webマガジンや動画の取材が相次いでいます。

11月~12月にかけては大原野菜の最盛期。

盆地にまとわりつく湿度が露地の根菜にみずみずしさを与えてくれ、加えて程良い寒さのおかげで甘味も増していきます。

行楽シーズンの名残をそのままに、師走特有の、購買意欲が高まる雰囲気が年末まで引っ張られ続け盛り上がる季節です。

この時期は取材もやたらと増えます。ありがたいことです。

★先日、【久松農園】の大原ツアーに同行してくださった、maru communicate代表、農業・食のコミュニケイター紀平真理子さんが書いてくださった、AGRIPICK掲載の記事【世界の音がある朝市・マーケット|おしゃれじゃないサスティナブル日記No.13】。世界のマーケットと比較もしてくださっていて興味深いです。

★大学生のリアルなライフスタイルwebマガジン、コトカレの取材記事、【#京都里山くらし】。大学生の方からいろいろとインタビューを受けながら…。こちらは地域おこし協力隊の京都市左北山間地域ver.のかがやき隊のセイゴくんコーディネイトでお話を。大学生、今年はほんとに残念な一年でしたが、腐らずに楽しんでいただきたいものです。

★北欧ヴィンテージ家具やインテリア通販ショップキラリオインテリアは朝市の動画をPV風に撮影してくださいました。こちらはまたそのうち朝市サイトなどやSNSでもアップしたいと思いますが、まずは音吹サイトで公開。朝市の雰囲気が何となく伝わるのではないでしょうか。

==========================

そんなこんなで、日頃の畑仕事、事務仕事、に加えて来週も二件ほど動画撮影が控えており、忙しく過ごしています。

お日様がさす時間帯は限られているだけに、よりコンパクトに、効率的に、素早く動く方法を模索せねば!がんばろ。