稲ワラ温床、踏込みスタート。

踏込温床。

前回の記事は【こちら】

切り刻んだ稲ワラを水を含ませながら踏みこんで発酵熱を温床として利用するテクニックです。

実は稲ワラ温床の他にソバガラ温床もできないものかと金曜日に踏込みました。温床のスターターとしてはソバの残り粉を主体に。窒素分がどの程度入っているのか全く分かりませんが、ソバガラ堆肥を作っているある肥料屋さんのネタを読む限り、この残り粉やアラやふすまを補助材として堆肥化しているとのことなので100%ソバの廃棄素材だけでできるのならば面白いなぁと思って試しに。

踏込みから3日目の月曜日、まだ温度は上がっていません。心持じんわり暖かな気もしないではないですが…残り粉はスターターとしてはやや弱めか??油カスや鶏糞などの利用も検討する?もしくはもっとたくさんの残り粉を投入してみるか。ソバガラ温床、少し様子を見てまた報告します!

 

そして…

 

 

本番スタート!

水を含ませ稲ワラを踏込み踏込み。

発酵補助スターター材料としては米ぬか、ソバ残り粉、鶏糞。

米ぬかだけでやりたかったのですが…大原の精米所から米ぬかをゲットしようと行ってみると…

ない!!

米ぬか、ほとんどない!!

そうか、なるほど長い期間かけて機を見てちょこちょこ米ぬか収集しておかねばならないくらいの量しか、大原エリア内だけでは出てこないのだな。

という事情から、今春の踏込温床スターターには鶏糞が入りました。

1.4m×6.5mの面積、高さ45cmに均等に敷き詰めた稲ワラは、踏み込むことでその高さが2分の1、どうかしたら3分の1に沈みこみます。

その分また上から裁断稲ワラを積み足していって、その層を増やしていくことで、長期間継続して発酵熱を出し続けさせます。

この時点で問題が三点。

①米ぬかの確保。

②木枠の下から水が染み出して外に出てしまう件。

③稲ワラの確保。例年軽トラに三台分ほどは確保するのだが、これでは1.4m×6.5m程度の面積の育苗スペースでも幾層にもするにギリギリ。初期育苗期(2月~3月中くらい?)だけを考えても、より広い面積を育苗に使用したいので、もっとたくさん収集すること。

このあたりが課題。どうしよっかなー。①②はどうとでもなりそう。

③は…稲ワラの確保時期が秋の結構多忙なシーズンと重なるのが問題なのですよね、あまり田んぼに置きっぱなしになるとグズグズでビショビショになってしまうからねぇ。

もしくは稲ワラに代わる有機物を探すこと。ソバガラ温床ができればクリアなるか?でもソバガラはもっと別の利用も考えたい、要検討ですね。

まぁとにかく、もうしばらくしたら発酵熱が出てきます。少し早いタイミングになりますが、今年はナスやトウガラシの育苗もはじめてみようか、例年よりもガッチリとした苗をつくるためにも。

楽しみです。

また報告します!

朝市中止について今後どうする?三千院の大根焚きに行き農家仲間と呑む。

2月12日日曜日は前後日雪予報のため朝市は中止となりました。いつもご来場くださるお客様はもとより、この日はじめていらっしゃったお客様もおられたことかと思います、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

野外での開催、荒天予報、また6時という早朝の開催での路面凍結の不安、ご来場くださるお客様の心配はもとより寒い中に三時間立ちっぱなしとなる出店者のこと、冬の朝市はなかなかに厳しい環境です。全天候型の頑丈な朝市会場があれば何も気に病むことはないのですが、そんな場所がないならないで様々な問題に対応していかなくてはなりません。

結果として晴れていた日曜日。これくらいならば開催できたという声がチラホラ。

そのとおりだ、申し訳ありません、という気持ち半面、だけどそれは結果論でしかないでしょう…という気持ちも半面。ホントに難しいことですね。

我々農家にとっては収穫して出荷の準備してもお客様来ない、中止になって野菜どうしようもない、こうした事態も考えねばなりません。

今後どういう対応をしていくのか。今回の件を教訓に、農家レベルでの対策も含めて調整していきます。

=============================

ところで、日曜日はそんなわけでお休みとなりましたので、朝からこども達と一緒に遊ぶことができました。

 

 

 

雪が残り、またチラホラと降る大原の里をぶーらぶら。

落ちてた木の棒や竹、桜の枝を拾っては振り回す、好きやね男の子は、こんなのばっかり。

三千院へ向かう道すがら、ポーズ。だいたい戦いごっこ、忍者になり切って、剣もってキンキーンカンカーン言ってます。楽しそう。

そうなのです、三千院、初午の大根焚きに行って参りました。雪予報やと言いますのにたくさんの人がいらっしゃいましたよ。

 

 

ほくほくの大根、大きな釜でどっさり!

こども達、はふはふしながら食べてます。お兄ちゃんが弟のお椀フォローしながら、優しいね。

 

 

あるベンチでは雪だるまがいっぱい。誰が作ったのやら、かわいらしいものですね!

 

光が強すぎてベンチの雪だるまは消えてしまい何をしてるのかよく分からない兄弟。

ぼくたちも雪だるま~って、やってます。

この日の夜は大原で農業をしている仲間たちを音吹邸に招いて、久しぶりに仲間内で呑み騒ぎました。

こども達もいっぱいで賑やかワイワイ。男たちは男語り、俗な話も真面目な話も!奥様たちは、何を話していたのでしょう、深幸さんもとても楽しく話していたようですよ。

またこういう時間がつくれればいいものです。

これまでは借家生活、大家さんの敷地内の離れに住まわせてもらっていたので人を家に招くことを極力避けていたのですが、家が新しく広くなって、遠慮なく気兼ねなく招待できます。これはとても嬉しいこと!

これから暖かな春になっていきます。イベントも含めて出入りの激しい場所になればいいなと思っています。

ではまたね!