野菜の被害と冬作への切り替え、大原農業の魅力。

梅雨。

これだけの長雨、日照不足は就農して以来はじめてです。

当然のように野菜への被害はなかなかのものです。バターナッツ、コリンキーは疫病、ピーマンや伏見とうがらしは尻腐れや灰カビにて全滅。ミニトマトは割れが激しいし、オクラはまだ収穫まで至っていません。

全て降雨、多湿状況に起因する被害。

特にバターナッツはここ数年出来が良かったこともあり、植付け数増やしていたので、圃場の中で白カビに覆われた果実を山ほど片づける作業は凹みます。 投下資金の回収まったく叶わず、 生産性のない、ただただ疲弊するだけ敗戦処理。がっかり。

少しでも回収せねば!!と中途半端に生存株を残して収穫を続ける。時間をかけて歩止まり悪いものを選別しながらパッキングする。そうすると翌日パックの中で蒸れて腐れていた…なんてことが多々起こります。

そんな状況なので、今は収穫できる夏野菜が激減しています。ストックしているじゃがいも、いいタイミングで収穫できたコリンキー(毎日少しずつ悪いカビがはええてくるものもあるけど)、ニンニクなどの出荷が増えています。例年、若干の端境期、秋冬野菜の作付け期である8~10月に出荷しているこれらストックものの前倒し出荷、秋が不安ですけど…仕方ないですね。

なぜここまでひどい結果が生じたのか省みることをいつもよりも丁寧にしています。そして翌年以降、考え得る対策も今のうちに知見としてデータにストックしていきます。例年ならドタバタと夏野菜の収穫を続け、同時並行して秋冬野菜の作付け作業も進めていくのでゆっくり振り返る暇がありません。

モノは考えよう、なのかも。

悲観、諦観を通り越して、むしろスッキリしてきます。さっさと秋冬作へと頭を切り替えて動けます。悲しいことばかりでもないですね。

何よりありがたいのは、寄り添ってくれる人がいることです。先日、全滅したバターナッツを片づける下準備として圃場周囲の草刈りをしていた時のこと。20年も大原に通い、野菜を使い続けてくれている古参の料理人Ryoriya Stephan Pantelのステファンさんが寄ってきます。たまに音吹の畑に生えているハーブや野草を採ってお店で出してくれています。

「じゅんちゃん(園主のこと)…これほんとひどいね…」と全滅したバターナッツを見てくれていたのでしょう、たまたまぼくの姿が見えたのでわざわざ声掛けに来てくださいまして、労いの言葉、大原の農産物を扱う料理人としてできること、農家との関係性、さらには異業種とは言え経営者としてどう動くべきか、といろいろとお話を。

彼は、お客さんが雨嫌だねーと話してくると、「たしかに嫌ですね。だけど農家にとっては降るべき時に降らないと田んぼの水がなくなるし、野菜も適量は必要なのですよ」と、生産現場のリアルをしっかりと伝えている、と。「…今回は降り過ぎだけど…」ともちろんしめてくれましたが。

なんとありがたい。この距離感こそが大原で農業に携わっていて何よりも魅力的な部分。

非農家から農家になった身としては、農家のリアルは消費者のリアルではないし、消費者の求めてる声に農家は耳を傾けていないのでは?と思うことが多々あります。

モチベーションの源泉のひとつが多くの農家にとって販売してお金を稼ぐことであることを否定するつもりは微塵もありませんが、とは言え、この距離感がお互いのことを思いやって、お互いの考えを理解しようとする第一歩だと思いますし、いやそんな小難しいことは抜きにして、そもそもチヤホヤとかまってもらえると単純に嬉しいものです。

何を目的としてこの大原で農にかかわっているのか、大切にしたいことは何か、こんな人たちの姿を思いながら畑ができるのは何よりもやる気につながっているじゃないか、と、よりはっきりと見えてきます。

梅雨ダメージはたしかに大きい。ですが、それと同じくらい、再確認できたものも大きい。経営的にはしんどい一年になりそうですが、必ずやこれを次に繋いでいかねば!と思えた2020年7月豪雨でした。

…まだ今も降ってるけどな、雨な。

Ryoriya Stephan Pantel http://www.stephanpantel.com/

にんじんまとめ買いのご案内!

近隣ご在住の方向けに、まとめ買いのご案内です!第一弾はいろいろカラフルにんじん~! (遠方の方も送料ご負担にはなりますが発送対応いたします、お気軽にご相談くださいね)

【にんじん】
12月に入り、音吹にんじんはますます甘味を増してきました!冬の代表野菜でもあるにんじん。少量ずつ買いに出かけてなくとも、まとめて購入しておけばいつでも使えて安心!まとめての購入なので家計にも痛手少なし!この時期は野菜の生命活動も緩やかで、長期保存も可能です。もちろん農薬や化成肥料は不使用です(^^)

通常の西洋にんじんの他、各色取り揃えております。この機会にぜひいろいろお試しくださいませ!(全て10㎏ロットからの価格となります。税込価格です。)

業者様向けバラ特価としてもかなりお得な価格設定となっております。この機会にぜひどうぞー!

①西洋にんじん2000yen/10kg(20-40本程度)

②紅色にんじん3000yen/10kg(40-80本程度)
→西洋にんじんと金時にんじんの合間のような色合い、金時ほどのにんじん臭さは少なめで、甘味が強いタイプのにんじんです

③黄色にんじん3500yen/10kg(40-80本程度)

④紫にんじん3500yen/10kg(40-80本程度)

⑤アソートA 2750yen/10kg(西洋にんじん込み)

⑥アソートB 3250yen/10kg(西洋にんじん無し、単色セットではオーダーできない白にんじんが少し入ります!お色は出来る限りバランス良く入るように調整します)

ご注文は以下のフォームからどうぞ!※フォームより下部にオーダーに際しての詳細ございます。ご確認くださいませ!

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて
「送信」ボタンをクリックして下さい。

確認

※FBページやメールなど、各種のご連絡に対応いたします。ご連絡いただけました当日~翌日にご確認のメールをいたします。

※基本的には大原までのお引き取りをお願いいたしますが、左京区・北区近辺ならば、曜日や時間帯はこちらの都合優先となりますがお客様との調整の上、配達も可能です!ご相談ください。

※発送については送料のご負担をお願いしております。京都からの距離になりますが、にんじんのお代金+1000~1500円の送料が目安となります

※本数は目安です。

※土付きがご希望の際はご相談ください。土付きは長く保存できますが、良い条件で収穫できた時に限ります。この時期の大原は天気が時雨れること頻繁で土に水分をしっかりと含み、どろどろの状態で掘り上げることが多くなります。これでは長期保存に向きません。そのため、収穫・納品のタイミングはこちらの見極め次第となり、場合によっては対応できないこともあります。ご了承ください。

野菜がまだまだあります。

立春過ぎて、あれ、冬もう終わった?な陽気…とは言い過ぎ感もありましょうが、それでもやっぱり陽気と言いたくなる日々が続いています。

次週は少しまた気温も下がって、寒い寒い、と会話がなされるのでしょうけれども。

 

野菜はまだまだ残っています。

このままでは春夏の準備に差し支えが出てきてしまうなぁ、というほど。安定栽培は目指すべきところではありますが、技術だけでは如何ともしがたい環境要因。

天候って…いやー、野菜の生育に大きく影響します、毎年のことながら実感。

 

 

にんじん。

うん、いっぱいあるよ。

 

 

黄金かぶ。

うん、いっぱいあるよ。

 

壬生菜。

うん、いっぱいあるよ。

 

 

壬生菜は調整が大変です、キレイにするのが時間がかかる。

 

 

黄にんじん、紫にんじんもまだまだあるよ。

写真はミックスパック。

かわいいね。

 

バシバシお買い求めくださいねー!!

スタッフ募集、今年もお世話になりました。


フライングです、もう少しちゃんといろいろ練れたら改めて正式に告知しますが、

久しぶりにスタッフ募集です。

男性希望、20~40代くらいまで、1~2名!?(今回はがっちがちに農機も振り回してもらえるような方を募集します。がっちがちに振り回す自信のある方なら女性でももちろんOKです!)

諸々条件はとりあえずこの段階ではメールにて詳細お伝えいたしますね!

農にご興味ある方はぜひぜひご一報ください!

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて
「送信」ボタンをクリックして下さい。

確認


 

ぐずぐずと、家族間で風邪をうつし合う無限ループ状況だった音吹です。

気がつけば12月ももう終わりが見えてきました。何と今日はクリスマスイブだ、冬至も過ぎてるじゃないか、まさに師走、まさに年の瀬を実感しておりますが、まぁ諸々全てブログ更新が久しぶりだったことへの言い訳に他なりません、聞き苦しいことで失礼!!

 

2018年もお世話になりました。

 

不安定な気候、いやむしろ農業するにはちょっと厳しい気候の常態化に、経営安定化に向けて講じてきた何かしらが何となく実ってきた結果か、終わってみれば(まだ終わってないけど!)まぁまぁこの状況ならこんなものだろうと自分なりには納得いく数字が出ました。

 

2016年、2017年は本当に厳しい年で、作付けハイシーズンの9~10月が長雨・低日照・低温に見舞われ、秋冬作物の出来が散々も散々…。

 

2018年も9月まではひどい気候でしたが10月以降は晴れ続き。作物は遅れを取り戻すばかりか、年明け以降に収穫予定だった作物まで年内収穫が始まってしまって、さてどうしたものやら。市場価格は下がりまくって、野菜が売れないという、まさかの事態になりました。

 

それでも…!

それでも……!!!

 

モノがなくてどうしよう…どうやって稼いでいけばいいのさ…と打開策なんてあるはずないのに悩みまくって落ち込みまくって、どうしようもない、なんてことになるより、余って仕方ない!くらいのほうが精神衛生上よっぽど楽です。

 

 

ぼくの兄弟子曰く、「野菜なんて、なくても困るし、あり過ぎても困るし、どうせ困るんだから悩む必要ないんだよ」って。そういうことです。何か吹っ切れました。

 

さて、要するに、農業にはどうしようもない側面がある、と。

不安定な気候に抗う戦略はいくつでもあるのでしょう。莫大な資金が必要な場合もあれば、日々少しずつ実践することで乗り越えていけるような場合だって。農家としてレベルアップしたいんやもん皆、そりゃあ頑張りますよ。

 

同時に、どうしようもないことを、受け入れる。こらもうしゃあないなー、気張ってもしゃあないなーと。

そんな精神状態に持って行くには、ちょっとなかなかしんどいことがいっぱいあるので難しいのですけど、それでもやっぱりしゃあない時にも、しゃあない(笑)と笑っていられるくらい、農業ってこんなもんやねん、という達観を手に入れたいものです。

何の話か分からなくなってきました。もういいや(^_^;)

とにかく!

今年もお世話になりました!

また来年もどうぞよろしくお願い申し上げます!!

たぶん年内最後のブログ投稿になりそうですー。

ビタミン大根、黒大根、紅くるり大根。

大根ばかり栽培してる農家ではありませんが、朝市や里の駅大原に並べていると、この大根の使途は何ぞや?との問い合わせが多いので、こちらでも簡単に書いておきます!

2018シーズンの音吹大根は、以下三品目のみ。あまりたくさんの種類を栽培したところで用途が重複してしまうんですよねぇ。色も似たり寄ったりのものが多いし。

この三種ははっきりと用途を異にできるので気に入っています。

ちなみに今シーズンの大根は過去最高に良品質!!抜群ですよー!!

あ、あと普通の大根も忘れちゃいけませんね、栽培しています(^^)/

 

 

【ビタミン大根】(天津青長)

中国原産の大根。一般的な大根に比べてビタミン豊富だから、らしいですけど。

ビタミン大根は品種名で、同じようなタイプで別の名前が付いてるものも多数あります。

地中にもぐってる部分が白、地上に出てる部分が緑。

緑部が甘くて、白部はやや辛。甘味・辛味のバランスが良く、水分も少ないため、おろしに非常に適している大根です。加熱調理よりも生食向きですが、揚げたり炒めたり焼いたりするのは美味しい。煮炊きは向きません。

 

 

 

【黒大根】

ブラックスパニッシュロング。

皮は黒くて中身は白い。

スライスして生食もキレイですけど、ほんのり苦みがあります。

加熱調理すると苦みは抜けます。もともと西洋原産の大根で、ポトフなど洋風煮込みで本領発揮。ほくほく美味しいです。

揚げ物、炒め物、グリル、などなども。日本の大根のような漬け物用途は向きません。ギリギリピクルス。

 

 

 

【紅くるり大根】(サラダ大根)

皮はピンク、中身も薄ピンク。

みずみずしく、生食に最適の大根です。我が家ではスライサーで千切りにして時短即席サラダにするのが基本!もしくはオイルぶっかけてオーブンで焼く。

煮込み以外の調理にはたいてい向いていますが、漬け物はどうかと。

 

=========================

まぁ、あれです、

どれもそれぞれ美味しいですよ(笑)

とりあえず一度ご賞味くださいませ、間違いないから!