ビタミン大根。

寒くなり始めて、ツルウメモドキ果実の外皮?が割れて中身がぽぽぽっと。

 

2016120401

 

盆栽やフラワーアレンジメントでもよく使われる素材だそうで。

確かに映えます、この赤。

おしなべて三片に展開するんですね、この黄色の皮は。

日本中の野山に生育しているそうで、英名はオリエンタルビタースイート、鳥が大好きなんですって。

 

いつも思うのですけれども、野菜がお店やマルシェなどで陳列されている時に、緑一色でなく、赤や黄色や紫とカラフルであればあるほど目を引きます。野菜の形ももちろん大いに関係しているのでしょうけれども、まず第一に色の多彩さで立ち止まる人が多いですね。

食を楽しむひとつの要素として、無視するわけにはいかない。農家としても、野菜の種を選択する際のポイントのひとつとなっています。

 

2016120403

 

ビタミン大根。

(…この流れで紹介するのが緑かいッ!?)

中国が原産のおろし大根。うっすら緑が美しい大根。

甘味辛味のバランスが抜群で、音吹の大根おろしはもっぱらこれ。

水分が少ないので、煮込むとボソボソっとしてしまいますが、おろしやサラダはもちろん、素揚げ、炒め物などの調理にも適しています。

まるごとお漬物にして名産品としている地域もあるのだとか。

この大根を大量にすりおろしてのみぞれ鍋。

最高です。

師走ですねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です