2014-2015年末年始③佐藤農園で短期研修

最後の1つは、

佐藤農園で短期研修!

2006年から2008年までお世話になった研修先、大分県は宇佐に所在する【佐藤農園】です。有機JASを取得して、全国にその野菜を送り出しています。営農規模は2.5haと言いますが、見た感じ、もっと大きいと思う。研修生やアルバイトの方が常時5名以上いて、尋常じゃない数の野菜の出荷作業に勤しんでおります。研修生のレベルの高さ、そして意識の高さに驚きました。大変な苦労やストレスはたくさんあるだろうけど、これはすごい、きっと就農時に自信になるでしょう。

音吹もいずれは研修生を、という夢を持っております。そんなわけで今回は具体的な見るべきポイントを自分なりに持って研修に挑むことができました。非常に有意義な時間でした。

20150103satounouen0120150103satounouen02この時期は畑にキャベツ、ブロッコリー、カリフラワーを中心に、根菜や葉物がまんべんなく。どーんとたくさん!これだけ野菜、マルチ無ですよ、ほんとにすごい。

ハウスにはホウレンソウ、セロリ、春菊が主体。ぼくが研修していた頃よりも土がいい土になっているように思います。実際、作物の出来が段違い。

年々、肥料の量を減らしているとのこと。有機物を毎年投入して、畑の中で微生物が活発に生きているのだろうなぁと想像。

あぁ、うちもそうなりたい!

今回は、畑仕事をがっつり2日半させてもらった他に、卒業した研修生幾人かに声掛けして来てもらい、現研修生でお話する場をセッティングしました。そういう場がこれまで佐藤農園ではありませんでした。ぼくも研修中、そんな機会があればなぁと思っておりましたが、さて、研修生というか弟弟子のみなさまに少しでも得るものがあればいいのだけど。(ぼくはおおありでした!いい時間だった!)

研修の経験をいかにして次につなげるか。京都に帰ってきた今、ぼくの頭はそれでいっぱいになっております。得たものをアウトプットするのは…苦手な作業だけにがんばらねばー!

来年もまた行きます!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です