グランヴィア京都ラ・フルールさん、monkさん。

先週から農園へのご来訪がものすごく多いです。

今週にいたっては日曜日~金曜日まで(予定も含めてだけど)連日誰かが来られます。どんなお店が野菜を使ってくださっているか情報を公開していくようにしますね!

■■■○■■■○■■■○■■■○■■■○■■■○■■■○■■■○

【グランヴィア京都ラ・フルール】

ホテルグランヴィア京都さんは、大原朝市の常連さま。忘れもしませんが、朝市にはじめて出店させてもらったのが確か6月のこと、クーラーボックスに花ズッキーニを入れて、こんなの売れるんかなー…不安や不安や、とドキドキしながら参加したのですが、その時にグランヴィアさんが花ズッキ全部購入してくださって、朝市すっげーな、と思ったものです。

先日ご来訪いただきましたのは、グランヴィア京都のレストランのフレンチのお店、【グランヴィア京都ラ・フルール】ご一行さま。定休日を利用してのご来訪でした。ハーブの畑を中心にいくつかをガイド。

幾人かの方が、【ミシェルブラス】で研修なさっておられたとかで、畑や畦道の草などにご興味しんしんでおられました。…ぼくにはまったく分かりませんが尊敬されていらっしゃる料理人さんが多くいらっしゃるようですね、自然から料理をクリエイトするとは、我々のような農家にとっては嬉しい視点です。詳しくはウィキペディアででも調べてみてね(笑)→ 【wikiミシェルブラス】

 

2016062202

 

画像は、ワイルドフェンネルの花を摘んでおられるご様子。

ガイドしていると、この料理人さんの好みはこういうところにあるのだな、とか、なんとな~く見えてきて、面白いものです。

料理をつくる、そのスタート地点のひとつとして、畑があり野菜や草がある、その心持で我々も畑と日々向き合いたいものです。

ところで、【グランヴィア京都ラ・フルール】さんへは数年前に妻と寄せていただきましたが、まぁ見はらしの良い箱ですこと、景色だけでも楽しいですよ。

ぜひどうぞー!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【グランヴィア京都ラ・フルール】

グランヴィア京都15F

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

■■■○■■■○■■■○■■■○■■■○■■■○■■■○■■■○

【monk】

ほぼ毎日畑にいらっしゃってます今井さんの、哲学の道の窯焼きピッツァのお店【monk】さん。

昨年の音吹忘年会に寄せていただきました!その時の記事はこちら → 【スタッフで忘年会、哲学の道沿いのmonkにて】

 

2016062201

 

まさに修行僧のような佇まいがお店の名前の由来となった今井さん、ローズマリーを摘んでおられるご様子。

温和な人柄、幅広い人脈、とにかく魅力的な方ですが、彼の著書CIRCLEのあとがきより…

 

料理とは、人と自然の間に残された数少ない繋がり。私は、毎朝食材を仕入れに畑や山、市場を回り、その風を吸い込んでその日の厨房に立ちます。食べて頂いて、美味しいという以上に、そこから春の畑を吹く風や、海辺に立ったときの香り、秋の森の静けさ、そういったものが届くように思い、料理を作ってきました。

だそうで。

大原という都市部からほど近い場で農に携わっていると、そうしたアイディアを持つ方とのつながりが多くなるのは必定かもしれません。

そうした方々のつくる料理がとびきりすごい!おいしい!のかどうなのか、ぼくはたくさんのお店でいろんなもの食べた食通、でも何でもないので比べることはできない分からないのですけど。

ただ、野菜を、ただ野菜として見るだけでなく、その背後にあるストーリーや作り手の思い、またその野菜が育った環境も含めて手にしてくださる方とのお話はたしかに刺激的です。

ぜひ行ってみてね!

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【monk】

606-8404 京都市左京区浄土寺下南田町147
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ドライホーリーバジル。(トゥルシー)

大原の【三千院】では6月18日からあじさい祭りが開催中です。我が家のこども達が通う保育所も、今日は三千院にお散歩に行った様子。

少年時代、通っていた小学校は醍醐寺の敷地内にありましたので、醍醐寺の行事にはよく参加させていただきました。身近なところに寺社仏閣があり、暮らしがその寺社仏閣に寄り添うのは実は貴重なことなのかもしれませんね。

…当たり前すぎて、気にしてなかったな。

2016062102

 

たくさんのあじさいが梅雨のしとしと雨で水滴化粧。たまには雨を、苔を、いつもとは違う視点で眺めるのも心地いいものですよ。せっかく四季がある国に住んでいるのですから、楽しまないとね。

 

さて、

とは言いつつも、農家にとってこの雨続きは…

やめてほしい~天候です(^_^;)

なかなか作業が進みません。今年はこちらの段取り下手もあって、予定していた作業の進捗は例年に比して2週間遅れといったところでしょうか。

…これ挽回できるのかな??まぁそんな年もありますよね。

 

2016062101

 

これはドライにしたホーリーバジル。

数あるホーリーバジルの中でもトゥルシーと呼ばれる効能豊かなバジルの一種です。

スイートバジルは和名ではメボウキと言いますが、このトゥルシーは“カミメボウキ(神目箒)”!!

すごいね、神ですよ。

アダプトゲン(※)という抗酸化作用の高いハーブのひとつとして知られるホーリーバジル。

高麗ニンジンや冬虫夏草と横並びに称されるようですよ。

様々な効能があるようです。以下は全て、そんな効果があるとされている、程度に認識してね。こんな効能があるんだぜー!ってはっきりとうたうことは薬事法にひっかかることになりますから、あくまで自己責任のもと、そんな効果があるとされているらしいけど、どうやら…くらいに認識しててください。

 

■胃潰瘍や胃炎などのストレス性の潰瘍の予防

■肝機能障害の予防

■月経前症候群などの改善

■血糖値、血圧の降下

■うつやストレスによる脳機能低下の改善

■アレルギーに有用

■気管支炎・喘息・胸膜炎・副鼻腔感染症などの呼吸器の疾患への有用性

■神経系の強化

■血液の浄化

■免疫力の向上により、風邪・インフルエンザに効果

ただし

■生理を起こし、陣痛を促進する効果があるため、妊娠中は控えること!

 

今年のホーリーバジルはなかなか調子よく育っています。現在つぎつぎに摘み取って乾燥作業に勤しんでいます。ご興味のある方いらしたらお声掛けくださいね!

ホーリーバジル(トゥルシー)

価格350円(約10g入り)

… 発送には現在対応しておりません、どうしてもという場合のみご相談ください(^^)大原での直接お渡し価格になります。ご注文いただいてから摘み取り乾燥させますので、少しお時間いただきますこと、ご了承ください!

ではまたね!

 

(※)ストレスへの抵抗能力や体力を高める滋養強壮効果、内分泌や免疫系などの生理機能を正常化させる効果をもつ天然生薬(ハーブ)類を指す用語。

ラパエラさん、ロワゾーブルーさん。

少しずつ音吹の野菜をお使いいただいているお店を紹介していければ、と思ってます。ずーっと思ってるだけでは何も進まないので、ちゃんとやろう(笑)

今日は、ご来訪いただいたスペイン料理のお店と、配達に行きましたパン屋さんをご紹介~!

■■■○■■■○■■■○■■■○■■■○■■■○■■■○■■■○

【スペインバルLA PAELLA(ラパエラ)】

以前にも何らかで紹介させていただきました、ラパエラさん。北山松ヶ崎のスペインバル。

公私ともに仲良くさせていただいている畑下さん(コックさん)、今日は久しぶりにご来訪いただきましたー!何やら撮影ですとか。ぼくもちゃっかり画像をいただきましたのでアップ!
2016062001

 

オクラとアカジソの畑で、なぜか手にはバジルとマイクロバジルをもってパシャリ!

…しかし、洒落た格好でお料理されていらっしゃいますね、隣の眼鏡の小汚さが際立ってしまって、なんだかごめんなさい((+_+))

ラパエラさん、実はまだ行ったことがなくて…はい、早く行きます!

 

2015111001

 

こちらは以前にもアップしました、音吹の大根などを使ったパエリア。おいしそー!

お近くにお越しの際はぜひぜひ!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【スペインバルLA PAELLA(ラパエラ)】

〒606-0915 京都市左京区松ヶ崎六ノ坪町5

京都市営地下鉄烏丸線松ヶ崎駅1番出口より徒歩5秒(爆笑のFBページより。徒歩5秒、たしかに)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

■■■○■■■○■■■○■■■○■■■○■■■○■■■○■■■○

【Boulangerie L’oiseau bleu(ブランジュリ ロワゾーブルー)】

近頃はスタッフ植前(彼女募集中)が配達に出張ってくれています、ありがたし。でも今夜は、久しぶりに自ら配達に行きました。

そのうちの一軒、【Boulangerie L’oiseau bleu(ブランジュリ ロワゾーブルー)】さん、上賀茂神社ほど近く、御園橋通りにあります。国産有機玄麦をヨーロッパ石臼でじっくり自家製粉した挽き立て全粒粉とMILLETのパン屋です(FBページより拝借)。大好きなパン屋さんで、昨年からお届けしておりますが、閉店間際に野菜をお届けして、そのお代金で、時にはお代金以上のパンを購入してウハウハしているという(^^)今日もたくさん買いました、明日の朝が楽しみだ。

日中に、パンがたくさんある状況で、写真を撮って、しっかりwebで宣伝だー!と思っておったのですが、待ち切れずここで紹介してしまいました(^_^;)

ロワゾーブルーさん、8月末より、何と!

グルテンフリーとスペルト小麦の専門店にリニューアルとのこと。グルテンフリーはともかく、スペルト小麦とは?小麦の原種、在来種で人工的な品種改良の手がほとんど加わっておらず、小麦アレルギーが発症しにくい古代の穀物、と言えばいいのでしょか。近年では、小麦はあかーん、パスタもパンも食わーん、という方もいらっしゃるので、ロワゾーさんのようなお店があると助かる方も多いでしょうね!

ぼくは有機農家のくせに、身体に悪いものも平気で食べる、悪食・雑食性・味覚音痴の人間ですが、ロワゾーさんのパンは身体に良いことは抜きにしても(抜きにするな、と笑)、とにかく美味しい!店主さん、小柄で笑顔がとても素敵な方、ぜひ一度寄ってみてね(^^)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【Boulangerie L’oiseau bleu(ブランジュリ ロワゾーブルー)】

〒603-8832 京都市北区大宮南田尻町53大央ビル101

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

大切なものだけを暮らしに。

日曜日。

朝市後は気持ち穏やかに、ゆったり過ごします。

今日は【京町屋ひより】さんを畑案内して、【ManPukuかふぇ】さんと一緒にある件でお話。【大原石窯マルシェ】をのぞいて、それからご近所さん達とちょっといろいろとある件でお話。

ふーい、疲れた、でも有意義な時間。

さてさて、

帰宅したらば…

 

 

 

 

2016061902

 

……

 

よーし、大した散らかしっぷりだな(^_^;)

 

どうやら本屋さんだそうで、まぁ普段は飽き性のくせして、並べて満足!こんなのは好きなんやね、うん、おつかれさん。

雨降りの日曜日の午後。

そんなこどもと一緒にいたらば、ふと思い立って、上賀茂にあるおもちゃ屋さん、【トーイハウス童】さんに遊びに行きました!

ヨーロッパの木のおもちゃを中心としたクラシックだけど新しいかわいいアイテムの数々。絵本もいいですね。

こどもたちが木のおもちゃで遊べるスペースもあって、思いのほかに楽しめました。

木のおもちゃっていいですね、暖かみがあって優しい。丁寧な手作りの品が多いのでしょう、値は張りますけれど値打ちモノ。

自分にとっては高跳びしたけど、18年前に買った靴をいまだに履いています。

リサイクルショップでぽーんと衝動買いしたような靴は一年もたずに潰してしてまうのに。

いらないものは捨てて、もっともっと大切にしたいもの、ほんとうに気に行ったものだけを暮らしに取り入れよう。

この春、衣服も大半を廃品回収に出しました。どんどん手放してミニマムな暮らしを。

できるかな??(^_^;)

 

2016061901

 

キレイな黄色。

スイスチャードの黄色。菊菜やレタスはそろそろ終了。次の葉物はスイスチャードやうまい菜、オカヒジキ。

それからクウシンサイやツルムラサキに移行していきます。葉物リレー、うまくいくかな?

 

またね!

有機物マルチしてラピュタの王族ぶる。

雨ですね。沖縄は梅雨明けしたそうですよ。京都の梅雨明けは例年どおり祇園祭頃でしょうかね。まとわりつくような、高い湿度の日々が済んでも、茹で蛸になりそうな夏が待っています。

あー、いやだいやだ。園主は夏が大嫌いです、暑い、汗かく!

でもまぁビールが美味しく飲める、ね。

…。

そうですね、何でもそうでしょうけど、悪いところばかり見ていたらダメですね。愚痴や文句ばかりで、鬱々イライラとするばかり、周りにも良い影響を与えません。いいところを探さないと…、いいところだけ見るようにしないと…。ふむふむ、自戒です、気をつけよーっと!

さて(^_^;)

時節柄、大原では、柱となる野菜が少なく夏野菜の収穫に向けて管理作業をボチボチと進めているところです。一雨一雨、気がつけば木みたいに大きく育つ草、大変だ。夏至近く、日は長いとは言え、日中動ける時間は24時間のうち限られています。限られた時間を有効に使って、何ができるか何をしようか、日々頭を悩ませます。

スタッフの皆も、園主の無茶ぶりに疲れながらも、ガツッと応えてくれています。これから夏に向けて、精神的にも体力的にもしんどくなっていきます。園主夫婦だけでは、音吹の野菜やハーブが元気に育ちません、スタッフの皆の力があればこそ。

ほんとにありがたいことです。

2016061603

 

ところで、この画像、ご覧ください。

左半分が草取り他管理作業前。

右半分がその後。

 

スッキリ~!

ナスやトウガラシの畑、草にまみれてヒ―ヒーとなっておりましたが、草をとり、追肥をして、支柱を立て、少しずつ少しずつキレイにしていきます。

ナスやトウガラシが育つために、どんな環境がいいのでしょう。

少なくとも、このまま放置してはどんどん背高くなるシロザの陰に隠れて、通気性がよろしくないまま窮屈に育つことになります。必要な草取りはきちんと!

そもそもビニールマルチをしていれば、こんな草ボーボーに育ってヒ―ヒーいうことはないのですが、今シーズンの夏のテーマのひとつとして、【圃場への積極的な有機物の投入】を掲げています。

右半分の画像、ナスやトウガラシの株元はこげ茶色に染まっていますが、これは……

 

2016061601

 

堆肥化された剪定屑。庭仕事の結果、出てくる木や枝葉など植物性オンリーの堆肥です。(画像手前はお察しのとおり落花生です、ナスの株間に落花生)

ふんわりホカホカ、造園屋さんに持ってきてもらいます。堆積させたまま畑で一年間放置しておき、それを掘り返すと山ほどのカブトムシの幼虫が出てきます。

熟し具合から言うと、中熟程度、発酵の過程にあり微生物の活動活発な堆肥です。

音吹では、すぐにすき込む場合に、地力のない畑ではこの微生物活動の活発な状態では作物の根にも影響しそう、暴れ回りそうなので、使用する時は、この画像のように夏野菜の株元に敷いて、そして落ち着かせてから冬野菜の作付け前に畑にすきこみます。

今年は他にも稲ワラや刈り草、ソバガラなど、植物由来のマルチを例年以上に活用していこうと考えています。

ビニールマルチを使用すると、採算効率は上がります。

ところが、何年もビニールマルチに頼って、堆肥を入れずにいると、やっぱり当然のように土の力は衰えゆきます。実感…!

対して、もちろんマルチも使用するのだけど、大原の、昔から自給用に畑を管理してるおじいちゃんやおばあちゃんの畑は、庭から出る落ち葉をはじめ、たくさんの有機物が土に還り、歩いていて楽しい、ふわふわ膨軟な黒々とした畑。

目指すのは、そんな畑。

マルチは使っても、採算性だけを目指さない、合理性だけを追求しない、高生産性だけに特化しない。

そんな畑。

経済の枠組の中に組み入れようとされるがあまりに、経営の数値化、栽培方法のマニュアル化・合理化をはじめたとした部分にばかり目がいきがちな現代日本の農業。

だけど、そもそもこんな小さな、しかも国土の大部分が山林である島国で、広大な面積をもつ他国の農業にどう太刀打ちする気なのだろうか。だいたい農業なんて不確定要素の多すぎる産業を工業と同じように見る必要があるのかな??

それよりも、もっと小さな農、昔ながらの小農が自立できる日本独特の農のスタイルを、懐古するだけではなく、実際に現況に即した形で落とし込んで生業として成立するように(助成金などの一時的なお金のバラマキではなく、)、その方向性やサポートする方法を探して広めたりすることに注力するほうがよっぽど現実的な気がするのだけど…。

いや、それにしても大変なことには違いないよ、それでなくとも食べていけないから多くの方が離農されて村が村として機能しなくなっていく時代ですし。だけれども、それ以上に諸外国と競合するぞ・そして勝つのだ~!!という視点が、より意味が分からないというか…。

農業経営なんて、どれだけ言い繕っても強烈なブラック企業のそれです。超過労働なんて当たり前、園主は丸一日まったく仕事しないで休んでいられる日は、年間おそらく二週間もないですね。帰省と病気療養くらいです。

それでも胸を張って農は楽しいと言えます(^^)

…なんか話が収束しなくなってきました、ツラツラとまとめられずに終わってしまいますけど、言いたいことは何となく伝わりましたでしょうか??(^_^;)

 

土に根を下ろし

風と共に生きよう

種と共に冬を越え

鳥と共に春を歌おう

 

ラピュタの末裔もそう言うてるやん。またね!

ルッコラセルバチカ、ディルの花。

梅雨入りしました。

日常が加速度的に過ぎ去っていきます。「あれをやりたい」から「これをやらなきゃならない」になり、最終的には「どれを切り捨てよう?」と、重なり迫りくる作業に対するこちらの心持が変わっていきます。自然の流れに寄り添って生きるとはこういうことなのでしょう。

作物をコントロールしようとする考えにはあまり共感できません。だからと言って、なるようにしかならない、という考えも(生業として農を営む場合には)どうも「逃げてる」感と言いますか、成長を諦めた感が拭えきれません。要するにバランスなんでしょうけど、理想と現実の折衷する、各々が納得するポイントを押さえて、ブレない。それを元に選択する様々なアクションがあって、そうしてゆくゆくは軸とか信念とかポリシーとか、農園のスタイルを形作る上で大切な骨となっていくのでしょうね。

2016060701

 

左・真ん中はルッコラセルバチカ。

右はディル。

ルッコラらしい香りが、栽培種よりもより強い野生種。葉脈が赤いタイプもありますが、こちらは一般的なセルバチカ。

試しに少しだけ栽培してみました。無施肥で栽培していますが、柔らかでえぐみのない味。

ディルもそろそろ花が咲きます。香り豊かで、お皿が華やぐ可憐な花です。

他にもワイルドフェンネルの花、ナスタチウムの花や葉、マイクロバジル、ブロンズフェンネルなどなど、かわいい野菜やハーブが採れてきています。

そろそろホーリーバジルも収穫できそうですよ。

お楽しみにね!

よし!もっと頻繁なブログの更新を心がけますね(^_^;)ではまたね!