作業の取捨選択は経験により。

13日(日)は苗の即売会を音吹邸にて。

思いもよらない方のご来訪があったりで、普段の畑仕事のみでは得難い貴重な時間をいただきました。大雨の中ではありましたが、半屋内の作業場があるので何をするにも便利!今は仕事のみで使用しているのでオーバースペック状態ですけれども…。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さて、大雨。

今年の作付けシーズンは、予想通り雨が多い。

 

予想通り??

 

3月下旬、安定した天候が2週間以上続きましたので、どこかで帳尻合わせが来るだろう、それはきっと(悲観的観測では)5月上旬にぶち当るはず!と、勝手に予想していておりましたので、うん、まさに!予想通りでした。

 

幸いにも、今のところ作付けに大きな遅れはありません。おおむね予定通り。

 

日頃から、ネガティブ思考な園主にとって、常に最悪を想定して作業計画・作業段取りを練り込み、組み入れていますので今年の場合は功を奏した、というところでしょう(^_^;)

 

今週中に、落花生、オクラの直蒔きを終えれば、あとはクウシンサイ、ツルムラサキ、他を残すのみ。最後まで気を抜かずに!

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

に、しても…

 

こうして考えていると、多品目の露地栽培とは、一にも二にも段取りが生命線です。

 

経験値を蓄積することで、やらなくてもいいことと、やるべきこと・絶対に外してはいけないことがクリアになっていきます。

 

無駄な作業を省略することで時間をつくる。

そうしてできた余剰時間は、よりよい作物を栽培するために充て、地域の役をまっとうするのに充て、あるいは自らのスキルアップ(もしくは余暇?)に充てていく。

 

就農したては、作業ひとつひとつの要・不要が分からないから、不要なことに時間を割いて、もしくは時間を割くだけならまだしも体力を無駄に浪費して、そうして使った時間や体力は野菜の良し悪しには還元されないまま悪循環に陥っていく、という。

 

やらなきゃ分からない、経験しないと分からない。

 

少なくとも、自分で農業やるー!!

って人はたいてい、変にプライドが高くて人の言うことに聞く耳持たなかったりするので…いや、もう園主なんてその典型ですけれども(笑)

そんなわけで、人から教えてもらったところでなかなか消化できない。せっかく教えてくれてるのにね…。

消化するためには実感して痛い目見る、というプロセスが必要という。

 

回りくどいですね、ほんと回り道しまくってますよ、園主は(^_^;)

まぁおかげさまで、何故これをやるのか、何故やらなくていいのか、と実感で取捨選択してくることで得てきたものもあるので、何とも言えませんけれどもー。

今年の春野菜は出来が非常に良いです。

経験値蓄積による賜物、だと思うことにします。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

 

 

3/19播種、4/16定植の②フリルレタス。
この写真は4月16日の定植時の写真。

まだ小松菜などアブラナ科は画像右のほうで不織布被覆中です。

また2/19播種、3/27定植の①レタスは画像左のほうで生育しています。

 

 

5/14現在。

②レタス定植後、約一ヶ月。

 

もうすぐ収穫予定。

 

画像右側の、不織布被覆されていたアブラナ科は収穫をほぼ終えています。

また左側の①レタスも、そろそろおしまい。

①レタスは緑、赤それぞれ1200株程度。

収穫開始は4/30からになりますので、約二週間で、次の②レタスに収穫がシフトしていきます。

 

うちのような多品目ですと、販路を考えてこれくらいの数でじゅうぶん。

これ以上多いと、販路を別に探して、多品目を中品目くらいにしていかないといけないように思う。

 

なかなか難しいね、自分とこの経営に見合った適正規模での栽培…。

 

こちらはエンバク野生種、雪印種苗のヘイオーツ。緑肥。4/10播種。撮影は4/26、播種後約二週間の写真です。

 

その、エンバク。

5/14現在の画像。

播種後、約一ヶ月。

あと一ヶ月で鋤きこむ予定。

 

少しずつ、季節は移り変わっていきます。

 

大原は新緑に溢れています。夏野菜、植え始めています。

苗を育てているビニールハウスが三千院の裏参道、里道沿いにあります。表参道が喧騒でごった返す中も、静謐な雰囲気の中に、地の人の何気ない野良話が心地よく、特にこの季節は生命力溢れる新緑が最高です。

 

 

もみじも、かわいらしい種が。

花粉もひと段落して目鼻にも優しい、農作業するには最も快適なシーズンと言えるかもしれません。

 

少しずつ、夏野菜を植え始めています。

 

 

種を蒔いて、少し大きな鉢に移植して、葉が重なり合い始めたら、一鉢一鉢ごとの間隔を広めにずらして置いておきます。

画像はその、ずらし置き、の様子。

そうすることで、苗が徒長して上に上に伸びることなく、力強く育っていきます。

そうして育てられた苗たちが畑に植えられていく、巣だっていくのは感慨深いものがあります。

実際には感慨深さと同時に、というかそれ以上に、急く気持ちがようやく落ち着く、安堵感の方が大きいかも…。

今年もやっぱりそう。

 

2日の雨前に、ナス類、とうがらし類、トマト類、いんげん類、うり類、赤紫蘇など、主要なものを植え切りました。

ゴールデンウィーク明けに定植本格化か、と思っておりましたが、頼りになるスタッフ達のおかげで一日めいっぱいを定植に集中して一気に終わらせました。

 

ホッ…。

 

残るは、ショウガや落花生、ズッキーニなど。

 

今夏はどうなることやら。

 

楽しみです!

露地夏野菜、植えつけハイシーズン。

大原の露地栽培中心農家にとって、四月下旬から五月上旬の季節は夏野菜の定植時期。

どこの農家さんも、天気とにらめっこしては各々のタイミングで育てた苗(あるいは購入苗)をバシバシ植えていっています。

 

2018年の音吹は…

出遅れています。あれ?!(笑)

 

まだ畑の地すらできていないところも。

 

今年は焦らずに作付けしていく、と決めかかってはいたものの、やっぱりよその農家さんが作業を進めているのを見たり聞いたりすると、焦りますねー(^_^;)

 

4日には大原のお祭りも入りますので、連休明けからが本格的な植えつけ開始になるのでしょか。

 

 

画像はパクチーやレタスの畑。

 

気持ちの良い天気!

 

先日は予兆なきゲリラ豪雨で、園主の精神状態は一気にダウン。

この季節の園主は作付けで頭がいっぱいなので、天気予報どおりに動かない時に発狂しそうに機嫌が悪くなります。

どこの農家さんも似たようなものですかね(^_^;)

身近にいる人にはたまったものではありませんが、舵取りする人間には、まぁしんどい季節なのであります。

どうか気持ちの良い天気が続いてくれますように!!(というより降ってもいいけど天気予報の多くずれがありませんように)

四月中旬の作業や作物の様子。

こちら、インスタにもアップしましたが…

 

 

ヤエザクラ。

きれいですね。

 

引っ越した家の庭に植わっておりまして、今年も咲くやいなや愛でるよりも採る!採る!採る!

…と、

採りまくって乾燥させています。

 

乾燥させたら音吹ハーブティーの素材に。

美しいピンク色がそのままに春らしく彩りを添えてくれます。

 

 

こちらはルバーブ。

 

何度も何度もリベンジしては失敗しているルバーブ。

今年はたった10株程度ですが、何とか越冬してくれました。

このまま草に埋もれないようにちゃんと管理できるのでしょうか。

 

ルバーブと言えばジャム。

酸味の美味しいジャム。楽しみですねー。

 

 

スイスチャード。

種蒔いてー苗植えてー畑耕してー、と目まぐるしく過ぎ去る日々に何が何やらよく分からなくなってくるのですが、植えてしまった苗はゆっくりと着実に、土から養分を吸収して大きくなってきています。

 

 

昨日はレタス第二弾を定植。

画像右側にて、立ったまま苗を植えることができる農具にて定植!

根の張りが良い健苗であることが第一条件、手直しも多少必要です。

人間の手の精度には当然敵いません。

精度はともかく時短面や疲労面(特に腰痛対策!)で活躍してくれそうなアイテムです。

 

ちなみに画像左側は第一弾のレタス、パクチー。

いい感じに育ってきてくれています。

 

今日は、ボリジやレモンバーム、パセリを定植し、ヤグルマギク、カモミールなどに追肥を。

それから肥えを土に混ぜ込むと同時に除草を兼ねて土をカジカジ。

雨前にやりたいことをビシバシ進めます。

降ってきそうなので、園主は事務仕事、スタッフは種まき・鉢上げなど苗仕事。

 

充実の毎日。

明日もがんばろー!

にんじん収穫終了、農機のパフォーマンスをちゃんと発揮させるという事。

春夏野菜、作付けシーズン真っ盛りです。

天気のうつりかわりを見ながら、日々の仕事をすすめていきます。

本日、ようやくニンジンを掘り切りました。

さっさと収穫し切ってしまいたいところだったのですが、朝市に継続して出品することを命題に、ギリギリまで収穫調整・作付け調整しながら粘りました、ありがとうニンジン!また来シーズンもよろしくねー!

 

と、いうことで早速、片づけ。

来シーズンも同じ圃場でニンジンを作付け予定なので、ニンジンにつくキタネグサレセンチュウ対策に今年はエンバク野生種を春のうちに育てる予定。

センチュウとは、まぁ根菜につく害虫やと思ってください。エンバクとは麦の一種、緑肥として畑に良い効果を与えると思ってください。

 

 

センチュウ対策にはマリーゴールドが最も効果的!だそうですが、マリーゴールドは5~7月が種まきの最適時期、そしてその後90日ほどの生育期間を経てようやく鋤きこめます。

…それはタイミング的に難しい。

 

大原では7月中に太陽熱消毒処理を行った後、およそ一ヶ月養生、それから8月中下旬にニンジンを種まき!

というリズムが程良いです。

このリズムにはマリーゴールドは合わないのですねー。

 

で、エンバク。

 

エンバクは4月頃から種まきできる、そして早々に大きくなってくれる。

そんなわけでエンバク。

 

 

 

その前段階の作業として、ハンマーモアという除草農機でカラスノエンドウやホトケノザがわさわさしておったのを細かに切り刻みます。

(画像右側、スタッフ植前が操っているのがモア)

モアのおかげで、ある程度、草が切り刻まれた元ニンジン畝。

作シーズンはニンジン畝の畝間から草が生えるのを防止するためにソバガラを敷き詰めておりました。

おかげで草はあまり生えずに済みましたが、びっしり敷き詰めたソバガラは、そのままトラクターで耕してしまうと畝間があった条ごとにびっしりと残ってしまうわけ。

びっしりと残ってしまうソバガラを畝の上へとぶっ飛ばし、ソバガラ密度を下げてやります、拡散させます。

そのために、画像手前の畝間管理機ウネマスターの爪を畝上・土上げ爪に交換して、ドバババッとソバガラをぶっ飛ばしてやります。

精度としてはバッチリ納得!!というほどには至りませんでしたけれども、まぁまぁやらないよりはよっぽどよかろう、一部分に有機物が集中する事態は避けられた、と実感。

 

それにしても…

 

 

5,6年ぶりに使ったな…この爪。

 

機械にしても何にしても、ちゃんと使いこなせなくては無用の長物…。

毎年毎年しっかりメンテナンスしてやって、それぞれの役割と作業性をちゃんと熟知して、しかるべき時に出番を与えてやり、しかるべき方法で使ってやる、と。

当たり前のようですけど、意外と難しい、機械の使い方。

適当な使い方をしていると、負荷ばかりかかって、よろしくない。

今回は、この爪を上手に使いこなすのに何度も試行錯誤しましたが…いやいや良い経験をした。

ひとつひとつ、丁寧な仕事をしていこう。