香害という化学物質過敏症のスタッフと一緒に働き、割といろんなことに配慮しながらも、(同じくそこに配慮できる人に)農の現場にぜひ来てほしい!という話。

スタッフが化学物質過敏症(香害)に悩まされています。雇用する側として、どうしていくべきか、考えています。リンクは、北海道のお菓子屋さんのもの、とてもしっくりきました!

https://sweets-fujii.com/blog/2020/08/post-8272/

以下、私見です。

香害(こうがい)とは、香水・香りつき洗濯洗剤・柔軟剤などの香料に含まれる香り成分に起因し、不快感を感じたり、頭痛やアレルギーなどの症状が誘発され、健康に害を受けることです。(詳しくは検索してね)

おそらく数年のうちに「公害」としてより広く社会的に認知されることになると思いますが、症状の出てない多くの人の理解を得るのはそう簡単ではないのが現状と言えます。

雇用する側として、化学物質過敏症のサイトをいろいろと徘徊しましたし、雇われる側の主張もいろいろと拝見しました。環境改善は話のできる下地を形成するところからがスタートになるかと。その上でどうするか、考えていかないとただ相手を非難するに終わります。

なぜならば過敏症は、自分ではどうすることもできない、他者に動いてもらわないと環境改善に至らない、デリケートな問を多く含むから、です。

(科学的な知見を並べたもの、被害者の立場にたった意見、ではありません。あくまで雇用する側の、勝手な私見です。気を悪くされる方々もおられるかもしれません)

過敏症でない多くの人は、まずそんな症状で苦しんでいる人がいる現状を知るところから。

頭痛や吐き気、その他様々な症状が精神的な問題だけでない、人工的・化学的な何かしらにより引き起こされているケースもあるかもしれない、という視点を得、過敏症の方々は日常生活を送るのが大変なのだと認識する必要があるかと。

被害スタッフは特に香り(人工香料を長く持続させるマイクロカプセル)に反応して発症します。

※例えば、ひとごみがしんどいなどは当然考えられるケースですが、保育園から帰ってきたこどもの、保育士さんに抱っこされた“移り香”で症状が出る。お金や配布プリントなど紙が香ってしんどい。など、間接的な香りでダメージが出ることについてはなかなか想像しがたいことかと。

考え得るあらゆるケース、被害者に寄り添う想像力を鍛えることでリスクヘッジしていく。当事者でない人は、そうした対応をしていかねばなりません。

理解されずに退職に追い込まれる方々、働きたくても働けない方々もたくさんおられる(あるいは学校に通いたくても通えない、などなどいろいろなケースを想像してみてください)のが現状。

本人たちには非がないので、暮らしが送りにくくなる状況はいたたまれないものがあります。

音吹の場合、園主は、

かびんのつまを読んだことがあった。
②妻が軽度の過敏症、だ。
③多様なケースで多様な価値観が同一空間で混在する(これからより強く混在していく)時代において、ビジネス世界をドロップアウト後いろんな人に受け入れられて今がある自分としては、誰かに受け入れられてやっていける場所があることは素晴らしいことだ、そんな場所になりたい、受けた恩を誰かに送らねば、と思ってる。

ことなどから、まだ環境改善することについては前向きなほうだったのでは、と思っています。(それでも全然理解の及んでない部分は多いでしょうし、被害スタッフはしんどい思いをしていることも多いでしょう)

具体的に、現場ではどうしてきたか。

まず前提として農業なので、基本的にはソーシャルディスタンスが保ちやすい職場環境、ようするに過敏症の方の働きやすい環境です。

被害スタッフの症状が軽度な時は、

①スタッフ一人一人と話をして状況を説明、現状共有、そんなわけなので各々出来る範囲で配慮してくださいと動きかける。
②被害者がしんどいと思う対象のスタッフには、軽トラ同乗などを避けてもらう、荷台に載ってもらう(真冬の寒い時期に荷台に載ってくれと相談するのはなかなかデリケートな問題です)

で、対処。

当初はそれで何とかなっていたのかなと思っていましたが、被害スタッフとしては我慢してたところもあった、一番あとから入ったので言い出しにくかった、と症状悪化の相談を受けます。

被害スタッフも状況を見て、我慢してくれていたのでしょう。いよいよ我慢できない状況での改めて、ちょっと無理です…と相談を受けたのでした。

それからは

③香りのするスタッフとより時間かけて話し合い。
④再度状況をチーム皆で共有。
⑤被害スタッフに詳細な状況説明してもらう(耐え得る洗剤のリストなどの情報共有)
⑥香りのするスタッフは被害スタッフと距離をとったり、すれ違ったりする際に道を避けたりのアクション(そんなことを自主的にしてくれていた)
⑦香りのするスタッフは自家用車を仕事時に使用、軽トラをシェアしない(車使用については別途手当を支給)

などなど。スタッフ皆、洗剤などの使用変更検討も含めて少しずつ環境改善に向けて動いている状況です。

さらに、チーム内はもとより、音吹としては、外部からの侵入について気の付く範囲で検討。

たとえば、

①農の現場、リアルを共有したい!としていたが積極的に援農募集することを控えつつある。
②連絡がきたら過敏症についてまず説明し、確認をする。
③肥料を運んできてくれた業者さんの香りが強い場合は、同一空間に運んでもらうと香りがするから、いったん外に置いておいてもらう(その後また運び直す)
④宅配便やスタッフ以外の誰かが作業場に来る際は、気がつく限り作業場内に入れないように外に出て対応する。

確認をして、大丈夫です、そんなに香りのするもの使ってないです、という人でも、そもそも症状のもとはマイクロカプセルという香料を閉じ込めた化学物質なので、香りの強弱だけではない問題もあるようです、いざ来てもらったらアウトだった、こともあります。

そんな場合、

同一空間での仕事はできないとまず判断→作業を中断→被害スタッフには別の場所で作業してもらう段取りを組み直す、などの対応をします。

農業と言えど、配慮すべきところはそこそこある。まあ大変です。

畑のそばで干されている洗濯物がある場合、風向きにも注意して、どうですか、作業は続行できますか?のスタッフへの確認をします。我慢しながら動いてくれていますが、状況によってはその圃場での仕事をやめることも今後は考える必要がありそうです。

多くの人にとって化学物質過敏症は「“まだ”何とかしなければならない問題ではない」ということを認識する

一方で、

大変だ、スタッフのために何とかしたい、といろいろサイトを調べる中で、

「香害さん」(香りを振りまき過敏症の方々に被害を与える“多くの人”)に対する過敏症の方の辛辣な表現がちょこちょこ見られたことについては、ちょっとモヤモヤしたことも事実です。

雇用側、経営者側としては、正直に言うと、仕事に支障をきたすことが多くなるのは否めません。なので経営判断としてシビアな選択をされる職場があることについて、そういうこともあるだろうな…と思うのが本音です。

そんな中、

例えば

「あなたの使ってる洗剤や柔軟剤はわたしたちにとって暴力でしかない、身体に悪いものだ、早く気付きなさい、あなただけでなく家族や子どもにとってもよくないから、やめるべきだ。何でわからないのだ、」と被害意識を全面に押し出して非難された時に、どう思うものでしょうか。

全く症状の出ない人にとって「そんなこと急に言われたって…」というリアクションになるのはまあ一般的だろうなと推測できます。

飲酒運転やたばこは今でこそちょっと煙たがられていますが、ほんの数十年前はそんなの当たり前。その時代を生きてきた人に、同じ空間でたばこ吸うなよ、ポイ捨てすんなよ、と注意したところでまず響かない。農家に除草剤はよくない、やめろ、と言うのも同じですね。縦軸としても横軸としても正義の押しつけは反発を生むしかない。(それでも伝え続ける必要もあると思いますけど)

どれだけ頑張って想像しても当事者でない人は当事者の大変さを理解できない、寄り添え切れないもの。

現状、化学物質過敏症に対する世間の認知度はそういうものだ、とまず“認知”した上で、正義の押しつけでない、共感を得るような伝達の仕方、普段からのコミュニケーションをちゃんとする(ありがとう、ごめんね、大丈夫?)ことで、この人の言葉をちゃんと聞こうとできる、この人なら助けたい。

これが環境構築に至るようやくのスタート地点なのではないかと個人的には思うところです。

被害者なのに、そこまで気を使わなければいけないのか、という意見も目にしました。

本当に、人に何かを伝えたいなら、残念ながら、気を使わなければいけない、のが現状でしょう。

多くの人にとっては、化学物質過敏症は、社会課題だし何とかしなければいけない問題「ではない」のだということをまず認知した上で、どうするか考えていく段階だと思います。今現在はまだ。

(個人的にはそう思っているので、北海道のお菓子屋さんの話は同じ経営者としてとても納得できるし、共感できました)

お互いの立場に共感した上で課題を解決していく、のは何も過敏症に限った話ではないはずです。世の中にはそれぞれの正義が星の数ほど溢れていて押し付け合うもので争いは途切れません。なればこそ取り得るアクションも変わってくる。難しいものですね。

で、最後に伝えたいこと。

としまして、長文になりました。

化学物質過敏症は社会問題、香害は公害になるだろう、とぼくは思っています。ただその伝え方については、現代の多く人にとって他人事である今、気をつけるべきだとも思ってる。

だが、そんな場合か!というくらい追い込まれている人たちがたくさんいる。

まず知ってほしい。

守りながら攻める!じゃないけど、(本当にしんどい被害スタッフの立場にたてているのか分からないけど)

なればこそ、

今後も農の現場を知らない人に農の現場に触れてもらいたいと思っているのですが、以上のように現在は、来たい!と言ってくれる人にまぁまぁなフィルターをかけています。

それでも!!!来てほしい!!!!

農の現場を見てほしい!

そして化学物質過敏症についても知ってほしい!

とは激しく思っているので、

以上を共感して、香害、化学物質過敏症にちゃんと配慮をした上で農や土や食や何かに触れたい人、ぜひご連絡くださいな。

お待ちしてまーすよー!

スタッフ皆でミーティングをしました。

音吹くスタッフ皆とミーティングをしました。

チームとして運営し始めて、その時に所属してるメンバー全員が集まったミーティングはどうやらはじめてのことだったらしいです。

最近は師走もドタバタのシーズン続きだったため忘年会他の集まりもまったくこなせておらず、そんなわけで貴重な良い時間となりました。

音吹くの現況、経営状況、販売状況、課題、計画、目指すもの、理念的なもの、これからの展開、などなどを共有し、それから特に何についてと縛ることなく自由にブレスト。

日々、業務に追われて詰めることができなかったことについて色々とアイディアを頂戴し、チームとしてはいい雰囲気で動いていけそうな感触を得ることができました。

薄利多売の商売では、こうした時間をつくることが正直なかなかしんどいものです。少しでもパックして金策金策~!みたいなせせっこましい器の小ささを毎日露呈しがち。

事業継続がまず何よりの優先事項なので、それは当然のこと。

ところがさらにその先へ飛躍しようと思うと、チームアップは絶対に必要なこととなってきます。事業継続に耐えうるハード面を整えるのにずいぶん時間がかかりました。というか、今もまだ実際のところはギリギリの自転車操業で、走り続けていないとすぐ沈んでしまいますが!

そんなわけで、個人的にはまず開催できたことですでに目的達成した感があったのですが、嬉しかったのは、古参スタッフが、

「今までメンバーは流れていく(移り変わりが激しい)感じだったが、このメンバーは固定でうちの農園が次のステージに進んでいけそうと思っている。」

と言ってくれたこと!(“うちの”農園と自分事に捉えてくれてるのも嬉しかったなぁ)

人を雇用し、経営者としてどうあるべきかを、ほんとに鈍足ながら少しずつ少しずつスタッフから教えてもらっている感じ。

んー、がんばってずーっと続けたい!と思ってもらえるような農園に仕立てあげたいものです。

新年のご挨拶。

あけましておめでとうございます。流行り病のせいで多くの人の暮らし方に変化があった2020年でしたね。

正直まだまだ先行きは見えない、何なら先月からまたちょっと雲行き怪しくなってきてねーか?どこまで試練与えてくれるの?とどんよりしたくなります。

が、

衣食住のうち食、生きる上で絶対必要な分野の末端でちょこまかしている我々にとっては、実はそんなに浮き沈みがなかったです。先行き見えない中で日々戦っていらっしゃるレストラン業界の皆さまと毎週朝市にて接しているので、どよーんとするのですが…音吹としては最終的な売上、2019年とそうそう変わらない程度にまでは持ってこれた一年となりました。

個人的に悔しかったのは、妻のハーブティー販売量が爆上りした結果の総売上だったこと。

すなわち野菜カテゴリーとしては売上減!だったということでしょうか。

ハーブティーは時勢の中で動けたこともあって、まだまだ広くも深くも展開できそうなイメージはあります。

栽培も労力比重もそれほどかけてない、面積も狭い中で、よくぞここまで…よくがんばった音吹くミサさん!という感想。

音吹全体としては、この5年の間に、露地野菜農家としてどう展開するか、について向き合ってきました。

経営状況をちゃんとデータ取りして、栽培面でアップデートを意識し、積極的に投資して、5年先10年先を見据えた動きに着手できたかと。

検討材料に己のキャラクターをしっかり把握できつつあったことも大きいですね。己のポテンシャルをちゃんと発揮してストレスのない無理ない営農態勢をするという点。

ハード・ソフト両面で持続可能なスタイルを模索した結果が出たかなーと思います。

逆に言うと、現況で考えられる数値としてはそろそろ頭打ち。

悔しい!と前述したことにつながりますが、栽培面では気候や土壌環境、病虫害など変数が大きな露地栽培とは言え、大きな変化はもう望めなさそうに思えてきています。

そんなことをいろいろ考えていると、自ずと道が見えてきますね。

2021年、どう展開していくか。

目の前にある細かな項目と向き合ってひとつひとつ改善していくうちに視界もクリアになっていくでしょうか。

農業は結局、一歩一歩しか進めないもの。

ほんとね…細かい部分だとチームとしての効率アップにやりたいことはたくさんあるんですよ。

デジタルアプリを使いこなせれば、もっと動けるのでは?!せめてLINEなりメッセンジャーなりで全員に一括で連絡したい!(けどガラケー持ちだったり電磁波ダメだったりで、ツールを統一して連絡できないから、すっげ時間を無駄に使っているとかねw)

仕事面とは別に個人の思考癖として、他人に対して過度に何かを求めない、期待しないことを言い聞かせるようにしているので、そのへんが変に邪魔して効率化に至っていないのですね。課題。

気持ちとしてはちょっと外に向いているので、根っこというか芯を据えつつ、足元を踏み外さずにボチボチとやっていく一年となりそうです。

楽しみ!

今年も音吹をどうぞよろしくお願いいたします!

音吹くレシピをお願いしてみた。

肩書を何と説明したら良いのかわかりませんでしたが、フードクリエイターで元Kula Laksmiの田中めぐみさんに音吹の野菜を使って何かいろいろ作ってください、そしてレシピください!と図々しい依頼をしました。

すると快諾くださった上、超絶クソ早なレスポンスでサクッと打ち合わせを経て今後もちょこちょこコラボさせていただけることになりました。

ご家庭でつくりやすいのがいいっす、そしてレシピもろもろ全部画像データの完成形でもらえたら言うことなしっす!と傍若無人な無茶ぶりにもお応えくださり、ありがたや、です。

大原の野菜を使った料理教室なども企画中。(しかも大原で!?)

バリ島好きで、ヨーガインストラクターで、インド占星術にも通じてて、ヴェーダ哲学も研究中で、ちょっと何されてるのかほんとにわかりませんが、園主にとってはちゃきちゃきの姉貴です。どこかで見かけたらチェックしてみてくださいね!

レシピ第一弾は、かぶら蒸し!

我が家も今日つくってみます!

ここからはお渡しした野菜で田中さんがつくってくれたお料理の画像を。

最後の画像は料理教室?で作られたベジカレー。

最近、やたらとスパイスカレーのお店をどうのこうのされる方々とお話する機会が多くて、カレー食べたくて仕方のない音吹園主でした。

またね!

webマガジンや動画の取材が相次いでいます。

11月~12月にかけては大原野菜の最盛期。

盆地にまとわりつく湿度が露地の根菜にみずみずしさを与えてくれ、加えて程良い寒さのおかげで甘味も増していきます。

行楽シーズンの名残をそのままに、師走特有の、購買意欲が高まる雰囲気が年末まで引っ張られ続け盛り上がる季節です。

この時期は取材もやたらと増えます。ありがたいことです。

★先日、【久松農園】の大原ツアーに同行してくださった、maru communicate代表、農業・食のコミュニケイター紀平真理子さんが書いてくださった、AGRIPICK掲載の記事【世界の音がある朝市・マーケット|おしゃれじゃないサスティナブル日記No.13】。世界のマーケットと比較もしてくださっていて興味深いです。

★大学生のリアルなライフスタイルwebマガジン、コトカレの取材記事、【#京都里山くらし】。大学生の方からいろいろとインタビューを受けながら…。こちらは地域おこし協力隊の京都市左北山間地域ver.のかがやき隊のセイゴくんコーディネイトでお話を。大学生、今年はほんとに残念な一年でしたが、腐らずに楽しんでいただきたいものです。

★北欧ヴィンテージ家具やインテリア通販ショップキラリオインテリアは朝市の動画をPV風に撮影してくださいました。こちらはまたそのうち朝市サイトなどやSNSでもアップしたいと思いますが、まずは音吹サイトで公開。朝市の雰囲気が何となく伝わるのではないでしょうか。

==========================

そんなこんなで、日頃の畑仕事、事務仕事、に加えて来週も二件ほど動画撮影が控えており、忙しく過ごしています。

お日様がさす時間帯は限られているだけに、よりコンパクトに、効率的に、素早く動く方法を模索せねば!がんばろ。