もう少し動きやすく路付きの良い場所で。

新規就農(…と言ってもいられなくなってきた…まだまだ甘えていたいのに笑)の場合は、こうしたハード面の確保はとてもとても困難です。

正直なところ申しますと、代々農業を営む家庭のヤル気のない後継者は甘えすぎです!意欲のある新規就農者にそれ全部譲ってください、グチグチ言ってないで農業継ぐのが嫌なら町出て一から働きなさいな!って言いたくなります(^_^;)まぁ好きでその家に生まれたわけじゃないですもんね、そしてぼくたち新規参入者は好きでやってることですからね、文句言う筋合いは決してないわけですけれども…羨ましくはあるのですよー!

なにはともあれ、ようやく作業拠点が充実していきそうで、来シーズンはとても楽しみなところです。やりたいことがどんどん増えていきます。嬉しいなぁ、また報告しますね!

 

2016020301

 

チコリー、ラディッキョロッソ、プレコーチェ。もしくはキオッジャ。種蒔いて育てているものの、どっちか分からなくなりました。形としてはキオッジャっぽいけど…。

ラディッキョはもっとしっかりと育ててみたいです。いつかは収穫後、プールにつけて芯の部分の甘味を蓄えさせるタルティーボ!挑戦してみたいものです。

挑戦と言えば、今年はエディブルフラワーではない花も育ててみたいと考えています。コスモスはやろう、絶対やろう。花菖蒲?あぁチューリップもやりたいなぁ。

どうだっていいですけど、園主の一番好きな花は、ヤグルマソウ、そして次点はムスカリです。

青いのが好み。

さ、愚痴ばっかりこぼしていても何も始まりません!ごめんなさい!

ちゃんと頻繁にブログ更新しますね、ではまたね!