作業の取捨選択は経験により。

13日(日)は苗の即売会を音吹邸にて。

思いもよらない方のご来訪があったりで、普段の畑仕事のみでは得難い貴重な時間をいただきました。大雨の中ではありましたが、半屋内の作業場があるので何をするにも便利!今は仕事のみで使用しているのでオーバースペック状態ですけれども…。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さて、大雨。

今年の作付けシーズンは、予想通り雨が多い。

 

予想通り??

 

3月下旬、安定した天候が2週間以上続きましたので、どこかで帳尻合わせが来るだろう、それはきっと(悲観的観測では)5月上旬にぶち当るはず!と、勝手に予想していておりましたので、うん、まさに!予想通りでした。

 

幸いにも、今のところ作付けに大きな遅れはありません。おおむね予定通り。

 

日頃から、ネガティブ思考な園主にとって、常に最悪を想定して作業計画・作業段取りを練り込み、組み入れていますので今年の場合は功を奏した、というところでしょう(^_^;)

 

今週中に、落花生、オクラの直蒔きを終えれば、あとはクウシンサイ、ツルムラサキ、他を残すのみ。最後まで気を抜かずに!

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

に、しても…

 

こうして考えていると、多品目の露地栽培とは、一にも二にも段取りが生命線です。

 

経験値を蓄積することで、やらなくてもいいことと、やるべきこと・絶対に外してはいけないことがクリアになっていきます。

 

無駄な作業を省略することで時間をつくる。

そうしてできた余剰時間は、よりよい作物を栽培するために充て、地域の役をまっとうするのに充て、あるいは自らのスキルアップ(もしくは余暇?)に充てていく。

 

就農したては、作業ひとつひとつの要・不要が分からないから、不要なことに時間を割いて、もしくは時間を割くだけならまだしも体力を無駄に浪費して、そうして使った時間や体力は野菜の良し悪しには還元されないまま悪循環に陥っていく、という。

 

やらなきゃ分からない、経験しないと分からない。

 

少なくとも、自分で農業やるー!!

って人はたいてい、変にプライドが高くて人の言うことに聞く耳持たなかったりするので…いや、もう園主なんてその典型ですけれども(笑)

そんなわけで、人から教えてもらったところでなかなか消化できない。せっかく教えてくれてるのにね…。

消化するためには実感して痛い目見る、というプロセスが必要という。

 

回りくどいですね、ほんと回り道しまくってますよ、園主は(^_^;)

まぁおかげさまで、何故これをやるのか、何故やらなくていいのか、と実感で取捨選択してくることで得てきたものもあるので、何とも言えませんけれどもー。

今年の春野菜は出来が非常に良いです。

経験値蓄積による賜物、だと思うことにします。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

 

 

3/19播種、4/16定植の②フリルレタス。
この写真は4月16日の定植時の写真。

まだ小松菜などアブラナ科は画像右のほうで不織布被覆中です。

また2/19播種、3/27定植の①レタスは画像左のほうで生育しています。

 

 

5/14現在。

②レタス定植後、約一ヶ月。

 

もうすぐ収穫予定。

 

画像右側の、不織布被覆されていたアブラナ科は収穫をほぼ終えています。

また左側の①レタスも、そろそろおしまい。

①レタスは緑、赤それぞれ1200株程度。

収穫開始は4/30からになりますので、約二週間で、次の②レタスに収穫がシフトしていきます。

 

うちのような多品目ですと、販路を考えてこれくらいの数でじゅうぶん。

これ以上多いと、販路を別に探して、多品目を中品目くらいにしていかないといけないように思う。

 

なかなか難しいね、自分とこの経営に見合った適正規模での栽培…。

 

こちらはエンバク野生種、雪印種苗のヘイオーツ。緑肥。4/10播種。撮影は4/26、播種後約二週間の写真です。

 

その、エンバク。

5/14現在の画像。

播種後、約一ヶ月。

あと一ヶ月で鋤きこむ予定。

 

少しずつ、季節は移り変わっていきます。

 

夏野菜苗の即売5月13日@音吹邸にて。

夏野菜苗の即売会します!

 

 

今年は余剰分はない!

と、思っておりましたが、なんだかんだでちょこちょこ余りました。

そのまま捨てるのももったいないので、即売会します!

13日(日)、雨予報?!

音吹邸にて、ゆっくりお話しましょうー、来てね!

/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

☆日時:5月13日(日)10時~14時頃まで

☆場所:音吹邸 〒601-1244 京都市左京区大原上野町252-1

☆アクセス方法:

①車(上記住所どおりに来ると駐車スペースのない場所へ到達します。すぐ近辺に公園や町内の公民館、とても大きな一本杉がありますが、そこから徒歩30秒かかりません。近隣住民の方の通行の妨げとなるような駐車はくれぐれも減慮ください。迷惑にならないような農道脇に駐車して徒歩でお越しください。特にこの時期は農家は繁忙期のため、農道への出入りが頻繁です。農道の出入り口をふさぐような駐車はくれぐれもしないでください)
②京都バス
停車駅→【野村別れ】降りるとコンビニがあります。上記住所には徒歩5分程度ですが、わりと急な坂道を登ります。分かりにくければご連絡ください。

音吹高田、連絡先09056578293

 

 

☆苗:一鉢100円~。物々交換OK!一芸でもOK!お値引き相談聞きまくります!

ミニトマト、ナス、緑ナス、白うり、いんげん、紫いんげん、ズッキーニ、、キュウリ、

などなど。

★お越しの方にはサラダ振舞います!(商売ではないので、いろいろ不備あってもツッコミなしでよろしくです(笑)

現在、音吹くで採れてるフリルレタスを中心に、ルッコラセルバチカ、サラダ春菊、スナップエンドウ(?!)、ワイルドフェンネル、小カブ、花類、お好みでパクチー、など盛り込んだサラダを即席で作ってお出しします!

朝市で大人気の【An’s Table】さん極上のオリーブオイル、「キンタ・ド・コア」とどこかしらの美味しい塩だけで、サラダうまうまやでー。何ならフリルレタス即売もしよかなー?!(笑)

主食持ってくれば、その場でお昼ご飯していけるよ、お茶くらい出すよ、何なら小カブのグリルくらいするよ!

 

 

※こちらは2017年度の育苗風景。

お暇なら遊びに来てね!

 

/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

 

遊びたい畑したい遊びたい畑したい遊びたい畑したい。

よく降りました、いやまだ降ってる。

ゴールデンウィーク、皆さまはゆっくり過ごせましたか?

 

園主は作業日誌を読み返したところ、4月15日の朝市後にゆっくりした以来、休みなしの様子。(そもそも朝市には出店してるわけで、丸一日の休日って、ほんとに年に数日もない。年末年始と盆に一日くらいか)

 

ほれ忙しやろーめっちゃ働いてるやろー自慢をしたいわけでは決してなく!

 

いや、むしろ休みもろくにとれない農家はいかん!と強く思っているここ数年は。ところがまぁ残念ながら情けないことに労働条件の改善が思うようにいかぬ。

 

というより、性格的なものなのか、予定していた仕事をこなしたら…

これ、以前にも書いたな…

 

予定していた仕事をこなしたら次にやるべきことが気になって仕方なくなって、結局浮いた時間で次の仕事に取り組んでしまう。

 

スタッフだけには休みを確保するが、残業も給与もクソもない経営者・園主の労働環境は、世間的に見て、控えめに見て最悪レベル。

 

農業は土に触れて太陽の下で働いて晴耕雨読でスローライフ!

 

幻想やで。

少なくとも専業農家としてサラリーマン並みに稼ぎたい、作物を換金してやっていきたい人は、スローライフをまず諦めよし。

 

サラリーマンに疲れたから田舎に来て癒されたい!だから農業!

 

あかんで、起業と一緒やで、雇われで動くよりもしんどいところあるで、間違えたらあかんで。

 

スローライフを志すなら、半農半Xやで。

これが一番。

 


ここで、一区切り。

 

さて。

 

決して今の労働環境を愚痴りたいわけではない。

 

長時間労働やし休日はないけど、自分ですすんでしていること、休むより畑が気になるから動くのであって、だから心持ちとしては、一日休んだことですすまなかった作業について考えるほうがきつい。

これがまずい、よろしくない。

 

近頃はこどもたちに、すまん!父ちゃん仕事好きやしどこにも連れていけへんけど、諦めてくれ!と言い始めてしまった。

 

団塊世代の皆さまが、家族を省みず家庭のため会社のため日本のためブリバリ働いて、退職後にぽかーんとなさっている。

我々世代はそうした皆さまに生かされてきたので、何も言えないありがとうございますほんとにそう思っておりますよ。

 

しかしまぁ別に、ぽかーんとならなくてもいいはずの、仕事にいちず!なのがむしろダサい!昨今に、こんなに突き詰めて働いてどうするのや、と。

 

うーむ、どうしよう。

 

ものすごく悩ましいのが、園主はこどもと遊ぶことがけっこう好きなのであって、このせめぎ合いがまた…。遊びたい畑したい遊びたい畑したい遊びたい畑したい遊びたい畑したい遊びたい畑したい…という。

 

今ね、いろいろと作業の内容を見直して、環境改善に向けて動いています。

思うようにいかないまでも、少しずつ、改善の方向にすすんできているように実感として思う。が何よりまず自分のこの性格をどうにかしないと。

 

自己啓発セミナーでも通ったろか。

無理やな、ねじ曲がりまくった根性と疑念と斜めに見据える視点にかけては自信があるから、講師のこと信用せんしな。

 

うーむ(笑)

大原は新緑に溢れています。夏野菜、植え始めています。

苗を育てているビニールハウスが三千院の裏参道、里道沿いにあります。表参道が喧騒でごった返す中も、静謐な雰囲気の中に、地の人の何気ない野良話が心地よく、特にこの季節は生命力溢れる新緑が最高です。

 

 

もみじも、かわいらしい種が。

花粉もひと段落して目鼻にも優しい、農作業するには最も快適なシーズンと言えるかもしれません。

 

少しずつ、夏野菜を植え始めています。

 

 

種を蒔いて、少し大きな鉢に移植して、葉が重なり合い始めたら、一鉢一鉢ごとの間隔を広めにずらして置いておきます。

画像はその、ずらし置き、の様子。

そうすることで、苗が徒長して上に上に伸びることなく、力強く育っていきます。

そうして育てられた苗たちが畑に植えられていく、巣だっていくのは感慨深いものがあります。

実際には感慨深さと同時に、というかそれ以上に、急く気持ちがようやく落ち着く、安堵感の方が大きいかも…。

今年もやっぱりそう。

 

2日の雨前に、ナス類、とうがらし類、トマト類、いんげん類、うり類、赤紫蘇など、主要なものを植え切りました。

ゴールデンウィーク明けに定植本格化か、と思っておりましたが、頼りになるスタッフ達のおかげで一日めいっぱいを定植に集中して一気に終わらせました。

 

ホッ…。

 

残るは、ショウガや落花生、ズッキーニなど。

 

今夏はどうなることやら。

 

楽しみです!