脳みそを揉みほぐす。

毎年のことながら一月も下旬に近づくと作付計画を練り始めます。

今年はまだまだ収穫できる野菜が残っていて、うん、なかなかその気になれませんでしたが、出荷準備に余裕のある日を狙って少しずつ進めています。

昨年のデータをさらってみるに…

まず、やっぱりデータ化していってることで検索が容易!!自分にとって使い勝手のいい表になるように、少しずつ必要な項目を加えたり表計算の内容をああしてみたりこうしてみたり…。

ちゃんと蓄積されたデータを活かしていくことが今後の課題ですが、そのためにちゃんとパソコンの前に向かう時間を確保せねばなりません。

これが存外難しい。

農家って、身体使うでしょう?そしたらこう…なんというか脳みそまで筋肉ついてきたんちゃうかと錯覚するほどに、思考が単調化するんです。その日の仕事の段取りを考えるのはまぁまぁできるんですよ、身体使いながらでも。

だけれども、中長期的に計画を練ったり、新たな知見を栽培に活かすべし!と勉強したりするのは…いやー、何でやろう、無理!!

これ全く別個のセクションで動いてるんじゃないかと、回路がもう全く別なのではないかと。

 

一度もみほぐしてからじゃないとダメですね。

 

普段から、思考する癖をつけておかないと。錆びてるわけじゃないと思うんだよな、絶対脳みそが筋肉に近づいてるんだと思うんだよなぁ。

 

よし、もみほぐそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA