作付のラフプランを練り上げる。

今日の晴れ模様で国道の雪はあらかた融けたように思います。

雪どけとともに音吹ファミリーの風邪っけも落ち着いてきて、平常運転まであともう少し、といったところ。とは言え油断や焦りは禁物ですね、なんたって病貧弱農家ですから。すぐ風邪ぶり返すよ。

畑の雪はまだまだまだまだ残っています。無理して動くよりも、こんな時は事務仕事に時間を費やすほうが能率的だわ、と本日は確定申告の下準備をスタッフにお願いしたり、園主たちは2017年の経営の方向性を話し合ったり、作付データを整理する動きに終始しました。

そんな中で何となく見えてきた2017年の作付のラフプラン。

作付計画は、畑の特性、畑の栽培履歴、輪作や連作の関係、栽培時期、次作へのスムーズな移行が可能かどうか、をはじめとして様々なアイディアを当てはめてみてはこれは違うあれも違うと、加えてそしてそぎ落としてを繰り返す中で出来あがっていくものです。

ここ何週間か着手していた紙媒体の作業日誌をまとめてはエクセルに落とし込んでいたのですが、そのデータのおかげで過去履歴が非常に見直しやすくなりました。作付ラフプランがイメージしやすくなったひとつのポイント。

より詳細に、かつ園主だけでなく妻やスタッフも含めて皆が見やすいデータとしてブラッシュアップしていければもっといいなぁ、農園全体としてのレベルも上がるぜ!と息播いているのですが…残念ながら、妻もたいがいですがそれ以上にスタッフUはパソコンが…。データを通して音吹の農のスタイルをシェアしていくためにも、このあたりが今後の大きな課題のひとつとなっていきそうです(勉強してよ!と連日つっこんでいるが、何分ボスとしての資質がなさすぎて伝わらぬ…これは園主の大きな課題、カリスマ性、これがもうゼロですわ残念ながら)

というチーム事情をさらしていますが、とは言え、スタッフさん達も勤続3年目にもうすぐ突入してきて、最初の頃に比べて本当にレベルアップしてくれています。何より一緒に仕事していて、園主は楽しいばかりなので、2017年はほんとにどうなるのか期待大です。

 

2017年春夏ラフ、と言ってもただ列記するだけですが、

赤リアスからし菜、ルッコラ、ミニチンゲンサイ、小松菜、わさび菜、フリルレタス各色、春菊、スイスチャード、うまい菜、オカヒジキ、クウシンサイ、ツルムラサキなどで葉物リレーは変わらずですが、アブラナ科野菜の量は減らす予定です。

春菊レタスの量は増やしていくつもりです。

じゃがいも、玉ねぎ、ニンニクなどは今年は間に合わないものもありますが、今後もっと量を増やして、個人様への拡販目指そうかと検討中。

じゃがいもは無理して海外種を採用するのはやめようと思っています。もう男爵でええやんアンデスレッドでええやん、くらいの。それはズッキーニも同じ。

ズッキーニは棒と丸、おそらく今年もやりますが、色や形は絞ります。

ナス類(普通の、白ナス、緑ナス、ゼブラナス、など?)は量は減らす予定です。

トウガラシ類(ピーマン、万願寺、伏見、タカノツメ)は同量程度でしょうか。

トマト類(ミニトマトいろいろ、イタリアントマト、大玉)、いずれも作付け量は減らします。

そうですね、夏野菜はおしなべて量を減らします。

オクラ(普通の、星オクラ、赤)、カボチャ(コリンキー、バターナッツ)、とうがん、ゴーヤあたりは同量か、減量か。そう変わりはないですね。

インゲンは少量多品でいろいろやりたいなと考えています。

あとは脇を固めるハーブ類他、ごく少量のいろいろ。このあたりが一番楽しい部分、さてどうしましょうか。

 

そのうち、作付け以外にも今年の方向性として考えていること、やりたいこともそのうち少しずつ公開していきますね。それでは今日はこのへんで。

 

2017011801

 

お子は雪降って楽しいね、飽きることなくまぁ元気なことで(^_^;)

ビニールハウスを守るために雪おろしまくる。

今シーズン最凶の大寒波は伊達じゃないですね。どこもかしこも雪のお話ばかりで、もうおなかいっぱい!となっておられるかもしれません。

女子駅伝は吹雪の疾走だったようですね。拷問か、やめろ!的意見が見受けられましたが、走ってるほうはあの程度の雪、気になるものなのだろうか(畑してたら雨や雪など当たり前で、いったん外に出て仕事し始めると気にならない。記録を狙うスポーツとはまた意味合いが全然違うものなのかもしれないですけど)。いちいちすることなすことにケチつける風潮、がんじがらめの規制の嵐でつまんない国になっていく気がしてなりません。どのあたりまでがセーフで、どこから先がアウトなのか、ってもう人それぞれの感覚の問題だからねぇ、難しいですね。

それはさておき…

そうなのです、京都は結構な雪が降りました。

 

2017011701

 

観光名所はどこも美しい雪化粧で、それこそ濡れるのも厭わないカメラマンの皆さんがここぞとばかりに写真を撮っておられたことでしょう。貴船神社あたりは道路事情がどうしようもないようで、参拝の自粛が拡散されておりました。

大原はと言うと、国道367号線は現在のところ「シャバシャバところによりゴツゴツ圧雪といった感じ」で走るのに怖さを感じるほどではなくなってきました。

国道を逸れるとまだまだ雪深く、四駆で冬タイヤであろうともバルンバルン足は取られてヒヤッとする箇所が多々あります。

積雪は…30~60cmってところではないでしょうか。雪原ですね、雪原。畑はいつもなら畝の形が残ってこんもりとしたカマボコのような造形が見える程度の積雪なのですが、今回はのっぺりと一面銀世界。こうなるとどうしようもありませんなぁ。

土曜日からの雪で、もうとにかく気をつけようと思ったのがビニールハウス。

音吹のビニールハウスは三年前、大原のある兄貴から譲ってもらった廃ハウスの鉄骨を使って自力で建てたもの。20m長の、育苗用の小さな小さなもの。

それでも潰れてしまうと音吹にとっては大打撃!毎年の育苗が始められません。

今シーズンははじめてビニールをはったまま越冬しようと、つっかえを秋のうちから設置していました。それでもハウスの鉄骨は19~22mm直径の、ビニールハウスの中では細いカテゴリーの鉄管です。つっかえがあってもいつ潰れるか分からないと、日々天気予報とにらめっこしておりました。

ビニールって、よく言われるのは、最近のものはとても頑健なので風や雪にも強い、破れない。だけど、だからこそまともに風を受けて鉄骨ごとひしゃげさせる、雪も同じく、破れることなくまともに全部受け止めて鉄骨ごと押しつぶしてしまうという。

そんな具合なので、今回の大寒波はほんとに焦っておりまして…。

病み上がりの身体に鞭打って(こどもから風邪をもらってダウンしておりまして、15日の朝市はそれもあっておやすみいただいておりました!)、この火曜日まで3~6時間ごとにビニールハウスの雪を下ろすという作業を昼夜問わず続けておりました(^_^;)

それだけでは心配なほどの雪の降りだったので、ハウス内ではやかんストーブ三台を設置して焚き続けて内側の温度を上げてビニール上の雪を融かすという。

これでも夜は心配で、夜な夜な窓をあけては「あ!また降り出した…ヤバいどうしよどうしよ…」と焦って、でも焦ってもどうしようもないわと落ち着かせて。精神によろしくないですね、激しい雪は。

これだけやって潰れたら、それはもう仕方ない!と諦めもつくくらいまでやらないと、ビニールハウスなんて高価なものとてもじゃないですけどポンと買えません。必死こいて建てた愛着あるオンボロハウスだからこその手の掛けよう、だったのかもしれません。

ないないづくしで始めた農業。

何一つなかったからこそ、ひとつひとつを大切にできるもの。そういう意味で補助金のばらまきに、ぼくはどちらかと言うと否定的です。簡単にお金が落ちてきて頼りに頼り過ぎていると、それがなくなった時にどう対応していくのか、そもそも産業としてそれは自立できているのかと、ツッコミたくもなります。

とは言え、使えそうなら使いますけどね、何しろ生きていくのに必要なものは高い矜持よりも最低限の銭ですもん(^_^;)いいこといくら言っても、ね(笑)

ひとまず火曜日の午前中、ようやく何となく空模様も落ち着きつつあり、ホッと一安心してこうしてブログを更新しているところですが、まだまだ予断は許しません。

この冬を越えるまでは気をつけていきたいと思います。

あ、肝心の畑ですが、当面手はつけようがありません。状況次第ですが朝市まで雪残るんじゃないかな…。また報告しますね。皆さま、お気をつけて!

ドンゴロス(麻袋)、交換しませんか?

妻とこども達は帰省中の音吹園主。

作晩はひとりの夜、家中掃除機をかけてキレイになったところ、久しぶりに映画を見ました。(ホントは【ツキヒホシ】さんにお借りしたNHKの【大アマゾン】の特番見たかったのに、パソコンでは再生できなかった、残念~!)

【新宿スワン】【セトウツミ】

綾野剛の演技、見たくて。まぁ内容は…どうだっていいんやけど(コミックは好きなんやけども)、顔芸スゴイですねこの人!伊勢谷さんも久しぶりに喋ってる映像見たけど、やっぱりかっこいいですなぁ。

【セトウツミ】は良かったです。高校生の瀬戸と内海が川べりでたんたんと喋るシーンが全編の九割くらい、上がったり下がったりもほとんどないけど、妙に引き込まれました。

さて、そんな話はどうだっていいのですけど(笑)

———————————————-

★★ドンゴロス(麻袋)とあなたの○○交換しませんか!?★★

この写真…

2017010702

 

だいたい縦100~105cm×横60~65cm程度の麻袋が少なくとも150枚以上あります。

音吹で使用する畑の資材ソバガラを入れていたものです。

市場価格では1枚あたり100~300円くらいでしょうか。

繰り返し使えてとても便利。使い方は多岐に渡りますがアイディア次第でいかようにも。

音吹は主に、冬季の農作物の一時保存。マルシェなどでの敷物として。大根など重量作物の出荷梱包資材として。などで使用しています。…農家ですね。

こちらをあなたの○○と交換しませんかー?

○○は何でもかまいません!

意図としては、いろんな方とお会いしていきたいという園主の今年のテーマ(の一つ)のため。なので、お持ちいただいた交換品について、「あ、これいりません(笑)」とお受けしないこともあるかと思いますが(失礼すぎですみませんが!)、その場合でも麻袋は差し上げますのでご安心を。

…もっとね、野菜の販売を通した人との関係はとても大切なことなのですが、農家と非農家の敷居というか垣根というか、サクッと乗り越えていきたいのです。

農家の作業場に来て、作業場を見ていただくだけでも楽しいと思いますよ!

 

そういうわけで、条件は以下となります。

 

※大原の音吹の家まで取りに来てくれる方に限ります。(どうしても無理な方はご相談ください。交換品によっては配達も検討するかも!ただし時間はこちらの都合に限らせていただきますが!)

※発送は不可です。ごめんね。

※引取の時間は13時以降、もしくは18時以降希望。土曜日曜は対応不可ですが日曜は大原朝市前後のタイミング6~10時ならOK!こちらもどうしても無理な方はご相談ください!

 

ひょっとして、その日採れた野菜の規格外品とか持って帰れるかもよ!?

ご連絡はこちらから!

otofukubatake★gmail.com  ★ → @

ではまたね。

年始休日に淡路島。

あけましておめでとうございます。

2017年。平成29年。当時官房長官だった小渕さんが平成元号の書かれた半紙を掲げたあの映像からもう29年ですか。早いなぁ。

この年末年始は、忘年会で楽しみ、元旦は実家にてゆるり。ようやく散髪にも行けてスッキリしました。

丸一日ほんとに丸々一日畑にいないのはこの時期だけ。畑のことを何も考えずに、あ~リフレッシュ。

さて3日はこどもと一緒にお出掛してきました。

 

2017010403

 

淡路島。

淡路島行きたいところ、尋ねてみたい人、たくさんあったのだけど、今回はこども中心に観光です。

京都からだと高速道路で二時間くらいなのですね、いいなぁ。

島北部だけの観光で、南側はよくわかんなかった、またの機会ですが、とても暖かい気候で砂状土、棚田がゆるやかに広がり小さな水田転換畑で玉ねぎやニンジンがポツポツ植わっておりました。

ってまた畑の話。

やっぱり別の土地に行くと畑に目が行きますね(笑)

 

2017010407

 

【淡路ワールドパークONOKORO】

【たこせんべいの里】

【パルシェ香りの館】

【道の駅あわじ】

【松帆の郷】

 

行ってきました。

ONOKOROはミニチュアの世界遺産がぽろぽろ並んでいたり、こどもが遊びやすいアトラクションがたくさんあったり。たまたまジュウオウジャーショーや犬&猿のショーもあって、思いのほかに楽しめました。

 

2017010404

 

芝すべり。

ボードをかついで登って滑って、また登って…。

いやー、こどもは体力あるなぁ。何度繰り返すんやろう。

 

2017010405

 

男の子は乗り物が大好き!

電車、車や建築乗り物、何でこんなに反応するのか。ぼくも小さい頃はそうでしたな。

 

たこせんべいの里は無料の試食コーナー、ガラス一枚隔てて見学できる工場(今回はおやすみだったけど)に、これまた無料のコーヒーブースなど、ものすごい充実したサービスに人がわんさか集まっておりました。

たこせん、値段も手ごろです。

パルシェ香りの館では土質と気候を間近に、あぁそりゃハーブも育つわと納得。

 

2017010401

なんせ露地のキンセンカにハダニがくっついていましたからね!

ハダニは水に弱いから乾燥した場所でしか生息できないはずなのに!いやぁ露地でこんなに大量発生するんかいと驚きました。越冬予定で畑にいたゼラニウムやラベンダーもイキイキしてたしなぁ。

あ、また畑ネタ。すいません。

まぁそんなわけで最後はライトアップされた明石海峡大橋と明石の町の夜景を見ながら松帆の郷の気持いい温泉で疲れを癒して、楽しい休日を過ごしましたとさ。

 

2017010406

 

オルメカの巨石人頭像を新しい愛人にした妻ともども、皆さま今年も音吹をよろしくお願いいたしますね!

ありがとうー(^^)