里の駅大原、第二回、秋のプチ感謝祭!

いろいろなことを振り返る間もなく日々がめまぐるしく過ぎていき、気がつけば師走も目前です。

そんな中、【里の駅大原】にて12月3日(日)こんなイベントあります!

::::::::::::::::::::::::::::::::

第二回 秋のプチ感謝祭

12月3日(日)10:00~14:00

ジビエカレー、お雑煮、秋野菜を使ったお味噌汁、大原や静原のお米でむすんだおにぎり などを各皿100円からお届けします!

::::::::::::::::::::::::::::::::

日頃より里の駅大原にお買い物に来てくださるお客さまとの交流を第一に、感謝の気持ちを込めての第二回感謝祭!毎週日曜日に里の駅大原駐車場内で出店されます、燻製屋さんやお豆腐屋さんが主体となってご企画くださったイベントです!

大原ふれあい朝市に出店するメンバーもその思いに共感し、なかなか早朝6時から大原まで行けないよ~、というお客さまにお届けしたい大原の幸を極めてシンプルにおにぎりとお味噌汁でご提案させていただきます(^^)

ぜひぜひお越しくださいねー!

ちなみに当日はもちろん朝市も開催します。音吹園主は朝市後、この感謝祭開催時間中もずっと売り子として店先に立つ予定をしています。

朝市って行ったことないけどどうなん?どんな人が出店してるん?

どんどんおしゃべりに、冷やかしにおいでくださいね。そしてお気に入りくだされば、ぜひぜひちょっと早起きして朝市にもお越しください!

落ち葉散布とKyoto Farmers Market一周年記念イベント出店、23日だよ来てね。

落ち葉ネタばかりですいません。

落ち葉拾って、撒いて、ってな話の何が面白いねん。いや面白いねんで。

 

 

小さな畑に、ミカン箱コンテナ19箱分、一箱あたり10~15kgほどみっちり詰まった落ち葉をバッサーバッサー撒いて鋤き込み。

分解の早そうな落ち葉の入った箱をチョイスしてバッサーして浅く耕します。

分解の遅い、フェノール酸がたくさん含有されてるクリなどは畝間散布、もしくはすぐには植えつけしない、収穫が終わった後の畑に撒いて耕うん。

エンドファイト!!

菌様、がっつり土を肥やしてね。

さて。

明日はKyoto Farmers Market一周年記念のマーケットに出店します。

【Kyoto Farmers Market一周年記念イベント】

地球研(総合地球環境学研究所)で開催されます。

音吹は出店の他に、トークセッションに園主も参加することになりまして、今から園主はドッキドキ、明日までに早口と滑舌と豆腐メンタルが治ることを神に祈っております。

ついでに薄毛もな。

来てな。

9月17日朝市は中止。

速報!

9月17日(日)大原ふれあい朝市(里の駅大原の朝市)は台風接近のため中止となりました。

台風の進路や速度次第では「できるやん!?何で休むの?!」となる可能性もありそうですが、風でタープが飛んでくような、万が一の事故などを考慮した上での決定です。

毎週お越しくださるお客様をはじめご来訪予定のお客様には大変申し訳ありませんが、何卒ご理解賜ります様、よろしくお願い申し上げます。

ちなみに里の駅大原は開店しておりますので、よろしくどうぞー、きっと朝市に出せなかった出店者たちもこぞって里の駅大原に出品するはずですよーお待ちしています(^^)/

============================

例年どおり、9月は夏野菜が終盤を迎え、秋冬野菜の準備に取り掛かるため、野菜の少ない、いわゆる端境期です。毎週のように、大原朝市に来てくださるお客様に、「野菜が少なくて申し訳ありません」と謝り倒しています。

ずっと通ってくださるお客様は「そやなー端境期やなーしゃあないなー」とご承知の様子。…めんぼくないです。

露地野菜中心の自給農村では収穫時期のズラシもそうズレ幅を大きくすることできず、旬の野菜は美味しいものの、常日頃野菜がそろっている、というわけにはいきません。スーパーや市場に行けば、いくらでも野菜は揃う。真夏に大根やキャベツもあります、真冬にキュウリも揃います。ところが、当たり前のように安定して野菜が揃う、というのは、産地の農家さんが尋常でない努力をされた結果なのですね。

では大原の強みって何なのでしょうね。

…うん。

自然の摂理に沿った旬の野菜を食べられることはもちろんなのですが、端境期の事情も、旬の野菜が大量にわさわさ出てくる事情も、何もかんも全て農家の日常で、その農家の日常を非農家のお客様と共有できること、これが一番の強みなのでは、と最近では思っています。

安定供給できるほど大きな圃場もなく、高い技術力もない大原の農家たちの野菜を気に行ってくださるのは、たとえばレストランであれば、「その日採れたものをその日のメニューに取り入れる、野菜が入らなければ入らないなりに何か工夫される」、そのようなところが多いように思います。

安定して同じメニューを出し続けるレストランの魅力もあれば、そうでないレストランの魅力ももちろんたくさんある。農家も同じですね。

とは言え、端境期でないんですごめんなさい!と胡坐をかいているだけではダメですね(T_T)

できる限り、端境期にも何らかの野菜を出品できるように、何か考えて努力していく。きっとまだまだまだまだ改善の余地はあるはず!!

よし、今日もがんばりましょう。またね。

7月30日(日)朝市にて焼き野菜ふるまい、あるよ!

大原ふれあい朝市(里の駅大原駐車場内の朝市)で焼き野菜のふるまいやりますよー(^^)

日頃の感謝を込めまして、生産者一同入魂の夏野菜を、有機野菜料理わっぱ堂店主が暑い最中に炭火で焼きまくるよ!

ふるまいだからもちろんタダだよ、タダより安いものはないよ、採って間なしの夏野菜は鮮度が抜群、まるっと食べて夏バテ防止!!

ちょっと早起きして遊びに来てね。

■■■■●■■■■●■■■■●■■■■●■■■■●■■■■●■■■■●■■■■●

第一回収穫感謝祭~

★日時 7月30日(日)6:00 – 9:00(朝市開催時間中)

★場所 大原ふれあい朝市(里の駅大原駐車場内)

■■■■●■■■■●■■■■●■■■■●■■■■●■■■■●■■■■●■■■■●

 

野菜の即売会6月25日。

6月25日(日)10時~16時頃まで、音吹邸にて余剰野菜の即売会します。

■ズッキーニ、丸ズッキーニ、きゅうり、じゃがいも(メークイン、アンデスレッド)、にんにく、玉ねぎなどなど。

先週からズッキーニやきゅうりがたくさん採れてかなりの余分が出ています。

明日は雨。

朝市後もダラダラと自宅で何かしらしながらゆるりと過ごす予定ですので、農家とお話してみたい方、ズッキやきゅうりなどたんまりぬか漬けしたい方などなど、ぜひぜひお越しくださいませ!!

場所は

601-1244京都市左京区大原上野町252-1

 

わからなければお電話くださいませ!

090-5657-8293

おとふく高田

 

※里の駅大原にも出品しておりますので、そちらも合わせてどうぞー!