にんにくの種球を鱗片ごとにバラす作業。

先日、にんにくの種球を鱗片ごとにバラす作業に、援農をお願いしました!

雇用開始以前はwwoofホストだったこともあり援農者に積極的に来てもらったり、農園への人の出入りが多かったです。

なので、全然知らない人同士が農作業を介して話をする雰囲気、ちょっと懐かしかったですね。

大原では、にんにくは9月下旬~10月上旬にかけて植付けます。

植えつけるのは、皆さんが料理に使用する際にバラバラにしたひとかけらごと。鱗片と言いますが、こちらを植えるわけです。すると翌年の5月には収穫することができます。

収穫したにんにくはホールの形で乾燥・保存します。だいたい半屋内の小屋の梁に吊るして、一ヶ月もすると水分量が70%以下に減って長期保存可能となります。そして順次販売していきます。販売用とは別に、種用に選別しキープしておいたニンニク。これがまた種となる。面白いですね。

バラバラにするには、けっこうな時間を要します。

今回は97.5kgのニンニク鱗片を確保するのに(バラすのに)、一人一人の作業時間を合計すると、32時間分かかりました。

いろいろとお話しながら作業、楽しい時間でした!

さて。

昨年のデータは

★61kg定植(2019年10月1日~5日)
★畝長さ280m
★作付面積4a
★468kg収穫(2020年5月29日)

です。

今年はどうなるでしょう。来週から再来週には植付け開始です。

ちなみに、種量が確定しましたので、もう少しニンニクは販売用にまわせそうです。お楽しみくださいませ!

天気予報が外れがち。

秋晴れ、気持ちいいですね。

九州に大被害をもたらすかもしれないと激しめの予報だった台風10号は思ったほどではなかったと聞きます、よかったです。今年は台風があまり来ないシーズンとなるのでしょうか。それは嬉しいことなのですが、現場では実は、ちょっと雨が降ってほしいと思うようになってきています。

日々の農作業は天気予報をあてにして段取を組みます。

ハウス栽培の場合は雨が降り込まないのでそんなに気にしなくてもいいのかもしれませんが、露地栽培はそうはいきません。作業内容によって誰に何の作業をあてがうか、作業をどこまで進められるか、そんな作物と畑と出勤スタッフによって人員の増減を前日までに検討するので、予報が外れるとてんやわんやです。

例えば…

今日は雨降る予報だったから、前日にガガガッと種まきして苗植えして水はやらない。雨降ってる最中に家の中でセルトレイに種を蒔くぞ、そんなにたくさん蒔く予定ではないから作業も少なめだね、スタッフに任せて園主はたまってる事務仕事に着手しよう!…と段取してたら降らんのか~い!!と。

そうなると、当然今日の作業には水やり作業が加わります、もちろん園主は事務仕事を放置して外仕事に加わります。

今年は…

秋の空は何とやらを地でいく気象予報士泣かせの天気となっています。いやー、外れる外れる。

ま、仕方ないですね。

写真は、高い空の元、音吹の畦道でカタバミやスイバを摘むレストランmonkのオーナーシェフとスタッフさん。日参してはハーブや野菜、野草を物色しておられます。

仕込みを始め、何かとお忙しいレストラン経営において、わざわざ大原まで出向いて里の駅大原でお買い物して…とそれだけで結構なこだわりだと思うのですが、畑まで寄って自らの手で食材を摘むのは、相当なものだと思うのです。

そうまでして表現したい何かが、こうして現場に通うシェフの皆さまにはあるのでしょうね。ありがたいことです。

もちろんシェフさんだけでなく、わざわざ里の駅まで日々の買い物に来られる一般のお客さまにも感謝感謝です!!

迷惑メールフォルダに振り分けられていました。

更新が滞っております。wordpressのブロック?システムが馴染めず遠ざかってしまいます。

最近はほとんどFB、インスタでの投稿が多いです。

しかも、webサイトからメールをいただきましたものが迷惑メールフォルダに振り分けられていることに今気づきました。圧倒的な、迷惑メールを削除してるうちに自動的に振り分けられるようになっていた模様です。

未確認のまま消えていったメール(迷惑フォルダは一定期間の後削除されます)がたくさんありそうです。

本当に申し訳ありません、せっかく勇気を出して送ってくださったメールにお返しすることなく、お気持ちを無下にしたかと思うと、あー、ほんとにすいません…。

今後はできる限りチェックしようと思います。取り急ぎの連絡です。ホントに申し訳ないです!!

ブログ再開。

お久しぶりです。こんなにブログを更新しない期間が長くなるのははじめてです。wordpressのバージョンが古くなって表示すらされていなかったようです。バージョンアップのために、事務仕事時間の大半を浪費しました。

この春から、いろいろと体制が変わって、ドタバタと畑仕事に勤しみ過ぎていました。具体的には5年ほど在籍していたスタッフが辞め、新たにスタッフがチーム加入して、仕事を教えたり畑を回したりするのに精いっぱい動いていた次第です。いやー、突っ走った、春夏…。

SNSでは時折ポストしていました、やっぱりお手軽です。おかげさまで最近はデジカメ持ち歩かず、もっぱらスマホで畑の写真をちょちょっと撮影するのみ。(いや、それすらもする暇なかったな!)そしてインスタやFBで思い出したようにピコーンとアップ。

夏がひと段落して、現在は秋冬作に向けて脳内を切り替え、収穫時期から逆算してはやるべきことの優先順位をつけて、徐々に、徐々に畑も切り替えていっています。

これからもう一度ちゃんとブログ書くことを習慣づけよう。…毎度のことですが、春夏→秋冬、秋冬→春夏、の作付時期にはPC前にいる時間が増えますので、初志を思い出せとばかりに再燃します。毎日毎日一歩一歩、進んで行ける人って偉大ですね、尊敬。

じゃがいも掘り取り完了、犂の威力。

西日本豪雨。

被害を受けた方々のことを思うと無念でなりません。幸いにも大原は大きな被害がなく、日々の暮らしを続けられることに感謝しておりますが、携帯電話からのアラーム連発には常日頃の防災意識を何とかしとかなあかんなと思い知らされました。

何はともあれ…

豪雨後は急激な気温上昇で夏きたーって感じ。汗だくになりながらの農作業が続いています。

============================-

ようやくじゃがいもを掘り切りました。

 

いや、ようやくではない。

昨年は八月まで掘り取りが終わらなかったことを思うと、それなりに早く済ますことができました。

 

 

こいつのおかげ。

クボタ【ベジマスターTA800N】、我が家はこの管理機をマルチャー専用機として使っていましたが、今回じゃがいもを掘るにあたってアタッチメントを購入。

それがこの画像ベジマスターに付けられています犂(すき)。

松山株式会社さんの【松山すきMRシリーズ】

基本的には天地返し、明渠掘り、などへ使用されるようです。

じゃがいも堀り用には【以前の記事】にも載せました掘り取り機を使うほうが良いのですけど、何せ高い。

で、この犂で掘り起こしてしまおうという算段です。(お師匠さんの農園ではこのタイプの犂で掘ってた)

 

結果は…

 

まぁまぁほどほど。

 

約4~5a分ほどで、掘り取りから回収まで、延べ人数11名×10時間ってところか。

収穫量としてはメークイン、アンデスレッド合わせて約1tちょい。規格外品が60kg~100kgってところでしょか。

 

非常に硬く、単純な構造の土壌での栽培。

掘り起こしはかなり力が必要で、三本鋤きでやるより機械を扱う人はしんどいかもしれませんでしたけど。

 

 

規格外品は犂の爪がささったりする、このような傷のものがちょいちょい出ました。

規格外品60~100kgのうち、75%はこの傷。

土壌が軟らかかったならば、もっとスムーズに深耕できたでしょうし、これは栽培圃場のチョイスと栽培期間中の丁寧な草管理でクリアできそうな課題ではあります。

シロザを取り切れずに放置した結果、強烈な根っこが畝に残り、こいつを掘り上げるのに深掘りできなかったという。

何はともあれ、昨年のじゃがいも収穫にかけた時間を詳細に記していないのではっきりと比較はできません。

感覚としては疲労感は多少あるものの手掘りの比ではありませんし、スピードもやっぱり早いように思います。

この犂は新品でも40,000円程度で、中古品ではその十分の一くらいで出品されてたりもするので、小規模生産者には手が出やすいアタッチメントですね!

さ、じゃがいもが終わったから、次は秋冬ニンジンに向けて太陽熱消毒の作業だ!

そろそろオクラも始まるぞ。

オクラの収穫が始まり、合歓の花が咲き始めると、夏が本格到来!と毎年思います。疲れためないようにボチボチやっていきましょうー。

 

 

「おとうちゃん見てー。座禅。」

なんでやねん。