春準備順調、こどもと映画村。

少しブログの日があきました。

 

 

いよいよニンジンも全て掘り切り、26日の朝市で最終出荷を終えようかという段に入りました。

そうするとやるべきことは、春作の準備。

昨年のような不安定な天候時にも揺るがない野菜が育つような土づくりを、と地力の少ない畑や通気性の悪い畑また次作の野菜に必要なもの、それぞれの特性に沿って堆肥や有機物を入れては耕しています。

パッとしない天気(作晩も予報になかった雨が降ったようで路面や畑が濡れている、今日は耕す予定だったのに~!!)であったり、四月も目前なのにまだ冬の名残のような寒さを感じる大原ではありますが、レタスを植えたり、様々な種を蒔いたり、準備についてはおおむね順調ではあります。

そんな中、前回の日記でも書いたとおり、「父ちゃんは他のお友達の父ちゃんと違って全然遊んでくれへん!」と息子から指摘されたわけですが、そう言われないためにも!先日の祝日、スタッフに仕事を任せてお彼岸に帰省、父子三人で【東映太秦映画村】に行ってきました(妻は入学に向けての準備を)

京都生れ京都育ちですが、映画村はじめて訪れました。時代劇で見たことのある風景が広がっていたり、我々がこども時代にやってた戦隊ヒーロー物や歴代仮面ライダーの等身大マネキンがあるなど、興味をそそられる何かしらがたくさんありましたが、今回はお子たちのワガママに付き合って遊ぶ日!

 

 

憧れの忍者衣装に駄々こねて買ってもらった刀を手に江戸の街並みで立ち回って楽しそうでした

この忍者衣装レンタルで3,000円!?汚さずに返却すると2,000円バックという。

アスレチック脱出アトラクションで脱出に手間取って、おしっこおしっこ!言う次男坊にドキドキハラハラ、隙あらば片膝ついて忍者ポーズ決めようとする長男に「座るな!立て!」と指示すること多数、ヒヤヒヤしながらの装束遊びでした(^_^;)

楽しかったようで何よりです。

 

 

もちろんぼくも楽しみましたよー!

…しかしこども向けのアトラクションが思った以上に多くてびっくりしました。

老若男女問わず楽しめるスポットですね、またじっくり行きたいです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です