期間限定アルバイトさん急募!→募集終了しました!

再投稿です。募集締め切ります、ありがとうございました!
———————
早々にたくさんの方からご応募いただきまして、とても驚き、また感謝感激の園主です。

わたしたちは畑仕事を楽しんでいますが、まだまだ手が回っていない部分たくさんあり、このようなスポット募集は今後も何かしらの形でさせていただくかもしれません。

タイミングやご都合が合えば、お金のやりとりなしの農作業体験は受け入れています。独立自営の小農にとって、そうしたいわゆる援農はとてもありがたい半面、日常朝から晩まで時間を惜しんでガンガン働く専業農家の我々にとっては農作業体験の方との農に対する気持ちの温度差も現実にはあって、ゆっくりと畑を見学したり寝っ転がって野の草愛でたりすることが毎日できるわけではありません。

農には興味あるけど、やっぱり生活があるし…という方にとっても、農家としてしっかりと経営を成り立たせて継続できる体力つけたい我々にとっても、お金が介在することで受け入れできる間口も広がるのだな、と今回の募集で強く感じました。(お金が全てだとは思っていません、経済に縛られない暮らしを楽しむ人たちを羨む気持ち、かなりありますもの)

またいろいろな場面で何かしらを提案することあると思います。その際にはまたぜひお力お貸しいただければ幸いです。どうもありがとうございました!

追記2017年5月2日早朝

———————

にわかに春めいたきた大原にて春作業てんやわんやの音吹畑より期間限定のアルバイトさん募集のお知らせです!本日より5月中下旬までの期間になります。

■作業内容→にんじんの草取り(体力は必要ありません、根気はいります。どちらかというと女性のほうが得意な作業です)

■場所→大原のある畑(ご連絡いただいた方に個別にメッセします、送迎しますが作業内容により少しお待たせすることもあるかもしれません)

■時給→820円(実費支給)、交通費支給(遠方の方は応相談)

■募集要件→一日最低2時間ほど入れる方、午前・午後・早朝・夕方、時間問いません。また曜日も問いません。あなたのご都合に合わせて動ける時に動いてもらってOKです。自転車、バイク、車など自力で来れる方ありがたいですが、大原まで来ていただければ畑までの送迎は可能です!少しだけ時間空いたし行こう程度の感覚で。草取りが終了次第、募集は締め切ります。詳細は個別にメッセしますので、まずはご連絡いただければ嬉しいですー!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※

発芽したにんじんまわりの草取りが追い付かなくなってきました。音吹メインスタッフ達はこの時期、種蒔き・苗植作業に集中していて、手が回らなくなってきました。

およそ60mほどのマルチ畝の穴の中で発芽したにんじんを救出する根気強さが必要な作業ですが、体力は必要ありません。

五月の紫外線は強いので日よけアイテムは必須かも。

 

こんな具合に草にまみれてしまってます。

にんじんは発芽がゆっくりな作物で、発芽するまでの間に雑草に埋もれてしまいます。

園主ですと、1時間あたり2m分草取りできるかどうか、といった作業スピードです。

なのですが、30時間をこの時期に草取りのために確保できないなぁという状況により、今回の募集となりました。

どの芽がにんじんか、の見極めから草の取り方まで指示します!

 

このとおりのアフター。

ひえー、大変じゃ。

周囲は田んぼに囲まれていて、大原工房さんという草木染め工房さんの畑にゆらゆらと大きな鯉のぼりが空に舞っている長閑で開放的な畑です。

気分転換にもよいかもですね。

 

 

畑に興味ある、野菜に興味ある、瞑想に興味ある、現実逃避に興味ある、そんな皆さまのご連絡お待ちしておりまーす!!

他にもスポットでカモミール摘み、山椒摘み、などなどハーブや野草を摘んで乾燥させるアルバイトなども検討中です。こちらは妻主導なので、時間が限定されてしまいがちですが、もしご興味ありましたら合わせてご連絡くださいね!!

春は幸先よいスタートが切れました。

youtubeの関連動画を拾って、ルパン三世のテーマから始まってレオンのテーマやマイケルジャクソン、Xjapanの紅、Jaywalkあたりを経た挙句の果てに横浜銀蝿を聴きながら事務仕事。ええやん、ツッパリ!突っ張り突っ張り!

さて。

デジカメでも携帯電話でも写真を撮ってはいるのですが加工してアップロードするのが億劫でテキストばかり、すみません。

音吹の2017春野菜、本格的に始まりつつあります。

春葉物、ここ数年は直蒔きで惨敗続き、先が見えない感覚でおりましたが、ならば定植と苗を立てたアブラナ科がとても良くできました。試験的少量栽培で今回限りとはなりますが、来年以降は直蒔きは避けて定植一本でも可能かも。人件費含めたコストとしても非常に優秀な気がします。それもこれもマルチャー導入の結果かと思います。サラッと言いましたが、いつかの日記で書いた新農機はマルチャーです。管理機タイプのもの。今シーズンはこれのおかげでかつてない作業能率。おそらく、今シーズンは野菜の品質のアップのみならず浮いた時間を使ってすぐには結果として現れない管理作業の充実度が例年に比べて飛躍的に上がっている気がします。

非常に楽しみな一年ではありますが、結果を出さなければ正直しんどい一年でもありまして、そういう意味でも幸先よいスタートが切れそうだな、と一安心。

画像はそのうちアップしますが、妻もいよいよドライハーブ作業もスタートさせております。

ヨモギ、山椒、八重桜に始まりまして、そのうちカモミールやヤグルマギクも始まりそうです。

ハーブのみならず乾燥させたい植物が山ほどありまして時間はいくらあっても足りないくらい。いくらでも仕事したいといった気分です、夫婦ともに。

時間余って仕方がないという方、スポットで音吹の作業お手伝いしませんか?

ちゃんとアルバイト代、お支払いしますよ!

…ちゃんと募集しようかな。

問い合わせフォームを作りました。

23日野草食べる会した事他、ちゃんと振り返って書きたい事がたくさんあるのですが、そのまま春夏作畑仕事の種蒔き・植えつけラッシュを迎えて、何が何やら分からぬ猛スピードで何かしらを何かしらしています。

雨降りの昨日はスタッフみさとちゃんに鉢上げ他、苗仕事をお願いしました。アロマティカス、ラベンダー、サラダバーネット、スナップドラゴンの鉢上げ…おい、野菜がないじゃんよ、何だその作物。

千成ひょうたんは購入種と自家採種を種まきして、鉢上げ。自家採種分も85%の発芽率。カスカスの種で発芽するか心配でしたが、結構なものです。来年からは自家採種一本でいきます。

今年は大生姜40kg作付けします。どうなる?!植えつけに向けて切り分け、約500片ほどになりました。定植は株間30cmほどを予定、となると1条植で150m畝が必要ですね。2条千鳥で75mでまとめるか、どうしようかね。

苗仕事を任せて、ワタクシはと言いますと、野草の会で散らかり切ったいろいろを片づけたり、ずーっと放置してあった小型金属類ゴミ的なスプレー缶やら何やらを整理・ゴミだし準備したり。

webサイトも少しだけ更新。ずっと取り付けようと思っていたメールフォームを今さら設置。

これでようやく、コメントでなく、直接音吹にコンタクトできます。遅くなりました。何でもお問い合わせください。

よし、とりあえず今日も畑。

 

農家仲間がああしてたから、じゃあ僕も!というお話。

雨予報。

いつ頃から降り始めるか分からない、そんな天候事情も考慮に入れて作業内容をいろいろと組みます。

…で、いざ挑むわけやけれども。

予定していたパクチーやレタスの定植作業をこなしてたら、隣の畑で【わっぱ堂】店主がめちゃくちゃ急いで(るように見えた)トラクター乗ってるものですから、パクチーだけ植え切って慌てて予定変更、よっしゃ自分たちも畑いじくるぞ!!と。

思いのほかに雨はギリギリまで降らずにいてくれて、本当はこなしたかったけど途中で雨降ってきたらどうしようもないしやめとこ、と思って避けてた作業を全てこなし切りました。

あー、こういう臨機応変な段取り変更がバシーッと決まった時の爽快感ってないですね。農家あるあるだと思います(^^)

午後から雨降ってきたので、予定通り事務仕事。がっつりとパソコンの前に座って、たまってた案件をひとつひとつクリアしていきます。

別に【わっぱ堂】店主と何かを話したわけではなく、ただ見かけただけなのですけど、同じように現場で頑張ってる農家仲間がいると色々な局面で刺激的、そして、ありがたいなーというお話です。

緑深くなる。

先週の半ばほどからの陽気が桜の開花を促したようで、大原でも少しずつ桃色が目につくようになっています。桜の開花のみならず、緑という緑の生育にギアがかかったのか、カラスノエンドウはバッと広がり始めましたし、スイバは一気に丈が伸びました。

育苗中の苗も急激に動き出したので、大慌て。

あわわあわわと、本日月曜日、雨が降る予報の明日までに定植を。フリルレタス、ディル、チャービル、ワイルドフェンネル、ジャーマンカモミール、スイートアリッサム、ヤグルマギク、カレンデュラ、サラダバーネット…と野菜や花、ハーブ類の植えつけラッシュは続きます。

長い冬を越えて、夏を待つ間の、わずかながらの短い春。

今年はビニールハウスを張りっぱなしで2月13日にようやくの育苗開始(レタス)。この開始時期をもう10~20日早められたらいいのですが、ハウスの周囲は積もりに積もった雪・雪・雪…。当然、ハウスの天にも積もりますから、太陽光も遮られます。寒さがちょっと厳しすぎる、という印象ですが、果たして来年はもう少し早めることを目標にして何とかできるだろうか。がんばりましょう。

とにもかくにも、

ここから加速度的に作付けシーズンは動きます。

種蒔き、定植、除草、畑づくり、草刈り…。そして春だから様々なイベントも。いやいや、こりゃ大変ですわ。

今日、小学校一年生になった長男は、身体に似合わぬ大きなランドセルを背負って、ご近所のお姉ちゃんに連れられ、登校していきました。

長男くんの後ろ姿を見て、何というか感慨深いものがありました。大きくなったなぁ…((+_+))

種まく長男と菜の花。

大原の朝方はまだまだ霜が降りる日々とは言え、日中は作業の内容によっては汗をかくほどの陽気も感じられるようになってきました。今年の桜の開花は全国どこもかしこも遅くなりそうですね。

先日卒園した長男の入学式は明後日、あいにくの雨予報ですが散る桜もないので、それはそれでよしとします!

 

春休み中の長男くん。

トマトの種まき。

「ぼく、大きくなったらお父ちゃんと一緒に農業するんだ!」って嬉しいこと言ってくれてます。いつまでそんなこと言ってくれるんだろう(^^)

種まき前に、育苗用のポリポットの土よごれを落とす仕事をしてもらってたら、とっても楽しそう。

よし、じゃあ種まきさせよう!より楽しんでくれるに違いないぜー!

と思いきや。

父親に似て飽き性の彼は根気のいる種まき仕事は苦手な様子。たった一枚でヤル気が失せました(^_^;)

まぁそんなもんやんね、また気が向いたら手伝ってな!


昨シーズンは情けないほどに野菜の出荷ができずじまいだった音吹。

今年はちゃんとやる!(当たり前)

やるべきことをやる!(当たり前)

と、意気込んで春夏作の準備に励んでおります。現在はほとんど野菜もありませんので、先日の朝市は菜の花ばかり。

 

 

雪の影響や獣害で主枝をボキッとやられたオータムポエムは側枝を伸ばして、いまだに少しだけですが収穫を続けています。だけどいよいよおしまいですね。

 

こちらは紅菜苔。

紫色の茎葉が美しい摘み菜です。こちらははじめてのマルチ栽培。可能性を感じました。

非常によろしくない苗を植えたにも関わらず生育の後半はぐぐぐっと伸びてくれました。最後の力を振り絞っていますが、三月中下旬から四月にかけてのこの時期にありがたい存在でした。

来年はもう少し作付量増やして、朝市のみならず毎日出荷できるようにしよう。

 

はたけ菜の菜の花。

初午には、はたけ菜のからし和えを食べると縁起が良いとされていますが、そのはたけ菜も菜の花が咲き始めています。

もうあと一週間、もって二週間ほど?朝市限定の出荷品目ですが、さっと湯がくだけで美味しい菜の花はこの時期ほんとにありがたい。

音吹は他にチンゲンサイの菜の花も、これまた朝市限定ですが収穫しています。

咲き乱れる花。

彼らにとっては生命をつなぐための生育ステージ終盤戦ではありますが、冬を越した人間にとっては躍動感溢れるこの姿に何か喜びを感じるものですね。

ではまたね。

バーク堆肥をちょこまかと撒く。

今日は音吹夫妻の九回目の結婚記念日。

毎年、野菜を使ってもらってるどこかのレストランで食事をするのですが、今年はオシャレしたい気持ちを押し殺してサラッとスルー。

朝市の後、新規参入希望者に農地を案内・紹介したり、大原の若手農業者の会議に出たり、あるパーティの打ち合わせを今からする予定であったり。

お祝いムードゼロのまま、滅茶苦茶天気がいいのに畑にも出られず、なかば不貞腐れ気味にビールで喉を潤しています。

 

 

堆肥。

滋賀県朽木にある上田林業という林業の会社がつくるバーク堆肥を使っています。

 

こんな具合にローダーでドバッと軽トラに直積み。

ほかほかのバーク。

これを最近は畑に撒いています。畑や土質によってソバガラ、モミガラ、馬糞、緑肥、稲ワラなどを投入して土づくり。

 

 

疲労困憊な堆肥の散布作業も、一昨年に中古でクローラー運搬車(画面右の緑のやつ)を購入したことで劇的に作業能率アップ!

運搬車、便利!

腰、しんどくない!

思った以上に様々な局面で多大なる働きをしてくれる、買って良かった~と思える農機でした。

おっと、打ち合わせ相手が来られました。

それではひとまずこのへんで…また書きます!