音吹忘年会2016。

大原、年内積雪、きましたねー。ちょっと予想だにしていなかったので面喰いました。

 

2016122904

 

いいね、棚田雪化粧!

明け方6時過ぎ、ようやく明るくなり始めた頃の写真。

キレイです!

が!!

 

収穫は大変、言わずもがな~。

まず雪どけて、それから収穫するから、一手間二手間加わります。

もう難易度はスーパーハードモード、降ってすぐの雪、積もって凍った雪、サラサラの雪、こてこての雪…。雪の状態によっても、どうやって雪どかすか、その方法が少しずつ変わってきますからね(^_^;)

あんまり降らないでほしいけど…こどもは喜ぶんだよな、元気なもんです。

 

そんな年末、園主は忘年会続き。

昨日は朝市のお客さまからお誘いいただき、普通っぽい人が一人もいない忘年会に参加してきました。すごい楽しかったー、飲みすぎた。

にしても、久しぶりに町を歩くと、どうやって人をかわすか、慣れるまで時間がかかりますね。

あれ、このタイミングでこう避けてしまったら後ろから自転車来た時ぶつからへんか…?とか考えながら歩いてしまって、もうドキドキしました。

そんな忘年会続きの最中、音吹の忘年会も!今年はホームパーティスタイルで。

スタッフのおとうちゃん(※)プレゼンツ個体識別番号付きの黒毛和牛をメインに据えて、真昼間から飲み過ぎました。

面白いですね、畜産はトレーサビリティがこんなにしっかり整備されているものなのですね。識別番号でその牛の生産者や販売者他、名前や母系の牛をたどっていくこともできます。

写真はタネツケバナ添えた玉ねぎのソースで。

 

2016122905

 

※畜産に関わる仕事をなさっておられるスタッフのお父様からいただきました。感謝!畜産につきましては、様々な考えがあるかと思います。ベジタリアンの方にとっては、食うために動物を飼育し殺す、その行為もまた不自然なことで人間本位だろうとの思いもあるでしょう。音吹園主は生業として野菜がベースの食生活ですが、肉も魚も食べますし、時にはスナック菓子もインスタントラーメンも普通に食べます。自然と美味しい~と思える食生活が一番だと思いますが、さて、皆さまはいかがですか?

 

2016122902

 

この日は午前中仕事して、お昼から作業場でそのまま忘年会。

いつも使ってる作業台がテーブルに早変わりです。

 

2016122901

でっかくなりすぎたルッコラや鹿の食害を免れたブロンズフェンネル(その後食われた)などのピザ。

美味しかった(^^)

 

2016122903

 

記念写真。

スタッフの皆にはほんと感謝感謝!いつも園主の無理難題に応えてくれてありがたいことです(^^)

そして…

この日は、朝市でのあるハプニングがもとで、料理人さんが訪ねてくださる予定がありましたので、無理を言って少し時間をいただき、音吹の忘年会にお招きしました!

烏丸高辻のイタリアン【Cenetta barba】の藤田さん(写真一番右)

ビブグルマン(ミシュランが選ぶコスパすごくて美味しいお店)に選ばれたバルバの藤田さん、とても気さくなお人柄。

料理人の立場から、大原の野菜を使う理由やご自分のお店のコンセプトなど、いろいろとお話いただきました!

音吹園主は毎週朝市に立ちますが、なかなかゆっくりお客様とお話するタイミングがなかったりします。(余裕のある時間帯も実は多いのですけどねぇ)

だからこんなふうに畑や作業場にて、しかもお互いにオフのタイミングで会ってお話できるのは我々にとってとてもありがたい貴重な機会なのでした。

さてさて、今年もいよいよ仕事納め。

大掃除、できるか?!

ではではまたそのうち~。

 

※一三〇さん、年明けマジ呑み行きましょーねー!←超私信!

—————————–

【Cenetta barba】

 〒600-8414

京都府京都市下京区高辻通東入ル匂天神町642

ランチ12:00 – 14:00

ディナー18:00 – 23:00

ラストオーダー22:00

 定休日 : 火曜日

—————————–

ハーブで華やぐ食卓を。

京都大原も梅雨入りいたしました。

ジメジメとうっとおしい季節ではありますが、しっかりと雨が降ってくれないと山に貯水がなされないまま真夏を迎えることになり、田んぼに水が入らへーん、と嘆かなくてはいけないことになります。最近は、降る時はガガガーッと降って、降らない時はひたすら降らない、うっすら乾季と雨季を思い浮かべるような気候が気になるところではありますが、今年はさてさて、どうでしょうか。

玉ねぎやニンニクを梅雨前に掘り上げて、吊るして乾燥させる作業を少しずつ進め、育苗していた野菜やハーブも大半を植え切り、育苗ハウスを片づけて徒長していた大玉トマトをようやく植えつけた今、これからの季節は雨の合間を縫って夏野菜がしっかりと育つための管理作業を中心に、収穫をバシバシと進めていこうと、そんな状況です(^^)

明日の大原朝市にて、初お目見えの作物がこちら!!

20150606012015060602

 

スイートバジル、そしてダークオパールバジル。

夏ですねぇ!まだ肌寒い時もあるけど、この香りを嗅ぐと途端に夏がやってきた気分になります。

今年のバジルは昨年に比べてとてもキレイな発色をしているように思います、特にダークオパール。

ダークオパールはどうしても一定数の割合で先祖がえりが見られます、つまり緑色のものが現れます。1950年代にアメリカで品種改良がなされたダークオパール、当然ベースはスイートバジル。その色合いが出てくるんだねぇ。

フレッシュバジルと、ニンニク、そして春菊を使って今年最初のジェノベーゼをつくり、パスタを食べました!やっぱりフレッシュは美味でございましたよ。

春菊、画像はありませんけど、こちらも今年は抜群です。この時期の春菊は、煮炊き・お浸しはもちろんですけど、他のサラダ葉物と一緒にぜひとも生食で試していただきたいです。

春菊特有の香りがサラダをまた別物に変えてくれますよー。

2015060604

 

ワイルドフェンネル。

甘い香りの葉が見事な、魚料理にマッチするセリ科のハーブです。我が家ではこちらもサラダにちらしたり、サンドイッチにはさんだりして食べます。

 

2015060603

こちらはパクチー。

今年はたくさん収穫できました!もうそろそろおしまいが見えてきましたけれども、パクチー好きにはたまらないだけの量をお届けできたかなぁというところ。

嫌いな人には、申し訳ない香りを蒔き散らしましたね(笑)

そんなフェンネルやパクチーを使ったサラダ。

と言っても、ちぎって混ぜただけの超シンプルなものですけど、レタスにハーブが入るだけで一気にお皿が華やぎますねぇ。

 

2015060605

美味しそうでしょ??

毎週朝6~9時、ちょっと早いけど、早起きして大原の朝市、ぜひぜひお越しくださいね(^^)お待ちしてまーす!

音吹く処の報告と、写真撮影。

少し更新が滞りましたね。花粉症に悩まされ、確定申告に加えて、いよいよ春の農作業がスタート、ドタバタとしているうちに、パソコンを開けるのが久しぶりとなってしまいましたー(^_^;)

—————————————————————

3月1日の【音吹く処】(おとふくの野菜をつかってお店をしてみようという)は良くも悪くも多くを経験し、今後につながる結果となりました。子育てと事務仕事、また準備期間が短いにも関わらず、メニューの考案から試作、段取り含め、何日もかけて無理をさせてしまった妻やスタッフさんに感謝!おつかれさまでした。

農村から町中に出向いて、こちらから農でできるあれこれをアピールする。こうしたイベントを行う意義を改めて問い直すことから、そして行う上での課題はたくさんです。

全農が解体され、今後TPP促進の流れはますます早くなっていくことが予想されます。太刀打ちできない安価な海外の農産物が横行し、マーケットの動きが大きく変わるのでしょう。良かれ悪かれ農地法に守られてきた農村の景観は、短期的な利益を優先する企業がガンガン入り込んで、見られたものでなくなっていくのでしょうか。

環境に配慮した栽培をおこなう農家として、そんなご時世にどう対応していくか。

結局のところ、人とのつながりが一番大切ですよね。おとふくのファンが増えてくれれば嬉しいけど、それ以上に日本の農に関心を抱いてくれる人が増えてほしい。野菜は好き!…の一歩踏み込んだところに、その野菜を育てている人たちがいて、その人たちが暮らしを営む農村がある。農村では、いろんなことが循環し影響し合っているということ。そんなところが伝えられるようになればいいなぁ。

できることが見えてきましたし、また逆にできないことも把握できてきました。いい経験でした!

2015031203

音吹く処の一幕。雑草や野菜をミニ木箱にディスプレイして、土を持ち込みました。植木鉢のポップ立ても、こんなの作ってるの楽しかったのさー。いつも生産者視点でない視点で畑を改めて眺めたりする時間、貴重でしたよ。

2015031202ミサさんのごはん。値段やクオリティなど、いろいろ勉強になりました。来てくれた人、食べてくれた人、ほんとにどうもありがとうございました、多謝。

————————————————

はてさて、ここ数日は春夏野菜に向けての動きを本格化させつつ、まだ少し残っている野菜を収穫・出荷しているという状況です(配達はいったん休止させていただいております、申し訳ありません)。

天気が不安定で、すでに大きな作付けの遅れも出てきています。畑が乾く間もない雨や雪…3月ってこんなだったねぇ、そう言えば。

去年も雨雪の合間にガガガッと露地葉物の種まきしたのを思い出しました。

―まったく余談だけど細田守の【おおかみこどもの雨と雪】を見ました。母親、すごすぎ(笑)あれだけのことをこなされたら、現実に四苦八苦してるお母さんの立つ瀬がないで!-

そんな毎日の中、昨日は【里の駅大原】の生産者パネル新調に伴い、写真を撮りました!

2015031204いろんなパターンを撮影中の一コマ。育苗中のハーブを手に持って。撮影慣れしていない夫婦、笑顔がぎこちないね(^_^;)

2015031201そとは寒いけど、ハウスの中は暖かい!大きな育苗ハウスと、小さな簡易ハウスで育苗しています。昨年、この時期に建てた育苗ハウス。

音吹はほとんどの作物を自家育苗するので、このハウスがないと成り立ちません。ゆっくり、元気に育つ野菜やハーブの赤ちゃんたち。

2015031207この春から無事保育園に通えることが決まりました、次男坊。はじめてハウスに入ったのだっけか?最初は楽しげに、カメラを見て笑っているものの…

2015031208

 

 

撮影中は放置プレイ!!父母への後追いが激しい甘えた次男坊、ほったらかしにされてどうなってるやら。

 

2015031205やっぱり泣いてた(笑)

撮影中、ワーワーと泣き声がハウスの中で響き渡ります。温室育ち違い。

2015031206

今年の育苗用の床はたくさん手に入ったソバガラベッド。発酵させずにそのまま敷き詰めただけなので、ソバガラプールになってるね。次男坊くん、埋もれてます。

そう言えば、長男はモミガラの中に飛び込んでケタケタ笑ってたけど、次男は…ダメダメですねー泣きたくってる。

同じ血を引く兄弟とは言え、全然違います。おおかみこどもじゃないけど、彼らがこれから生きる上で、どんな選択を繰り返していくのか、その選択の一つ一つを受け入れて、時には、ちょっと待て、と歯止めをかけてやって、でも基本的には好きにさせてやって、楽しく笑って育っていってほしいなぁ。

 

4年前3月11日。一瞬にして未来を奪われた人たち、ご冥福を改めて祈りますとともに、そして現在も先行きが見えぬまま生きる人たちがおられる中、誤解を恐れずに言いますと、わたしたちは生きていることに感謝して、311後の世界を生き続けることを、次代を生きるこどもたちを育てる責任と意義をしっかり持って、これからもやっていきたく思うのです。

ではまた!

 

2014-2015年末年始②焼き物の里でほくそ笑む、ミサごはんNo.02

年末年始の3ポスト、2つめは、

 

焼き物の里でほくそ笑む!

音吹夫妻は滞在中に焼き物の里めぐりをしました。

佐賀県の唐津焼、伊万里焼(有田は時間が足りなくていけなかったけど)、大分県の小鹿田焼と、ここのところ夫婦間で盛り上がってる器によりのめり込む素敵な時間を過ごしました。ただこどもには楽しいものでもなかったね、長男曰く「そりゃあとうちゃんかあちゃんは楽しいかもしれんけどさ!」って言われました(^^)v

20141230imari04

20141230imari01

ともに伊万里焼の里にて。佐賀県には唐津焼、伊万里焼、有田焼と有名どころが所在しています。

ぼくはその特徴も、歴史も、それらの違いもよく分かりませんので、前知識のないまっさらな状態で見学できました。

唐津焼は正月ということもあり、開いている窯元が少なかったのが残念ですが、ちょうど初代から数えて5代目の方がやってらっしゃるという窯の作品を見ることができました。かなり大きな作品を制作する依頼があって、その苦労と制作方法のディテールを教えてくださいました。そういう話大好き!

また同じ年くらいの方が5代目の息子さんとして日々研鑽に励んでおられるようで親近感わきました。

自分が作り手として野菜に携わるようになってから、商品の向こうにいる人となりにとても興味を覚えます。どういう思いでそのお皿をつくったのか、どこを目指しておられるのか。

どんな業界もそうだけど、プロのお話を聞くのは刺激的なものです。

【唐津焼 中野窯】

 

20141230imari0320141230imari02さて、唐津焼の写真は撮れていないので、こちらもまた伊万里焼の里の風景になります。正確には、伊万里焼秘窯の里 大川内山、というところ。

【伊万里焼大川内山】

結構な数の窯元が集まっており、お好きな方はそれぞれの窯を訪ね歩いて1日はゆっくりできそうです。雪が降って寒い正月でしたが、風情ある里の風景を見ることができました。

中国の山々によくイメージされるような円筒形でてっぺんが丸まった山?といった、大原ではあまり見ない山の形が珍しかったです。伊万里焼の、あのなんというか華やかな絵付けは、古風・伝統的なものもあれば、わりと現代的にアレンジされたオサレなデザインのものもありました。

でもやっぱり有名どころは値が張りますねぇwwなかなか手が出せません。

 

…対照的に、

20150106onta06
小鹿田焼。民陶の代表的産地として全国に名を馳せる(と、【MOTTAINAIクラフトあまた】さんから教わった)小鹿田焼きの里。昔話に出てきそうな緩やかな時の流れがたゆたう里でつくられる焼き物は、土の香りのする野菜にほんとによく合います。研修中から幾度か訪れて、訪れるたびにその魅力に引き込まれていく気がします。

やたらとプリミティブな刷毛目や飛び鉋(かんな)、そしてまさに黄土色といった土を使った素朴な色合いの焼き。陶磁器とは違った魅力です。

20150106onta01唐臼(からうす)。里中には川の水の力を借りて土を叩くこの唐臼のギイィィコ…バンという音が響き渡ります。これは日本の音100選のひとつ。なんともまぁ伝統的な手法で絵になります。

皿山(焼き物の里はこう称されるところが多い)の集落には一子相伝で技巧が受け継がれている窯元が10ほど。集落全体では14戸だそうで、まさに焼き物の里。

20150106onta07開発を拒み、伝統を紡ぐ。その選択には、生半可には続けられない、皆さまの覚悟が見え隠れします。

20150106onta0520150106onta0320150106onta02どの店舗にも店員さんなんていません。すぐ隣の工房で器制作中。商売っけがないのは好感が持てるなぁ。まぁ自分ちの敷地内にひっきりなしに観光客が来るのだから、いちいち毎回笑顔で応対なんて大変ですよね。

そんな客に媚びてない様子が、ぼくはツボ。とにかく大好きな焼き物です。

【小鹿田焼きの里】

小鹿田焼でミサごはん!

さてさて、我が家には研修中から少しずつ集めている小鹿田焼の焼き物があります。今回訪れた際にもいくつか購入したので、今日の晩御飯は久しぶりのミサごはん。小鹿田焼にて!

20150106onta0920150106onta1020150106onta08お気に入りの器でご飯。これは贅沢ですねぇ。ずーっと探していたグイ呑み。好みの色合いのものをゲットできました。

残念だったのはビアグラス、茶碗。お気にいりの小鹿田焼きのものを先日割ってしまって、探していたのですが…ピンとくるものがありませんでした。またそのうちピンとくるものに出会える時がくるでしょう。

次回はいつ行けるかなぁ、5年後くらいか??ww

 

ミサごはんNo.01

おとふくばたけのミサさんのみさごはん。少しずつupしていきますね。

最近のミサさん、そしてチーム音吹の女性陣は【小さな料理教室テラ】さんによく通っています。素材の魅力を丁寧に心込めて引き出す料理、とでも形容するのでしょうか。気持ち穏やかになれる料理教室です。

で、その料理教室は月ごとにメニューが変わりまして、12月はミサさんが会得したかったレシピがお目見え!料理教室テラを始められる前になさっていた料理屋さんで、サイドメニューながらもその美味しさにミサさんが心打たれた2品がお題に上っておりまして。

2014122604こちらはそのひとつ、秘伝豆のマリネ。秘伝豆は山形県の晩生大豆だそうで、茹でただけで美味、なのですって。うん、確かに!

粒マスタードとよく合います。

2014122605そしてもうひとつは、野菜のフレッシュピクルス!ピクルスって、個人的に美味しいなぁと思って食べることがあまりないアイテムですが、こちらはとても美味しい。なんでだろう、何かコツがあるのでしょうね。

このピクルスには音吹のあやめ雪かぶ、にんじんなどを使っていただいております。嬉しいですねぇ。

そうそう、12月には音吹のカブを使ったメニューも特別に入れていただけましたよー!

「音吹畑のカブのふわふわポタージュ」、名前を読むだけでもおいしそうでしょ。ぼくは食べてないので分かりませんけど(笑)テラさんは素材を愛するがゆえにか、素材そのもののセレクトにはシビアです。そんなシビアな判断で選んでいただき、そしてメニューにあげてくださったのはとても嬉しいことなのでした!

ほんと、今年の音吹くカブ、音吹くあやめ雪はとてもいい感じです。

【小さな料理教室テラ】さん、オススメです(^^)

2014122603こちらは、タアサイとおじゃこのピザ。青菜とおじゃこのピザは【enboca】さんでごはんした時に出ていたメニュー。以来ピザの具材では個人的に外せない組み合わせとなりました。ほんとに美味しい!ちぢみ菜や小松菜、他青菜なら何でも合いそうですね。

ちなみにenboca京都の立ち上げに尽力された初代シェフの今井義浩さんの料理本「CIRCLE」。音吹畑の畑のひとつ、そして僕も少し載せていただいております。手に入るのかなー?世界中のオシャレ本屋さんで扱ってもらってるそうですよ。初版は売り切れたみたいで二回目を刷ってるという噂を聞きましたが。今井さんの哲学、農の現場に寄りそうスタイルがわかりやすく表現されたとても美しい本です。

2014122602次は、紅くるり大根のポタージュ。キレイなほんのりピンク色。サラダ大根である紅くるり大根ですが、グリルにしても美味です。ポタージュははじめてでしたが、うん、ありですね!農家は野菜をふんだんに使って料理を楽しむことができます。思いもよらないいろいろなアイディアも素材はいくらでも手に入るから実践しやすい。いいでしょー。

2014122601これらは皆、我が家のクリスマスメニューでした!そしておまけにクリスマスケーキ。にんじんが練り込まれたスポンジに、ビーツがもりっと入った手作りケーキです。もちろんミントもお手製!美味しかったよもちろん!

クリスマスも終えて、年末まで残りわずか!夏のお盆以降、突っ走ってきた怒涛の4か月ももうおしまいだー最後まで頑張りましょう(^^)

 

音吹じゅん