prinzでは最後のKyoto farmers market、猫猫寺にて地球マーケット。

雨よく降りますね。土肥やしたいぞ。

ちょっと出店が重なります。3月11日(日)は記載しませんが、もちろん朝市にも出ますのでー、よろしくです!


【kyoto farmers market】

◆日時:3月8日(水)10:00~

◆場所:【cafe prinz】

プリンツでの最後のファーマーズマーケットです。売り手と買い手、作る人食べる人、いろいろとそんな垣根を取っ払って同じテーブルに居られるのはこんな小さなマーケットであるがゆえなのかもしれませんねー。プリンツさん、いい場所でした、ありがとうございました。遊びに来てね。

◆出店者及びタイムスケジュール:(FBページより転載)

▣Peace商店(調味料、大豆、塩などセレクトショップ)
▣cafe Millet(パン、加工品など)
▣musubi-ya(八百屋)
▣Saredo(♻コットン、靴下や帽子など)
▣音吹畑(農家)
▣ぼっかって(マフィン、加工品など)
▣アンジーナ(石鹸シャンプーなど)
▣sunny&love( 野菜の蒸しパン)
▣じゃむんち(木工)
▣茶楽園(たい焼)
▣セボラビファーム(農家)
▣フランク菜っぱ(お楽しみブース)
▣pirate Utopia (パン屋さん)
▣little wonder(ハーブティー)
▣佳苗珈琲(コーヒー)

〓Live〓
12:00-
ベートルズ

〓work shop〓
13:00-14:30
ダーニング教室
ぼっかってのまゆかちゃんが、教えてくださいますよ!
穴あき靴下や、セーターチクチク可愛く直しましょ♡


【地球マーケット】

◆日時:3月11日(日)11:00~16:00

◆場所:【猫猫寺】

小さな領地教室【テラ】さん主催の、八瀬の激不思議スポット【猫猫寺】でのマーケット!【テラ】さんには、就農前からお世話になっていまして、あーうれしいお誘いです。

以下転載→

ひな祭りも終わって春はそこまで、そんないのちが目をさます季節に新しいマーケットが始まります。

☆☆☆☆「地球マーケット」☆☆☆☆☆☆

地球にも身体にもやさしい食べ物や衣服、雑貨、畑のもの、ヨガや身体のこと、リサイクル(フリマ)
家族で、お友達を誘って、どうぞ遊びに来て下さい。

◆出店者及びライブ:

LIVE"KOTONOOTOHA"2:00~(音と言葉のコラボユニット)

☆ 小さな料理教室”テラ”(薬膳小豆粥 よもぎ団子&あんこ・・冬にたまった毒素をデトックス)
☆ ふみふみ樂健法 (樂健法とアユルヴェーダヘッドトリートメント)
☆ musubi-ya(おいしい野菜etc.)
☆ アトリエ・ド・ミィ(ベジバーガー・ベジキッシュ・Apple pie)
☆ 音吹畑 (オーガニックハーブetc.)
☆ 杉山佳苗珈琲焙煎(自家焙煎コーヒー)
☆ れんこん舎(分づき米のおむすびあれこれとお味噌汁)
☆ みんなの古本市 (詳しくはfb.で)
☆ マグノリア ホメオパシー(ホメオパシー)
and more …

<<<古本市からお知らせ>>>
大好きだったけど今は読んでない本を持って来て下さい。
誰かがその本で幸せな時間が持てるよ❤
よろしくお願いしまーす。

 


どこかしらでお会いできるといいですねー、お待ちしてます!!

 

 

画像はイメージです。

京都オーガニックアクションのこと、農家大合宿「百姓一喜2018」のこと。

熱気冷めやらぬままの投稿です。

昨日、今日と南丹園部のある古民家で開催された【京都オーガニックアクション】主催の農家大合宿【百姓一喜】に参加してきました。(朝市はお休みしました、ご迷惑をお掛けしました、申し訳ありません!!)

→京都オーガニックアクションの詳しい説明は事務局で関わっておられる【伊賀ベジタブルファーム】村山さんの【この記事】分かりやすいです、ご覧ください。


 

ごく簡単に、実際の動きとしては、生産者が荷を持ち込む集荷ポイントの設置、営業から注文までのやりとり部分そして成約したものを各ポイントで集荷し市内へ持ち帰るまでを各オーガニック小売店や業者さんが共有化するという。

その背景には、

昨今の、有機農産物取り扱い大手業者の統合、物流コストの高騰、有機農業の閉鎖性、小規模生産者の経営難、他、このニッチで特殊な鎖国村社会が抱える様々な悩みを解決し一般的な産業として成り立つように、という希望が込められているようです。

→さらに最終的には、【FarmO】全国規模でこういった“開国”システムへと着地することも目指しておられる様子。すごいね!

 

京都の業者さん達中心に色々と画策してくださっている動き。

 

ありがたいことですー!

 

音吹としては、有機農業界隈の一般的な悩みに「うんうんそうだよね、うちもうちも!」って頷くことができない、かなり特殊でラッキーな市街地近郊農家なので、この物流シェアリングにバリバリのっかって売上増!売上増!と狙っているわけではありません。

ですけど、この産業の全体の底上げや閉鎖性の打破は絶対に必要な事だと思っております。

 

どれだけ素晴らしい理念があろうとも、生産量が少なすぎれば伝わるものも伝わらない。

供給量や効率性だけを追求するならばオーガニックな理念が置き去りにされてしまう。

 

そのあたりのバランスをうまく取りながら、性善説や共存・共生の考えに立脚したオーガニックアクションの動きには、うん、バッチリ支持・賛同しています。


 

で、この3日、4日、農家大合宿【百姓一喜】は、その【京都オーガニックアクション】の説明を中心に、生産者がそれぞれ抱える悩みをさらけ出して問題解決に向けてどうすればいいの?というワークショップがあったり、そんないろいろをを成し遂げるために絶対に必要な「宴会」があったり。

生産者、業者を中心に、100名以上が参加されてて、いやーすごいことでした。懐かしい人たちにも、楽しい人たちにもたくさん会えました。嬉しかったー。

 

ちょっと整理しないと熱量が高すぎて良く分からなくなってしまいそうです。

 

ひとまず、生産者として音吹は、今回の集まりではたぶん中堅くらいの位置にいるのかな、新規参入者がたくさんおられて、もうその人たちとは同じ視点で話していてはいけない、ちゃんと伝える立場にレベルアップしないといけないなと思いました(^_^;)

浮き彫りになった問題点の中で、音吹の問題点とも融合させながら、できることを探していきます。

 

に、しても、やっぱり外にはちょくちょく出ていって、すっごい人たちとたくさん話さないと思考が錆び付いてダメですね、反省そしてちょくちょく外出して刺激受けまくっていこうーっと。

オイル交換農機メンテ、育苗用温床準備、土づくりに堆肥散布。

農家あるあるなのでしょうけど、スマホのどこかしらの穴から砂ぼこりが入り込んでボヤーッとしよるのですよ、いつ撮っても大気中によく分からない粉じんが舞い散らかってる!!ような画像になるのですよ!

それを一ヶ月ほど前の話になりますが、ケースを新調したことで、カメラのレンズがめっちゃクリア!

何の話で、どこに着地するのかというと、つまり最近はインスタで(ページのサイドバーにあるよ、見てね)毎日一枚ずつ畑や野菜や何かの画像をポストする驚異的な更新頻度はケースを新調したことでスマホ画像がクリアだからなのである、という、まぁ相変わらずどうだっていい話ですいません。

=========================

 

いろいろと仕事を進めております。

急に春めいてきたので、セカセカと畑作業!

と、同時に、農機のオイル交換も。

夏場によく使用するポンプなどは年二回交換しますが、それ以外の農機はトラクターも含めて年一交換。

オイル交換だけはきっちり!

今年も一年しっかり頑張ってね、と農機も労ってあげます。

 

 

今日は男衆でオイル交換をしている間、女衆は…

 

出たこれ。

稲ワラ裁断機で、稲ワラを切り刻んでおります(2月28日インスタ画像と同じ)。

昨年より何と二週間遅れの温床準備。

意図的ですが、こう暖かくなってくると、もう温床いらんのでは…と思うのですが、いえいえ、まだまだ夜間早朝は冷え込みます。

そして温床としての活躍期間が短かろうとも、踏み込んだ温床は翌年の育苗倍土素材としてとても優秀な働きをしてくれるのです。

ものっっっっすごい粉じん舞う中…スマホケース新調したはずやのに画像めちゃくちゃ薄汚れてる何でや!と疑問に思うほどに粉じん舞う中、頑張ってくれました。

ありがとう(^^)

 

春夏作に向けて、畑作業内容のバラエティが豊かな豊かなこの頃です。

 

こちらは、堆肥を撒く作業中のスタッフ植前。

先日、腰を痛めたスタッフ、大丈夫やろか…と心配ではありますが、今のところ痛める前より良い、とのこと、無理のないように作業を進めます。

一年間、野積みしておいた造園屋さんの剪定クズ。

2tダンプ、13台分。

こいつを少しずつ畑にばらまいて行きます。

今日は、運搬車にコンパネ立てた容量で、約13aの畑に計13回ほどブチまけました。

およそ1aに容量アップ運搬車一台分(atexのキャピーXG351、荷台長さ1050mm×幅750mm×高さコンパネ半分450mm=約0.35㎥)の計算になるのでしょうか。

野積みしていた剪定クズは良い感じに分解が進んでいます。

欲を言えば、切り返す機械があればもっと均一に分解できた、といったところか。

さらに欲を言えば、やっぱり【ホイールローダー】でドンッと一発で積み込みして、【自走式ブレンドキャスター】でバババッと撒きたい!

いや、だって腰がね…(^_^;)

いずれの話、いつかは!の話…。

 

ところで…。

 

もちろんおりましたとも、カブトムシの幼虫!

ではまた。

加齢とともに身体との付き合い方を考える。

先日、亀岡の知人のところに、使わないビニールハウスのアーチなどを頂戴しに行きました。朝の通勤時間帯から脱大原!したのは本当に久しぶりで、通勤・通学途中の人々を眺めるのが何やら新鮮でした。

さて、鉄柱などの引取中にスタッフが腰を痛めました…!

腰痛のスタッフやこれまたちょっと違うけど老眼のスタッフを目の当たりにすると、他人事ではいずれなくなるであろう自身の身体との向き合い方・付き合い方についてしっかり考えていかなければならないと嫌が応にも感じます。

 

何と言っても、農業は肉体酷使の仕事、身体は資本!そして生涯現役の生業です。

 

自分一人ならまだしも、養う家族がいて、給料を待ってるスタッフがいて…背負ってる責任にいつも押しつぶされそうになるのですが、押しつぶされてる場合じゃない!どのような農の形で継続していくのか、についてここのところよく考えるようになっています。

音吹の規模で営農する場合に、石油燃料・農機に頼らないという選択肢はありません。就農当初、小さな管理機で耕うんしていましたが、体力と時間を考えると、ちょっと現実的ではなかったです、しんどいわい。

やり方の問題なのでしょう、もっとミニマムなスタイルだとじゅうぶん可能かもしれないよね。

 

音吹としては、農業は食糧を供給するための産業、という視点がまずひとつ。そして今暮らしている大原の『基幹産業としての農』に関わりながら地域に人を呼び込むために農家として何ができるか、という視点がもうひとつ。

主にこのあたりが主目的。

だったら自ずとやり方は決まってくるし、そのやり方を続けるための手段も見えてきますね。

 

農業は始めることは誰にでもできると思います。

 

大切なのは継続して定着すること。

 

長く続けるために、身体のことも考えたスタイルを。

ブラウザ遅い、馬糞や落ち葉撒く、案外野菜残ってない。

ここ数日、googleのchromeの起動がすごく重たい、エクスプローラならまぁサクサクなのに。拡張機能も使ってないし、キャッシュや履歴も全部削除、読み込み時の予測変換やら、よくネットで読まれてる解決策はほぼほぼ試して、それでもダメならメモリー増設かパソコン買い換えろ、という段階まで行き着きました。

そんなバカなー…(>_<)

どなた様か他に何か妙案お持ちでないですか?ブラウザを変えるのは嫌なので、あくまでchromeサクサク復活の方向でいきたいのですけれどもー。

======================

それはそれとして。

昨日は久しぶりに畑仕事を。

いや、毎日しておりますが、その毎日しておる収穫や出荷準備でなく、馬糞や落ち葉をひたすら撒く春夏作に向けた土づくりをば。

冬場は身体をもりもり動かす仕事が少なく、地面に植わっている根菜類を腰かがめて掘り抜く…という割と固定し切った態勢での仕事が多いので、堆肥散布は気持ち良いです、天気も良く暖かな一日でした。

まだまだ野菜が残っているから出荷バンバンいくぜ!という予定でしたが、あれ、何だか思っていたよりも野菜がありません。

作シーズンの出来から言うと、まぁそうだよな、という結果なのですが、畑上っ面からの見た目以上に植わってる根菜が小さすぎたことで、要するに出来高が悪すぎたがゆえに、掘っても掘ってもコンテナ満載ならへん!という。

ビーツや黄金カブ、赤カブなど、もう片づけに入っておりますからね、もっとたくさん残っているように見えるんやけどな…。

図らずも、春夏作の準備に、しっかり時間をかけて挑めそうです。

二月下旬頃からビニールハウスのビニールも貼って、育苗はやや遅めスタートといきましょう。

さぁ長い端境期がやってきますわ、寂しいぜー。