BEER FLAT出店と落ち葉拾い。

先日日曜日は朝市出店後、【BEER FLAT】という、地ビールをもっと身近に楽しもう!というイベントに野菜出店してきました。

四条大宮のロータリーでひっきりなしに音が流れる、時折小雨降る肌寒い日曜日、こんな寒いのにビールなんて呑めるかーい、真面目に野菜売るぞー!と意気込んでおりましたが、会場到着後ものの五分で目論見が外れ、販売をほぼ全て妻に任せて参加ブリュワリーを全制覇、べろんべろんの正体不明になるまで呑み続けて、あぁ楽しい時間を過ごしました。

酒と音!

マーケット出店するのに、この二つが揃ってたら、売上は二の次でも構わないものですね!

(予想以上に野菜は売れました、ありがたや!)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さて、そんな日曜から週明けて…昨夜月曜の雨はいらん雨でした。

育苗中の壬生菜、チンゲン菜花、黒キャベツ、花類などなど、越冬春採り用のいろいろ作物。早く植えたい、耕して畝つくりたい!と天候とにらめっこしてるうちに早三週間経過。もう十二月が目の前じゃないですか、早いなぁ。

大原から見る山景色は雪化粧がチラホラ。肌に突き刺さる風や空気感はもう冬のそれ。

作業は滞るものの、こればかりは仕方ない。そんな中、落ち葉を見るとテンションが上がるようになってきております。今日もまたスタッフさん達に落ち葉拾いに走ってもらいました。他に、大原の中でもちょこまかちょこまか収集中。

ふーむ、十一月は落ち葉拾いのシーズンとして、今後は考えてみよう。

と、すると。

落ち葉拾いは時期が限られるのでズラすことはできない。

越冬用の春物、そして玉ねぎの植付け。この作業をより段取りよくこなしていく。もっと早いタイミングから地を準備しておき、機を見てエイヤ!これしかないですね。

来年はこのあたりを作業に組み込むことを目標に。

それにしても、落ち葉は調べれば調べるほど面白い。

サクラ、クリなどは広葉樹と言えども、剪定クズなどに含まれるフェノール酸という作物の生育阻害物質を多く含んでいるため、実は注意が必要だったりするとのこと。

ほえー、なるほど!

造園屋さんから剪定クズを手に入れていまして、こちらは一年間堆積させてから使うようにしていますが、サクラやクリなども同じように寝かせてから畑に投入するほうがいいということですね。

(チッパーシュレッダー欲しくてたまらん。めっちゃ安くて実用性に富んでるやつ、ないものやろか)

今回、落ち葉を投入している畑では、まずは畝間に散布し、この冬作が終われば馬糞とともにすきこみ予定。来春にはヘアリーベッチをやや多めに種蒔きして、初夏すきこみ、窒素供給とともに落ち葉の分解も促すために、理想としては米ぬかも馬糞と一緒にすきこむことも検討。

そして秋冬作までじっくりと寝かしてみよう、と。

すぐには成果の出てこない、でも本当に大切な大切な、土を肥やすという命題。

久しく忘れていた、農ってだからこそ楽しい!という感覚を楽しんでいる晩秋です。…冬将軍、もう少し待機しといて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA