データを活かすために。

2016年冬頃から作業日誌をExcel管理しています。それまではノート管理していて、通算30冊ほどのものが残っています。財産財産!

ところが、ノートやと検索するのに時間がかかり過ぎる。まとめるのに手間もかかる。

 

そこでExcel。

 

記録していくうちに、この項目あったらより詳細に後から見直せそう!と、どんどん項目が増え、内容が充実していきます。

あとはこのベタデータをどのように活かしていくか、ここがなにより重要~。

 

何と言うか…

作業一つにしても、その作業の最終到達点・目的を知っている知らないとでは、関わり方が違ってきます。データ活用も一緒だ。

たとえば、除草は、ものすごく丁寧に、100%草とり切らないと気が済まない人もいれば、雑にひょいひょいっとこなす人もいます。それは性格の問題ですけど、それではダメ。

あと三日で収穫が始まって即終わりそうな作物の草を、ものっすごい時間をかけて丁寧に完璧にとりきる!必要はないのだから。

 

その作物の生育にとって、今しようとしている作業がどのような意味をもっていて、どのような精度でそれをこなすべきか。

 

ひとつひとつの仕事は一連の流れとして存在し、それは最終的に、作物が気持よくイイ感じに育つ、ところに着地します。

ある作業だけを切り離して考えたら、ろくな仕事につながりません。

 

Excel記録の最終到達点は、このような流れで作業してきた結果その作物の出来は如何?!って評価できるまでを(できれば感想ではなく!)数字で出して、翌年以降の作付けの参考にする、ことでしょうか。

 

記録を残しても、あまり振り返らずに先のことばかり見ております。

この振り返り。

 

今後の課題となりそう(^_^;)

草刈り週間、島ちしゃ菜、スイスチャード。

作業に追い立てられてきました。

各圃場の草刈り、夏野菜の棚づくり、夏野菜の管理・誘引、畝間の草管理、諸々。

今年は畑づくりに手間をかける!ことを目標として、例年よりも緑肥の面積を増やし作物の植付け量を少なくしているのですが、それでも追っかけられます。まぁ、仕方ないですねこの時期は。

農薬や化成肥料を使用しない栽培ですと、四月から十月頃までの毎月一度の草刈りがなかなかに大変。

除草剤は賛否両論もちろんあります、音吹は使用していません。除草剤を使用すると草の根によって保持される畦の形が崩れていきます。またホームセンターなどで販促ばりばりのラウンドアップはグリホサート系の除草剤で、多くの国では使用禁止となっています。

様々な理由から、使う使わないを農家は選択していますが、使わないなら使わないなりに、しっかりと草刈りをして畑を美しく保つ、景観を損なわない、ことを農家としては意識しないといけませんね。

反省。

今週は草刈り週間になりそうだなぁ。

 

 

先日、ホテルグランヴィア京都の【コトシエール】シェフ松森さんコーディネートの畑ツアー、静原の農家さんのところと音吹とでガイドしました。

静原の農家さんは花をメインになさっていて、ハウスの中は様々な花の苗が。

勉強になりました。

うちもしっかりとやっていかないとなー(^_^;)

 

 

料理人さんのお話をうかがうのはいつも刺激的です。お忙しい中のご来園、ありがとうございました!

 

 

島ちしゃ菜。

沖縄のレタス。

煮炊きや炒め物など、火を通して使うのだそうです。

生で食べるとチコリーのようなほろ苦みが。

面白い野菜ですが、個人的にはチコリーの苦みが苦手でどうしたものやら。

そのうち慣れてくるのだろうか。

 

 

 

こちらはスイスチャード。

たまのたまにおまかせでデコラティブ野菜やハーブ・花類のご注文をいただきます。

常はカラフルな茎を織り交ぜてパッキングしますが、場合により単色で収穫。

一昨年はオレンジと黄色のスイスチャードの種を蒔きました。

単色のほうが使い勝手がいいですね。特に料理人の方へはそのほうが喜ばれるような。

 

六月は野菜が手薄な時期。

夏野菜が出てくるまで、やや低調な野菜事情。

キッチンハーブをもう少し充実させる?

雨除けハウスなどでの栽培も検討。

耐暑性のある葉物も織り交ぜて作付けを考えていかないとね。

昨年は例年低調な六月の底上げ改善に着手して、非常に良い結果を得ましたが、今年は…低調やろなぁ。

 

土づくりもしっかり、長い目で継続してみていくこと。

 

短期的な視点だけでないリズムで、向き合っていくのが農業なのだろね。

 

がんばろ!

201805雑考。

先日の農園ガイドは、音吹ともう一件、別の農家さんを訪問したのですが…やっぱり楽しい、農家見学、料理人さんへのガイドそっちのけで一番楽しんでいたかもしれません、だめだこりゃ。

勉強になります。

 

 

里は田んぼに稲が植わってきています。

当然、夜はカエルの鳴き声がすごいことに…!

ゆっくり里散歩してたら、気持ちよかろうですねー。

 

 

最近の朝市。

【朝市webページ】に掲載する画像を毎週撮りためています。

…しかし、どうにもこのwebページを管理しているのが音吹なので、あまり自分とこのブース画像を公式ページに載せるのもな…と、そっちのけ。

このあたりの公平感って、難しいですね。

やっぱりいつも思うのですが、こういったマーケットは出店者とは利害を一にしない(けど、そのマーケットに特別な思い入れのある)運営事務局があればいいのに、と。

内部の人間が運営に関わるのはいろいろと難しい部分がありますねー。

 

 

カモミールが盛りです。

2時間半で500g程度しか採れません。

採取中はりんごのような爽やかな香りがあたりに広がります!

 

 

今年は失敗、キンセンカ。

来年はもっとたくさんちゃんと越冬させたい!

 

 

ヤグルマギクも本気出し始めてる。

 

花がもりもりきています。

春蒔きボリジやナスタチウムもぼちぼちかな。

 

フラワーガーデン、もっといろいろと充実させていければ面白いですねー!

極たまに農園見学を受け入れることも。

梅雨入り前の、心地よい気候の日が続きます。

いや、そんなことないな、割と雨多いな、しかも風の強い日も多いな。

 

ちょこちょこと、農園来訪者をお相手しています。おおっぴらに、どうぞどうぞーとしてるわけではないので、個人的に縁のある方々からの、たまのご要望にお応えする程度です。

先日はもうすぐご自分の店をオープンされるシェフさんがwebサイトに載せるプロモビデオの撮影に来られました。ドローンで撮影してるところはじめて見た、すごいぜテクノロジー、欲しくなっちゃったドローン。

 

今日は、いつもお世話になっているホテルの方がコーディネートされるツアーが。

草刈り、出来んかった(^_^;)

 

 

 

まぁ、ありのままを見ていただくことにします。

事務仕事してたら大橋トリオのhoney。

 

気分は上々、さぁ畑行くぞ!

事務仕事諸々。

毎年のことですが、二月の種まきから始まり五月中旬にオクラの種を植えて、作付けシーズンをあらかた終えるこの頃、体調を崩します。

農家のくせに貧弱やなー、と朝市出店仲間の皆さまからはツッコミの嵐をいただきますが、いやもうほんとに、貧弱です。むしろここ数年は、貧弱を盾に色々から逃げる技すら覚えてきました。

もともと貧弱であることはまずありきとして、それにしてもこの作付けシーズンの疲労はなかなかのものがあります。

特に多品目になると、検討すべきことが多くてワケがわからなくなること多々、期間中に何度もToDoリストを作成し直す、何とも言えない頭脳労働が…。

そんなこんなな日々を乗り越えて、ようやっと作付けもひと段落だね!!というタイミングで決まって蓄積してた疲労、アドレナリンで隅に追いやられていたはずの疲労がグググッと頭を持ち上げてきて、ずしん、と身体にのしかかる、そんなイメージです。

 

今週月曜日から風邪っけが抜けず、スローダウンしながら事務仕事や屋内出荷準備作業中心に動いています。

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

事務仕事。

 

この春から新たに事務仕事がひとつ増えました。

妻は妻で、2018年度PTA本部の書記を担当しており、繁忙期にPCの取り合いになることも。

 

事務仕事は決して嫌いではありません。

エクセル、イラレ、フォトショ、他もっといろいろ使いこなせれば楽しいやろなー出来ること増えるやろになーといつも思います。

 

 

 

農作業についても、スタッフや妻とクラウドで情報シェアできればきっともっと効率的なのかもしれませんが、コンピュータアレルギーのあるスタッフ(笑)なので、毎回手書きのメモもしくは個人ごとにメールで連絡するという。

 

こればかりは仕方ない。大きな会社というわけでもなし。

 

そして、いよいよ、というか、今までしてへんかったんかい!というツッコミも入りそうですが、自分自身の労働時間をきちんと記録していくことにしました(^_^;)

人のデータはしっかりと残してきているのですが、自分のはいいや、と。どうせ経営者の労働は経費に計上されへんもんねー、無現に再生可能な資本はオレの体力だけだぜー!と逃げていたのですが…

 

あかん!これではあかん!

 

 

やっぱりきちんと自分のデータも残しておかないと、動きの改善に結びつくわけがありません。そもそも、この風邪がなかなか治らない状況もそうだろ、加齢は確実に体力を奪っているじゃないか、無現じゃないのよ体力ははっはーん、ですよ。

 

記録していった驚き…というほどでもないですが、のっけから12時間超の労働連発。

 

あぁ、こりゃダメだわ。

 

何でもそうですけど、数値として可視化されていくと、またそれが蓄積されていくと、見えてくるものが違ってきますね。何となく感覚でやり続けるのも職人芸として面白いけど、同時に使えるものは使っていかないと、そもそも非農家出身の参入者は同年齢の農家さんと比べてスタート地点からして出遅れてるのだから。

 

 

農業は勝ち負けじゃない!

 

そうですね、そのとおりです!

でも同時にそれは農家としての成長を諦めてしまうことにもつながる。農の成長は天や書によるものだけではありません。

先人を見て、技術を盗み、刺激を受け、感動し、焦りを覚え、嫉妬に狂い、そんな諸々を自らに還元していく。大切です。

 

さ、なんか収集つかなくなってきました。

 

もう少し事務仕事してから畑に出よーっと。