音吹邸まで引取可能な方限定で野菜セット始めます。

七夕も目前ですが、台風も目前ですね。まさかの…。

さて、台風は逸れてくれるのを祈るのみですが、この暑い中に少しずつじゃがいもの掘り上げが始まりました。夏野菜も採れ始めています。

 

そこでお知らせですー

大原の音吹邸にまで引取可能な方限定で夏野菜盛り合わせセットつくります!

里の駅に買いに来るけど、音吹の野菜は一式ないやん!という時など、規格外のハネ品でいいしたくさんあるもの教えてや!という人など向け。ご連絡お待ちしてまーすよー!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

音吹の夏野菜セット

以下概要をご確認の上、お問い合わせくださいませ!

☆野菜は以下の中から8~10種類が基本セット、それに加えて採れたて野菜の規格外ハネ品が入ります!←これポイント!

→ナス、ピーマン、万願寺とうがらし、伏見とうがらし、いんげん、紫いんげん、ミニトマト、瓜いろいろ、オクラ、コリンキー、玉ねぎ、じゃがいも、ニンニク、空芯菜、ツルムラサキ、他に加えてハーブ類

☆1500円!

☆音吹邸での直接受け渡し、現金お支払いのみで、発送はいたしません。(引取のタイミングがどうしても合わない場合はお振込先払いにて対応可能です、ご相談ください)

☆資源の無駄遣いを避けたい観点から段ボールは使いません。コンテナに直接詰めてお渡ししますので、袋や箱などをお持ち帰り用にご準備ください!

☆引取OKな時間帯は

火、水、木、金、土→12~14時、17時以降

日は6~10時まで

(それ以外の時間帯は応相談)

☆アクセス方法

音吹邸→

601-1244

京都市左京区大原上野町252-1

①車(上記住所どおりに来ると駐車スペースのない場所へ到達します。すぐ近辺に公園や町内の公民館、とても大きな一本杉がありますが、そこから徒歩30秒かかりません。近隣住民の方の通行の妨げとなるような駐車はくれぐれもご遠慮ください。農道脇に駐車して徒歩でおいでください。特にこの時期は農家は繁忙期のため、農道への出入りが頻繁です。農道の出入り口をふさぐような駐車はくれぐれもしないでください)
②京都バス
停車駅→【野村別れ】降りるとコンビニがあります。上記住所には徒歩5分程度ですが、わりと急な坂道を登ります。分かりにくければご連絡ください。マップ参照。
京都バスホームページ路線図
ページ左下の「17京都駅~出町柳駅~大原」または「19 国際会館駅~大原・小出石」をクリックしてご確認下さい。

http://www.kyotobus.jp/route/timetable/index.html#Map

※京都バス所要時間の目安(交通状況により異なる場合があります)
京都駅から :約1時間
出町柳駅から:約30分
地下鉄国際会館駅駅から:約20分(1時間に1~2本)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて
「送信」ボタンをクリックして下さい。

確認

ご連絡お待ちしておりまーす!

 

Dai’s Deli & Sandwichesさんに便乗してgo baaanに載せていただきました。

最近、里の駅大原に朝一番出荷しに行くと必ず【山本有機農園】の山本さんと「今年はヤバいなー、土づくりからしっかりやり直さないとあかんなー」などと話しています。

何度も何度も書きますが、やっぱり十月の日照不足による生育の遅れ、これが非常に大きく響いて来ているように思います。そしてトドメの台風と。まだ幼苗だったホウレンソウやタアサイも、回復してくれるかと淡い期待を抱いておりましたが、どうもこの寒さではなかなか大きく育ってはくれず、それどころか大雨と大風にしばかれてズタズタになったまま消えていく苗も数多くあるようです。

うーむ、災害、恐るべし。

しかし、そんな被害や生育の遅れによる弱音を吐くや、「がんばってください!」と多数のご声援をいただくなど、何とも我々はありがたい生業に就いているものよのぅ、よよよ、と嬉しくなるものです。

人間誰しも少なからず承認欲求はあるもので、認められ褒められると、よっしゃ負けてられへんでーと奮起しますね、ありがとうございます。

さて、そんな中、先日。

京都のフリーペーパー【go baaan(ゴ・バーン)】の取材を受けました。

ずーっとお世話になっております、【ダイズデリ&サンドイッチ】さんからお話をいただいて、この晩夏と先日に朝市にご来訪いただいておりました。

 

 

こちらクールビューティー【ダイズデリ&サンドイッチ】の松本さん。

長いこと大原の朝市においでくださってまして、音吹は朝市に参加させていただいて以来の縁です。

一時期は、店舗の前、軒先販売を隔週でさせてもらっておりました。

超ボリューミーなアメリカンサンドイッチを主に、オシャレで美味しいお惣菜がたくさん並ぶ、仕事帰りのOLさんに大人気のお店です。

【go baaan(ゴ・バーン)】とも古くから縁があるようで、今回はぼくも便乗させてもらったのですが、そのwebサイト内の記事が【こちら】

美しい松本さんと対をなして、クッソ小汚い音吹園主がニヤケ面で映っておりますので、どうぞご覧ください。

【go baaan(ゴ・バーン)】さんからキレイなキレイな写真をたくさんいただきました。

掲載許可いただきましたので、これまた見てくださいね。

 

 

冬瓜もプロのカメラマンが撮られるとこんなに美しい。

今年は豊作でした。

皆さん食べてくださいましたか?

ひょっとして5日の朝市が最終出荷になるかもしれません、お楽しみくださいね。

 

 

ビーツの畑で、何やらちょこちょこやってる園主。

生育遅れが目立つビーツですが、さて、大きくなってくれるのか。心配ではありますが、それはそれとして、こんなふうに作業してる風景を撮ってもらえることがないので嬉しい一枚です。

ぼくは時に作業中に前掛けを着けていることがあります。

肥料をふる時、土がたくさんつきそうな収穫の時、などなど。

作業パンツはね…あまり汚すと洗濯機壊れるから…。

 

 

こちらも何てことはないビーツの葉、ですが、やっぱりプロの腕は違いますねー!

赤い葉脈がこんな見事に。

他にもたくさん写真いただきましたが、こんなものにしておきます。

最後に…

 

 

音吹のお子二人と一緒に。

産まれた時はコンテナやザルに入って寝てたのにな…。

 

 

長男一歳くらい?六年ほど前?!

朝市のある一場面にて。

大きくなるもんです。

…次男くんの写真はイイ感じのがありませんでした、またの機会に。

ではではまた。

皆さま、ゴ・バーンどこかで手にとって見てみてね。

ダイズデリ&サンドイッチにも行ってみてね!

 

===============

go baaan

https://www.go-baaan.com/

===============

Dai’s Deli & Sandwiches 六角店

〒604-8112 中京区柳馬場通六角上ル槌屋町95-1

tel/Fax  075-223-3851

11:00~20:00

http://www.dais-deli.com/

===============

 

22日(日)朝市やるよ、来てね!

10月22日(日)の大原ふれあい朝市は開催予定です。

 

 

開催時間中は台風被害もないでしょう。

雨は…知らん、強いかもしれんけど、大丈夫、お風呂嫌いな人にはむしろ降ってるほうがいいです。

音吹は一週間風邪で無駄に過ごした貧弱園主が間引いた根菜や抜群の柔らか春菊、ルッコラなんかを引っ提げて、若干少なめ収穫したけど、意気揚々と参戦しますので、雨なんて降ってないことにして皆様意気揚々とお越しくださいね。

それではお待ちしております!

9月17日朝市は中止。

速報!

9月17日(日)大原ふれあい朝市(里の駅大原の朝市)は台風接近のため中止となりました。

台風の進路や速度次第では「できるやん!?何で休むの?!」となる可能性もありそうですが、風でタープが飛んでくような、万が一の事故などを考慮した上での決定です。

毎週お越しくださるお客様をはじめご来訪予定のお客様には大変申し訳ありませんが、何卒ご理解賜ります様、よろしくお願い申し上げます。

ちなみに里の駅大原は開店しておりますので、よろしくどうぞー、きっと朝市に出せなかった出店者たちもこぞって里の駅大原に出品するはずですよーお待ちしています(^^)/

============================

例年どおり、9月は夏野菜が終盤を迎え、秋冬野菜の準備に取り掛かるため、野菜の少ない、いわゆる端境期です。毎週のように、大原朝市に来てくださるお客様に、「野菜が少なくて申し訳ありません」と謝り倒しています。

ずっと通ってくださるお客様は「そやなー端境期やなーしゃあないなー」とご承知の様子。…めんぼくないです。

露地野菜中心の自給農村では収穫時期のズラシもそうズレ幅を大きくすることできず、旬の野菜は美味しいものの、常日頃野菜がそろっている、というわけにはいきません。スーパーや市場に行けば、いくらでも野菜は揃う。真夏に大根やキャベツもあります、真冬にキュウリも揃います。ところが、当たり前のように安定して野菜が揃う、というのは、産地の農家さんが尋常でない努力をされた結果なのですね。

では大原の強みって何なのでしょうね。

…うん。

自然の摂理に沿った旬の野菜を食べられることはもちろんなのですが、端境期の事情も、旬の野菜が大量にわさわさ出てくる事情も、何もかんも全て農家の日常で、その農家の日常を非農家のお客様と共有できること、これが一番の強みなのでは、と最近では思っています。

安定供給できるほど大きな圃場もなく、高い技術力もない大原の農家たちの野菜を気に行ってくださるのは、たとえばレストランであれば、「その日採れたものをその日のメニューに取り入れる、野菜が入らなければ入らないなりに何か工夫される」、そのようなところが多いように思います。

安定して同じメニューを出し続けるレストランの魅力もあれば、そうでないレストランの魅力ももちろんたくさんある。農家も同じですね。

とは言え、端境期でないんですごめんなさい!と胡坐をかいているだけではダメですね(T_T)

できる限り、端境期にも何らかの野菜を出品できるように、何か考えて努力していく。きっとまだまだまだまだ改善の余地はあるはず!!

よし、今日もがんばりましょう。またね。

京都大原ブルーベリー農園に見学に行きました。

作業の合間にちょっと尋ねてきましたのは大原小出石町に6月28日オープン予定の【京都大原ブルーベリー農園】

もうずっと長いことブルーベリー農園構想を温めてこられたスタッフさん達が満を持してこの初夏に観光農園としてスタートされるという大原の新たな面白スポットです。

スタッフさん達は、建築士・デザイナー・経理畑の方・営業職の方、とそれぞれの分野のプロフェッショナルな皆さん。そんな皆さん、もちろん非農家出身であらせられますが、非農家出身だからこそ、しがらみに縛られず大原を盛り上げていこうー!と今急ピッチで農園を準備されておられます。

第一農園が今夏オープンしますが、第二農園も現在整えておられる真っ最中とのことで、本業でお忙しいでしょうに精力的に大原小出石にて拠点を着々と広げておられるという。

音吹はたまたまスタッフの方と知り合うことができて、野菜やハーブのことでご一緒させていただけそうで、今回見学に寄せてもらったのでした。

 

 

 

第一農園には70種類ものブルーベリーが植わっているのだそう。

自動灌水や養分供給システムは農業のひとつの到達点でしょう。

(ぼくは自然農や有機農業の考えが好きですが、農業技術の進歩そのものを否定する立場には決してありません)

いやしかし、またひとつ面白いスポットができましたね!

この夏はブルーベリー摘みまくりますか?!

ぜひ遊びに行ってみてくださいね!!

*************************

京都大原ブルーベリー農園

http://kyoto-ohara.net/

*************************